鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

父と一緒に暮らすうちに、母の明るさや社交性がどんどん失われていった(父の人生を聞く・2012年2月・36歳)

皆さんこんにちはスキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 両親の仲睦まじい写真を見て号泣(父の人生を聞く・2012年2月・36歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。それはこのような思いからでした。「自分も妹も全く社会に適合出来ず、本当に闇が深い人生になってしまった。そして、明るかった母親もまた心をどんどん病んでいった。という事は、父親の人生もまた闇が深いものなのだろう。」



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』




ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分は2012年3月頃、父親の人生を聞き始めました。そして、父親の大学時代の話を聞き、驚愕したのでした。



『前回記事からの引用』



このように父は12年間に及ぶ大学生活を終え、晴れて医者になったのでした。この時の父の年齢は30歳です。その後は1〜2年間研修をしまして、大学の研究所で働いていたようです。自分が生まれたのもこの頃です。この頃には母は仕事を辞めて、専業主婦になっていました。



この頃の2人の仲は悪くは無かったようです。当時の2人が下北沢近辺の公園で撮った写真が今でも残っているのですが、2人は仲睦まじげに穏やかな笑みを浮かべていました。当たり前ですが、当時の2人は10年後に発生する家庭内戦争状態を知る由もありません。



ここから話が飛ぶのですが、自分が28歳の時に記憶のサルベージをしている時の話をしたいと思います。この頃の自分は、全ての社会生活と家族関係から脱落し、引きこもり状態に陥っていました。そして、どうして自分の人生が破滅してしまったのか、その理由が知りたくて、自分の過去のトラウマや挫折をノートに書いていく作業をしていたのです。



自分はそんな行為をし始めた頃に、この写真の存在をふと思い出しました。この写真は過去に母方の祖母から貰った写真であり、その時点から遡ると、30年前くらいの写真です。そこで自分はこの写真を見てみたのですが、そこで衝撃を受けたのです。そして、号泣してしまいました。それは「自分がそれまでに送ってきた28年間の人生」と「この写真に感じる温度感」に凄まじい温度差を感じたからです。




そう、自分のそれまでの人生は孤独と無力感がただ蓄積していき、その高校時代には鬱を発症しました。心身は冷え性でどんどん冷え切っていきわ大学時代の自分は常にマイナス25度くらいの致命的な冷え性にのたうち回っていたのです。一方、写真に写る二人は穏やかな笑顔を浮かべており、仲睦まじそうです。そこには、その後の戦争状態が嘘のような暖かさがあり、その温度感は25度くらいです。



ですから、当時の自分はこの写真を見た際、50度の温度差を感じ、衝撃を受けたのです。自分は号泣しながら、こう思いました。


「自分はこの穏やかな笑顔を浮かべた2人から生まれたはずだ。にも関わらず、どうして自分の人生はこんなにも孤独と無力感と自殺願望にまみれていたのか??」



そして、ここから自分はそれまでの人生を詳細にノートに書いていき、その謎を究明していったのでした。(ここら辺の詳しい経緯は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」の2004年〜2005年をご覧下さい。)



『引用終わり』



このように父は30歳の時に晴れて医者になり、1〜2年の研修の後にとある大学の研究所で働き始めたのでした。



この頃の2人の仲は悪くは無かったようです。当時の2人が下北沢近辺の公園で撮った写真が今でも残っているのですが、2人は仲睦まじげに穏やかな笑みを浮かべていました。


父はその研究所で7年間働き、その後神奈川のとある病院で勤務医として働き始めました。この時の父の年齢は37歳です。母は34歳で、自分はすでに産まれていて5歳、妹が2歳です。それに伴いマンションに引っ越しをしたのですが、この頃くらいから我が家に不穏な空気が流れ始めた印象です。



父は勤務医として働き始めたのですが、そこで夜勤勤務が続き、生活時間がかなり不規則になったそうです。夜勤明けにさらに通常勤務みたいな日もあったそう。ですから、父は仕事が終わると、フラフラになって帰って来たそうです。ですから、母はそんな父の睡眠を邪魔しないようにかなり神経を使っていた、という話でした。



そう、これまで書いていますように父は周りの生活音に病的に敏感です。大学の休学時代には、寮生活での周りの生活音に耐えられず、半年おきに引っ越しを繰り返していたくらいだったのです。そして、引っ越しを繰り返すごとに住居は東京都心から離れていき、最後の方は東京郊外の一軒家に住んでいた、という話でした。



そして、その病的な音への敏感さは結婚後も全く変わらなかったと思われます。ですから、勤務医として働き出し、その激務によって、心身が消耗すると、病的な音への敏感さが復活しても全然おかしくありません。そして、母はそんな父を起こさないように音に対してかなり気を遣って生活するようになったのです。




母はこの頃の生活を寂しげにこう語っていました。「お父さんが疲れ切って帰ってくるので、お父さんを起こさないように、かなり音に気を遣って生活していた。なので、家に友達を招くという事が出来なかった。」



そう、このように母は父と一緒に生活し、父に常に気を遣い続け、その中で徐々に本来の明るさを失っていったと思われます。本来の母は明るく、社交性もある人なのだと思いますが、父に気を遣って生活していくうちに、その社交性は削られていったのです。



その進行は母本人も気付かないスピードでゆっくりと失われていった印象です。そして、自分が小学校3年生の時に、父親が開業をするのですが、これによって母は完全に心を病んでしまった。母は毎日のように「離婚したい、離婚したい」と泣き続け、そんな母を当時小1の妹が慰める生活が続いたのでした。



しかし、本来の母の性格は明るく、家に友達を沢山招きたい人だったのだと思います。何故なら母が育った家庭環境がとても賑やかで明るいものだからです。母方の祖母は、周りからの人望厚く、とにかく人間が大好きな人でしたし、母方の祖父もとてもおおらかで穏やかな人でした。そして、母自身もとても伸びやかに育ち、小学校時代は友達と街や野山を無邪気に駆けずり回っていたそうなのです。ですから、うちの母は祖母祖父の性格を受け継ぎ、本来は社交的な人なのです。



しかし、父と一緒に暮らし、父に気を遣い続ける中で、その社交性は失われていってしまった印象です。ですから、自分の記憶に残る過去の母親の表情は暗いものしかない訳です。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村