鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

歯磨きすらまともに出来ない[花粉症発症→ぎっくり腰事件29](過去編・2007年3月・31歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 激痛に耐えながらのご飯準備[花粉症発症→ぎっくり腰事件28](過去編・2007年3月・31歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も、自分が花粉症を発症し、その後ぎっくり腰を発症した、という話でした。これは自分が31歳の時の話しになります(2007年3月)。そして、自分はぎっくり腰発症後に耳鼻科に行くのを諦め、防寒着を脱いでいった、という話になります。その後自分は仮眠を取ったのでした。



本題に入ります前に、この花粉症発症には「何故そうなったのか?」という「前フリ」があります。この前フリは「花粉症発症」「以前」の自分の心身の状態をまとめたものです。




遡る事9ヶ月前、両親が「引っ越し」を強行したのですが、それが原因で自分の中の両親に対する憎悪は「殺しても殺し足りない」程の憎悪にまで激化しました。この事件によって激化した憎悪と絶望は9個に分かれています(①〜⑥+❶❷+1)。そして、これらの憎悪が原因で、自分の心身は引っ越し後「極度の虚脱状態と放心状態」に陥ったのでした。この「極度の虚脱状態と放心状態」は8個の諸症状(⑴〜⑻)に分かれています。詳細に興味のある方は 『「花粉症発症→ぎっくり腰事件」の前フリ 』をご覧下さい。




このように自分は引っ越しが原因で「極度の虚脱状態と放心状態」に陥りました。そして引っ越し後の自分は9ヶ月に渡って⑴〜⑻の症状にのたうち回り続けたのです。そして、翌年の3月、「花粉症発症→ぎっくり腰事件」が起きたのでした。



「花粉症発症→ぎっくり腰事件」の途中までの経緯をフローチャートでまとめてあります。かなり長いフローチャートになります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。


「花粉症発症→ぎっくり腰事件」のフローチャート



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。自分がぎっくり腰の痛みを我慢しながら、ご飯の準備をする件りです。



『前回記事からの引用』




今回の記事は、このフローチャートの続きを思い出していきます。自分はベッドの中に入り、ラジオを聴きながら時間を潰しました。ラジオを聴いている間、自分の心の中は「絶望」という言葉では到底言い表せない程の絶望に襲われていました。しかし、今回の一件に関して、それ以上に深く考えないようにしていました。考えてしまうと親への憎悪を思い出してしまいます。自分は腰の痛みやラジオに意識を散らしながら、なんとか時間を過ごしていきました。



すると2〜3時間で眠気に襲われ、1時間くらい眠った記憶です。起きると夜の12時です。ここで自分はご飯を食べようと思いました。何かを食べないと腰の痛みが回復しそうにありません。自分は腰の爆発的な痛みを我慢しながら、1階の台所に降りていき、ご飯の準備をしました。



何度も書いていますが、この時の自分に「家族に頼る」という選択肢は皆無でした。今回のぎっくり腰でさらに家族への憎悪は激化し、「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪となっていました。こんな精神状態では、助けを求める為のコミュニケーションであっても、あり得ません。



自分は爆発的な腰の痛みを我慢しながら、ご飯の準備を進めました。問題なのはこの後です。ご飯が載ったお盆を持ち、階段を登って2階の自分の部屋に戻らねばなりません。自分はこの作業が出来るかかなり不安でした。ただ歩くだけでも腰に爆発的な痛みが発生している状態です。「身体の縦軸」と「床の横軸」の角度が少しでも90度からズレると凄まじい痛みが自分を襲います。少しでもその角度が、90度からズレると、腰のガラス細工が粉々に砕け散り、その破片が腰の筋肉に突き刺さる、そんなイメージです。



こんな状態でお盆を持ってさらに階段を登っていかなければなりません。とりあえず自分はお盆を腕に載せて恐る恐る歩いてみました。するとやはり爆発的な痛みに襲われてしまいます。自分は痛みが発生する事に立ち止まり、その痛みが引くまで待ちました。その繰り返しでなんとか歩いて行く事は出来そうでした。




そして、自分は階段の下に辿り着きました。ここから階段を20段程登らねばなりません。ここが最終関門です。自分は恐る恐る階段を2〜3段登りました。するとやはり爆発的な痛みが自分を襲います。自分は立ち止まり、その痛みが引くのを待ちました。そして、痛みが引くと再び階段を登ります。2〜3段登るとまたも痛みが爆発です。自分は立ち止まり、その痛みが引くのを待ちます。このような繰り返しで自分はなんとか階段を登り切りました。



自分は2階に上がり、痛みに耐えながら自分の部屋になんとか辿り着けました。そして、食事をいつもの机の上に持ってくる事が出来ました。自分はこの時かなりの達成感を感じた記憶です。「なんとか無事にご飯を持って来る事が出来た、、!!」、と。



そして、自分は腰の痛みを我慢しながらご飯を食べたのでした。



『引用終わり』



ではこの続きを思い出していきます。自分はご飯を食べた後、歯を磨きました。普段ならご飯を食べた後はすぐに皿を1階の台所に持って行き、洗うのですが、今日はそんな事をする気にはなりません。当然風呂に入る気も全くしませんでした。自分は食事後すぐに歯を磨いて再びベッドの中に戻ろうと思いました。



そこで洗面台に立って歯を磨こうと思ったのですが、この時にも腰の痛みが大爆発です。洗面台の前に立ち、歯ブラシを掴もうとするだけでも涙目になる程の痛みが自分を襲います。そう、何度も書いていますように、この時の自分の身体は、「身体(腰)の縦軸」と「床の横軸」の角度が少しでも90度からズレると凄まじい痛みが発生してしまう状態でした。そして、少しでもその角度が、90度からズレると、腰のガラス細工が粉々に砕け散り、その破片が腰の筋肉に突き刺さる、そんなイメージです。




そして、洗面台で歯を磨く時にはこの角度が90度からズレがちだったのです。例えば、歯磨きや歯ブラシを取る作業もそうですし、歯をゆすぐ時の作業もそうです。ですから、自分はこれらの作業をするたびに凄まじい痛みに襲われ、一旦動きを止めなければなりませんでした。いつもは当たり前にやっている歯磨きすらまともに出来なくなっていたのです。



自分は痛みに必死に耐えながら、なんとか歯磨きを終えました。そして、痛みに耐えながらベッドに移動し、痛みに耐えながらなんとかベッドの中に潜り込みました。時刻は深夜1時頃。後はベッドの中でラジオを聞きながら時間を潰し、寝るだけです。もう動く必要はありません。自分はここでけっこうな安堵感を覚えました。


今日1日を思い返してみますと、自分が夕方頃に耳鼻科に行こうとした所、急にぎっくり腰が発生し、凄まじい痛みにのたうち回る事となりました。それから1時間に渡って防寒着と格闘し、なんとかベッドに入りました。そして、仮眠をとった後、凄まじい痛みに耐えながらご飯を食べ、なんとか今日1日が終わろうとしていました。



自分の心の中は絶望という言葉では到底言い表せない程の絶望に支配されていました。もう悲しくて悲しくて仕方ありません。 ただでさえ「引っ越し及び東○荘事件」で致命的な精神的ダメージを受けたというのに、さらにぎっくり腰まで発症するとは。この時の気持ちは「俺はただただ必死に生きているだけなのに、なんでさらにこんな事になるんだ、、」です。



しかし、この時の自分はこれ以上深くは考えないようにしていました。これ以上深く考えると心の中で家族への憎悪が大爆発し、眠れなくなります。眠れなくなればさらに心身は衰弱し、ぎっくり腰の再発もあり得ます。



また、自分はベッドの中に入ってからも腰の痛みが酷かったですから、物事を深くは考えられない状態でもありました。




自分はベッドの中でラジオを聞き続けました。そして、1〜2時間後に睡魔に襲われ、眠りについたのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村