鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

憎悪を理性でコントロール出来ない(過去編・2005年11月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 母親の引っ越しに対する本気度を感じ、自分の人生の先行きが全く見えなくなる④(過去編・2005年11月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の時の自分が、2年ぶりに母親とコミュニケーションを取った、という話でした。その結果自分の心の中にはさらなる憎しみと絶望が発生し、打ちひしがれたのでした。そう、自分は以前から母親に対して「殺したい」程の憎悪を感じていたのですが、その憎悪はさらに激しく悪化したのです。(自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」をお読み下さい。) これにより自分の人生にようやく灯った一筋の光りが消え、再び人生が真っ暗になってしまいました。



ではここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。当時の自分が引っ越しに対して具体的に何に憎悪を感じていたのかを考えてみました。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。


『前回記事からの引用』


何故そうなってしまったのかと言いますと、母親とコミュニケーションを取った所、母親が引っ越しに対してかなり本気だと言う事が分かったからです。これにより、自分の心の中にあった引っ越しに対する淡い幻想が吹き飛んでしまいました。その幻想とは以下の通りです。


「もしかしたら今回の引っ越しの話も前みたく立ち消えになるかもしれない。そして、もしかしたら自分が『引っ越しには絶対反対』の立場を表明する事で、少しは引っ越しの可能性が下がるかもしれない。」



しかし、母親とコミュニケーションを取った所、母親が引っ越しに対してかな。本気だと言う事が判明し、上記の幻想が吹き飛んでしまったのです。これにより、自分が引っ越しに対して感じていた憎しみ、絶望、不安、悲しみがかなりリアリティーを増し、自分の心を打ちのめしたのです。



ではここで、当時の自分が引っ越しに対して感じていた憎しみを具体的に書いてみたいと思います。



「引っ越しに対する凄まじい憎しみと絶望感、その4つの理由」(前提として自分は実家暮らし)



①当時の自分は両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。(憎しみを募らせていく経緯はこちら)よって自分と両親とはこの1年以上全くコミュニケーションが無い状態が続いていた。そんな状態で両親が急に「引っ越し」という一大イベントを言い出してきたことが許せない。そもそも、自分には「引っ越しをしたい」という気持ちが1㎜もない。


②もし引っ越しをするとなると、「引っ越しについて行く」にしろ「一人暮らしする」にしろ、家族とのコミュニケーションは避けられない。そして、当時の自分は家族に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。よって、家族とコミュニケーションを取らざるを得ない状況を強制的に作り出された事に対する凄まじい憎しみ。


③もし引っ越しをするとなると、「引っ越しについて行く」にしろ「一人暮らしする」にしろ、そこに自分の時間やエネルギーを割かなければならなくなる。その事に対する凄まじい憎しみ。何故なら、当時の自分はそれまでの29年間の人生を、両親によって全て搾取されたような感覚を持つに至っていた。よって、両親に人生を搾取された上に、さらに引っ越しで時間とエネルギーを搾取されそうな事が気が狂いそうな程の憎悪を発生させていた。


④当時の自分の心身は長年の孤独によって、「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていた。「被害妄想」は病的(×6倍)に悪化していたし、日々の心身の辛さも半端ではなかった。(当時の鬱の諸症状はこちら)当時の自分はカウンセリング&パチンコ生活をしていたが、それは心身ともにギリギリな状態でなんとか日々を過ごしている状態。こんな状態で「望まない引っ越し」や「一人暮らし」をするエネルギーがあるはずもなく、それに対する凄まじい憎しみも発生していた。



いいですね!上記の4つの理由は、以前作った「父親に引っ越しの話を言われた際の憎しみの5つの要因」から、①の父親に対する憎しみを除外したものになります。これら4つの理由により自分は引っ越しに対して凄まじい憎しみを感じていましたし、母親とのコミュニケーションにより、それはさらに激しくなった、という事になります。



『引用終わり』



なるほど〜。このように自分は上記の4つの理由により、引っ越しに対して凄まじい憎しみと絶望を感じていました。そして、母親とのコミュニケーションによって、その憎しみと絶望はさらに深くなってしまった、という事になります。そう、母親とコミュニケーションをとる前は、自分の中で引っ越しの確率は20%くらいの印象でしたが、母親とのコミュニケーションによりそれは70%まで上がってしまった印象です。



これにより自分は29歳でようやく掴んだ自分らしい日々に終止符を打つ事になりました。生まれて初めての希望と充実感に溢れた日々はたった2ヶ月で消えていったのです。これも本当に悲しかった記憶です。



そう、自分はそれまでの1年間部屋に引きこもり続け、ただひたすらに自分の記憶をノートに書き続けていました。そして、自分の過去の記憶はほぼ全てがトラウマでしたから、それをノートに書くという事は、終わらないトラウマの再体験を意味していました。これによる精神的苦痛は半端なく、さながら拷問の様でした。そして、その拷問の日々がようやく1年(+4ヶ月)で終わり、自分は晴れて外の世界に戻ってこれたのです。ここから、ようやく自分らしい日々が始まるかと思いました。しかし、その日々はたった2ヶ月で滅茶苦茶にされてしまいました。しかも、滅茶苦茶にしてきたのはまたも両親だったのです。


そう、自分はこの両親に一度自分の人生を滅茶苦茶に破壊されていました。先程書きました様に自分はそれまでの1年間部屋に引きこもり続け、過去の記憶をひたすらノートに書き続けていました。その結果導かれた結論は以下の通りだったのです。


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」



これはつまり、両親が作り出した家庭内の戦争状態によって、自分の人生が滅茶苦茶に破壊された事を意味していました。元々自分は両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていたのですが、上記の結論によって、その憎しみが減るはずがありません。(自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」をお読み下さい。)



しかも、ここに来て両親は「引っ越し」という耐え難い事を言い出してきたのです。両親は再び自分の人生を破壊しようとしてきました。これによって自分の中での両親に対する憎しみは『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみに悪化していった記憶です。それはもはや理性でコントロールが効きません。そして、その凄まじい憎しみは暴力衝動を引き起こし、自分はそれを我慢が出来ませんでした。自分はここから事あるごとにその暴力衝動を家の中でぶつけていく事になります。例えば玄関や家の中のドアをこれ以上なく思い切り閉めたり、自分の部屋の壁や床を思い切り殴ったり、蹴ったり、です。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村