鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「病的な冷え性」と「冬のトラウマ歩き」(2008年12月・32歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「深夜2時近辺の戦い」のフローチャートを圧縮 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、この最中に母親や妹に対する憎悪を考え、それを消化していた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。




まずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」





ここからは最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



(完全verはこちら)




このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。



それにしましても、ようやく「深夜2時近辺の戦い」をこうやってまとめる事が出来てとても嬉しい気持ちでいっぱいです。まさか自分の中で最も超カオスな記憶をこうやって言語化して整理整頓する事が出来るとは。言語化している最中はかなり苦しい気持ちでしたが、こうやって書き終えてしまうと嘘のようにスッキリです。やはりトラウマの言語化の効用は、素晴らしいモノがあります。



さて、このような感じで2008年4月以降の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」で消耗していましたし、それと同時に「トラウマ歩き」もしていた、という事になります。このトラウマ歩きの頻度は2日に1回、1回平均4時間、1回あたりの平均距離10kmです。



現在の自分(2022年9月)から見ますと、この「トラウマ歩き」と「深夜2時近辺の戦い」が同時期に起こっていた事が信じられません。当時の自分にとっては、「トラウマ歩き」だけでも膨大な時間とエネルギーを消費し、自分を疲労困憊の極地状態に追い込む苦行中の苦行だったのです。



そう、「トラウマ歩き」の頃の自分は、「極度の虚脱状態と放心状態」×2.25倍状態に陥っていました。ここで久しぶりに「極度の虚脱状態と放心状態」を確認しておきたいと思います。



引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」における8個の鬱の諸症状



⑴家族に対する「殺しても殺し足りない」程の憎悪(自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」参照)


⑵「もしベッドに入り寝てしまったら、その無防備な所を家族に襲われ、殺されてしまうかもしれない」という病的(×12倍)な被害妄想。(詳細は(「こちら」)


⑶引きこもり時期にも発症していた「寝付く際の周りの音」に対する病的(×12倍)な被害妄想。(詳しくは「 引きこもり期間中の9個の鬱の諸症状(過去編・2005年1月・29歳) 」の①)


⑷ベッドの中における「意識は覚醒しているのに、まぶたや身体が重くて動かない状態」(詳細はこちら)




⑸当時の自分の体調は、冷え性も病的に悪化しており、真夏日でも部屋の中でエアコンを付ける事が出来なかった。もしベッドで横になっている時にエアコンを付ければ、必ず寝冷えしてしまう。エアコンの設定温度を30度に設定したとしても、寝覚めると身体は氷のように凍え切っており、鼻水はダラダラ、身体は100kgの重りを背負っているかのよう。故に自分は真夏日でもエアコンや扇風機や窓を開けずに眠るしか無かった。(住んでいる場所は神奈川)


当時の睡眠時間は昼夜逆転していたので、自分は真夏日の昼間に室温50度くらいの中で汗をダラダラ流しながら、眠らざるを得ない。そして、2〜3時間寝れたとしても、意識が覚醒すると、⑷の状態に陥り、ベッドから身体を起こす事は出来ない。自分はそこからさらにダラダラ汗を流しながら、1〜2時間ベッドに磔状態。この時の虚脱感や消耗感や絶望感は致命的なものがあった。

(⑷、⑸の症状は、引っ越し前の引きこもり時期にも発症。)


⑹引っ越しによって発生した①〜⑥+1の致命的な精神的苦痛(詳細はこちら)


⑺上記の「極度の虚脱状態と放心状態」で、パチンコ稼業を再開出来るはずも無く、自分は引っ越してから1ヶ月後にパチンコ稼業からの撤退を決意した。これにより、自分の中に筆舌に尽くし難いほどの無力感が発生。これにより「極度の虚脱状態」はますます悪化していった。


⑻上記の7つの諸症状は耐え難い心身の苦痛を常に自分に発生させていた。故にこのような日々の唯一の心の支えが、「首吊り装置」という名の「最終安全装置」だった。この時の具体的な気持ちは以下の通り。


当時の自分は、余りの憎悪や被害妄想や肉体的苦痛に耐えられず、自我を失いそうになったら、さっさと首を吊ってこの世から離脱する事を決意していた。何故なら当時の自分が最も恐れていた事態は以下の事態。


自分の自我が憎悪と被害妄想に飲み込まれてしまい、正気を完全に失い、「自殺」という現実離脱手段すら使えなくなる事態。(具体的には、自分が気が狂った末に、精神病院の閉鎖病棟に隔離され、死ぬまでそこで苦しみ続けるような状態を想定)



まとめ:自分は引っ越し後、上記⑴〜⑻の致命的な精神的苦痛にのたうち回る生活を送り続る事となった。自分は仕事は一切せずにただただ食べて寝るを繰り返すだけの日々を過ごしていった。それは何の希望も展望もない日々であり、「自殺しないで生きる」だけで必死の必死のの日々だった。


『引用終わり』


このように引っ越し後のの自分は「自殺しないで生きる」だけでも必死の必死の日々を送っていたのです。体調もぶっ壊れにぶっ壊れまくっていました。そのような状態で、週3回、1回平均4時間のトラウマ歩きを続けるのは、絶望的なキツさがありました。



特に上記の⑸にありますように、当時の自分はとにかく冷え性が病的(×27倍)に酷かったですから、トラウマ歩きの最中の自分は、鼻水をダラダラ流しながら、歩いていました。冬は言うまでもなく、夏でも鼻水ダラダラで歩いていたのです。ここからはトラウマ歩きの最中の「病的な冷え性」について思い出していきます。



ですから、真冬のトラウマ歩きは、超絶に厳しいものがありました。ただでさえ病的(×27倍)に酷い冷え性が冬になるとさらに酷くなっていたからです。以前このブログで「花粉症発症→ぎっくり腰事件」について書きました。この事件はトラウマ歩き開始の1年前に起こった事件です。当時の自分が花粉症を発症し、耳鼻科に原付に行こうとした時に、ぎっくり腰を発症した話です。この事件が起きた時期は3月で、場所は神奈川なのですが、当時の自分は原付に乗る際、防寒対策の為に雪だるまのように服を着こまないと、原付に乗れなかったのです。



この事件の際、「足部分」にどれくらい着込んでいたのか具体的に書いてみたいと思います。


・股引3枚

・股引の上に「貼るホッカイロ」各足2枚ずつ

・フリースズボン1枚

・ジャージ3枚

・太いGパン

・防風用のレインコート2枚


当時の自分はこれだけ着込まないと寒くて寒くて原付に乗れなかったのです。もちろん、上半身にも上記の装備と同等の防寒着を着込んでいました。そして、「ぎっくり腰事件」からおよそ1年後くらいから自分はトラウマ歩きを始めています。つまり、上記の冷え性は全く回復していません。なんだったら「ぎっくり腰事件」と「母親と喋り始める事件」を経て、さらに1.5×1.5=2.25倍悪化しているくらいです。



ですから、当時の自分はトラウマ歩きを冬に行う場合、上記と同様の防寒をしないと外を歩き回る事が出来ませんでした。ただし、防風用のレインコート2枚だけは脱いでいましたね。これは原付に乗る時用でした。よって、上記の装備からレインコート2枚だけを脱いだ装備で自分はトラウマ歩きを実行していました。もちろん、上半身も同じくらいの防寒着を着込んでいました。



さて、このような超着膨れ状態で自分は冬のトラウマ歩きを行っていました。なんというかこれだけの防寒着ですから、家を出る前に着込むだけでも一苦労です。外出準備を終えるだけでも消耗してしまう感覚がありました。



次回の記事では冬のトラウマ歩きの記憶をさらに思い出していきたいと思います。













今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村