鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

「家庭環境の急激な悪化」によって何が起こったのか(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 戸籍上は親子だが、精神的には赤の他人(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が過去の記憶をノートに書いていった際の話でした。当時の自分は28歳です。全ての社会生活と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



自分はその中で自分自身が高校時代に鬱を発症していた事を認識しました。ここからは前々回の記事を再び引用したいと思います。


『前々回の記事からの引用』


自分は高校時代の記憶をノートに書いていく中で、当時の自分が鬱を発症した事を認識しました。自分がノートを書いていく中で認識した鬱の諸症状が以下の通りになります。


「高校時代の鬱の諸症状(2004年ver)」


・食欲消失

・日曜夜の激しい喘息

・背中の慢性的な疲労

・慢性的な眠気

・高校生活中のめまい


そして、上記の鬱の諸症状はそれまでの人生におけるメンタルダメージが蓄積した結果、発症したものでありました。自分はそれまでの17年間においてメンタルダメージを受け続けていたのですが、そのメンタルダメージは以下の事件で発生したものでした。


・小学校3年生「家庭環境の急激な悪化」
・小学校6年生 「A先生怒鳴られ事件」
・中学1年生「自己紹介事件」
・高校入学時「歓迎会逃亡事件」
・高校1年生秋「暴言事件」
・高校2年生4月「寄せ書き事件」
・高校2年生4月「自己紹介事件」


自分はこれらの事件によってメンタルダメージを受け、その蓄積が高校2年生での鬱発症に繋がっていったのです。そして、上記の事件の中で最も重要な事件が、


小学校3年生「家庭環境の急激な悪化」


です。この事件こそが全ての事件の元凶と言っても過言ではありません。この頃から両親は自分の事を完全放置し、新規事業と夫婦喧嘩に明け暮れ始めました。これによって家の中が戦争状態に突入してしまいました。この状況下において、幼い自分は自分という存在が家庭内においてとても不安定な状態にあると感じ始めました。自分という存在が立っている地面がいつ崩落してもおかしくないような不安感です。このメンタルダメージにより持病の喘息が急激に悪化し、自分は小学校を休みがちになり、半不登校児になってしまいました。



この事件によって自分は「自分に対する自信」を大きく失い、さらに「承認欲求」が飢餓状態になりました。その「飢餓状態になった承認欲求」がその後の多くの事件を引き起こす事となったのです。この「飢餓状態になった承認欲求」を簡潔に言い表しますと、「極度の寂しさ」です。そして、自分は事件による精神的ショックにより、さらに「自分に対する自信」を失っていきました。



そして、「家庭環境の急激な悪化」がもたらした負の影響はそれだけではありません。自分は上記の全ての事件において、甚大な精神的ショックを受けたのですが、それを親を始めとした誰にも喋れなかったのです。これもホントに大きかったと思います。上記の通り我が家は戦争状態下にありましたから、自分は日々の些細な日常を両親と何一つ共有しないまま、成長していきました。自分は両親に対して自己表現する事を諦め切っていましたし、両親もまた自分を完全放置し続けたからです。故に自分は両親に何の愛情も信頼も感じる事なく成長していく事となったのです。そんな両親に対して、上記の重大事件を自己開示する気になるはずがありません。



また、自分の周りには信頼できる親類縁者も誰もいませんでした。むしろその親類縁者の存在が我が家の酷いトラブルの大元になっていたぐらいです。


もちろん、自分には心を開ける友達も皆無でした。小学校の頃にはゲームを一緒にする友達はいましたが、それはゲームをするだけの関係で、深い話など出来るはずがありません。そもそも自分は親にさえ自己開示をしていませんでしたから、そんな自分が同年代の友達に心を開ける訳がありません。



これによって自分は事件の精神的ショックを誰にも喋る事が出来ませんでした。よってその精神的ショックは何一つ消化されないままです。そして、事件の事実関係も全く整理整頓されないまま。つまり、事件の記憶は「カオス状態」のまま、記憶の海の底に沈んでいく事となったのです。自分が高校時代に鬱を発症する事になった原因は、この「カオス状態」の事件の記憶が蓄積していった結果、とも言えると思います。


『前々回記事の引用終わり』



なるほど〜。このように「小学校3年生の時に起きた家庭環境の急激な悪化」は、その後の全ての事件の元凶と言っても過言ではありません。この事件の問題点をまとめてみたいと思います。


・家庭環境が戦争状態に陥った事で、両親が幼い自分をますます放置。これにより自分は家庭内においてかなりの不安感に怯える事となった。言うなればそれは「自分という存在が立っている地面がいつ崩落するか分からない不安感と危機感」。これによって自分は「自分に対する自信」を大きく失っていった。この精神的ダメージによって持病の喘息も急激に悪化。小学校に通えなくなり、半不登校児のような状態に陥ってしまった。



・この事件によって当時の自分はますます家の中で自己表現をしなくなっていった。また、両親の方もますます自分に興味を向けなくなっていった。当時の自分はそんな両親に対して何の愛情も信頼も感じておらず、ただただ親に対して諦め切っていた。冷め切っていた。故に両親に対する興味など一切無し。これによって、自分と両親はお互いの人生を全く共有しないまま、時が流れる事となった。



・この事件によって自分の中にある「承認欲求」が飢餓状態に陥った。この状態を簡潔に言い換えると「極度の寂しさ」。この「極度の寂しさ」が、その後様々な事件を引き起こしていった。


・このような状況下で小学校6年生の時に「A先生怒鳴られ事件」が発生。当時の自分はこの事件により甚大な精神的ダメージを受けたのだが、その辛さを両親に喋る気になどさらさらな無かった。自分と両親は日々の出来事や感情を全く共有していなかったので、そんな両親に対して重大事件を喋る気になるはずがない。また、それ以外にも自分の周りには信頼出来る人間関係が皆無だったので、自分はこの事件を何一つ言語化出来なかった。これによって、この事件の精神的ショックはいつまで経っても何一つ消化されなかった。同時に事件をいつまで経っても客観視出来なかったので、この事件から反省や学びを得ることもできない。よってその後も「極度の寂しさ」が原因の事件が何度も何度も繰り返され、そのたびに自分は「自分に対する自信」を大きく失っていった。その結果高校時代に鬱を発症。



いいですね!素晴らしい!




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村