鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

ぎっくり腰事件を全て言語化出来てすっきり[花粉症発症→ぎっくり腰事件35](過去編・2007年3月・31歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「ぎっくり腰事件」によって鬱がさらに1.5倍悪化[花粉症発症→ぎっくり腰事件34](過去編・2007年3月・31歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が花粉症を発症し、その後ぎっくり腰を発症した、という話でした。これは自分が31歳の時の話しになります。ぎっくり腰発症後、自分は爆発的な腰の痛みにのたうち回る事となりました。そして、発症から1ヶ月後、ぎっくり腰は完治したのでした。



本題に入ります前に、この花粉症発症には「何故そうなったのか?」という「前フリ」部分があります。この前フリは「花粉症発症」「以前」の自分の心身の状態をまとめたものです。



遡る事9ヶ月前、両親が「引っ越し」を強行したのですが、それが原因で自分の中の両親に対する憎悪は「殺しても殺し足りない」程の憎悪にまで激化しました。この事件によって激化した憎悪と絶望は9個に分かれています(①〜⑥+❶❷+1)。そして、これらの憎悪が原因で、自分の心身は引っ越し後「極度の虚脱状態と放心状態」に陥ったのでした。この「極度の虚脱状態と放心状態」は8個の諸症状(⑴〜⑻)に分かれています。興味のある方は 『「花粉症発症→ぎっくり腰事件」の前フリ 』をご覧下さい。



このように自分は引っ越しが原因で「極度の虚脱状態と放心状態」に陥りました。そして引っ越し後の自分は9ヶ月に渡って⑴〜⑻の症状にのたうち回り続けたのです。そして、翌年の3月、「花粉症発症→ぎっくり腰事件」が起きたのでした。



この「花粉症発症→ぎっくり腰事件」の経緯をフローチャートでまとめてあります。かなり長いフローチャートになります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



「花粉症発症→ぎっくり腰事件」のフローチャート



上記のフローチャートの流れで「花粉症発症→ぎっくり腰事件」が起き、そして終わっていったのでした。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。どうしてぎっくり腰が起こったのか、という話になります。




『前回記事からの引用』



ちなみに自分が耳鼻科に行った後の話ですが、その後も順調に腰の痛みは引いて行き、1ヶ月半後には完全に痛みは消えていた記憶です。発症当時の凄まじい痛みが嘘のようでした。当時の自分もこう思いました。「あの痛みは何だったんだ」、と。



という訳で、今回の記事では、「花粉症発症→ぎっくり腰事件」を改めて振り返ってみたいと思います。「あの痛みは何だったんだ」、という話です。改めて思うのですが、今回のぎっくり腰の原因が花粉症発症にある事は間違いありません。ではどのようにして花粉症発症がぎっくり腰発症に繋がったのか、因果関係の流れを簡単に8項目のフローチャートにまとめたいと思います。



2007年3月中旬に花粉症発症


花粉症発症の原因は前年に行われた「引っ越し」しか考えられなかった。そして「引っ越し」は両親が強行したものだった。



自分の中の両親に対する憎悪が「殺しても殺し足りない」「以上」にまで激化



自分は花粉症発症以前から⑴〜⑷の睡眠障害に苦しみまくっていたのだが、ここでさらに⑴の憎悪が爆発。自分はますます眠れなくなり、そんな状態が3日続いた。



花粉症発症から3日目、自分の体調は限界状態を迎えた。ここまで疲労感と眠気が酷いのは31年間の人生の中でで初めての状態。死の恐怖に怯え続けた大学空手部時代でさえ、こんなに酷い状態は無かった。もちろん、家族に対する憎悪の量も過去最大。自分の心の中は家族に対する「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪で溢れ返っていた。



自分は疲労感と眠気で意識朦朧とする中、「とりあえず花粉症をどうにかしたい」と思った。花粉症が治れば、このような状態が改善するように思えた。



そこで自分は限界状態の心身にムチを入れ、なんとか外出準備を始めた。これから原付に乗り、30分くらいかけて耳鼻科に行こう、と。もちろん、自分には「家族に頼る」という選択肢は皆無。何故なら、「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていたのだから。



耳鼻科に行くには原付に乗らなければならなかった。この時の自分は病的(×12倍)な冷え性でもあったので、防寒対策で上下合わせて16枚着込んだ。そして、着込んでいる最中にぎっくり腰発症。



このような流れでぎっくり腰が発症しました。こうやってまとめてみますと、今回のぎっくり腰の原因は「花粉症発症」にあるとしか考えられません。正確に言いますと、「花粉症発症によって、両親への憎悪が激化し、それによって睡眠障害がさらに激化した事」が原因です。



そして、自分はぎっくり腰を発症し、凄まじい痛みにのたうち回る事になったのでした。この時さらに不運だったのは、自分が防寒着を16枚も着ていた事です。ぎっくり腰が発症した後、自分はベッドに入りたいと思ったのですが、その為にはこの16枚を脱がねばなりませんでした。自分はあまりの痛みに立っている事が出来ず、床に倒れ込んでいました。



自分はこの状態で防寒着を脱いでいかなければならなかったのです。ただでさえ腰が爆発的に痛んでる状態なのに、さらに床に倒れ込んだままで16枚の防寒着を脱いでいくという、無茶苦茶にも程がある苦行です。あれは「悪夢」という言葉では当然表現出来ない程の「悪夢」でした。もちろんこの時の自分に家族に助けを求めるという気持ちは皆無です。何故なら「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていたのですから。



ここから先の話は上記のフローチャートの通りです。自分は1時間かけて防寒着を脱ぎ終わり、なんとかベッドの中に入りました。そして、ベッドの中でラジオを聞くだけの生活が続き、4日後には椅子に座れるようになり、その後は順調に回復していきました。



それにしても凄まじい事件でした。「尿管結石事件」も酷い事件でしたが、「花粉症発症→ぎっくり腰事件」も負けず劣らずです。この事件によって自分の鬱はさらに1.5倍悪化した印象です。このブログでは自分の精神状態を「メンタル数値」として数値化しています。(詳しくは、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)




よって今回の「花粉症発症→ぎっくり腰事件」によって、メンタル数値は「マイナス264×1.5=396」まで悪化した、という事になります。



『引用終わり』



なるほど〜。このように 「花粉症発症→ぎっくり腰事件」によって自分の鬱はさらに1.5倍悪化したのでした。この悪化をメンタル数値の変化に直しますと、「マイナス264→396」です。下がりましたねぇ。また、花粉症発生「以前」の自分の両親に対する憎悪は、「殺しても殺し足りない」程でした。これが、「花粉症発症→ぎっくり腰事件」によって「殺しても殺し足りない」「以上」まで激化しました。



加えて、花粉症発生「以前」の自分の心身の状態は『「鬱の廃人」×4倍状態』です。これも1.5倍悪化しましたので、『「鬱の廃人」×6倍状態』まで悪化した、という事になります。(基準となる「鬱の廃人」状態の詳細はこちら)



ちなみにこの「1.5倍」という数字は、自分の感覚的な数字です。自分はそれまでの31年間において様々な鬱な出来事を経験し、鬱を2倍、3倍に悪化させてきました。その「様々な鬱な出来事」と「ぎっくり腰事件」を比較した上で、出た数字が「1.5倍」という事になります。



さて、これで「花粉症発症→ぎっくり腰事件」についての記事はとりあえず一段落です。我ながらあのカオス過ぎる事件をよく言語化したものです。ここまで書き終えてスッキリした感じがありますし、達成感もあります。2週間くらい前にこの事件を書き始めた時の気持ちは、かなり重かったと記憶していますが、こうやって書き終わると爽快です。やはり書いてみて良かったな、と思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村