鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

深夜2時以降に妹の気配を感じると、半狂乱状態に陥る(2008年5月・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 深夜2時以降の妹の気配に対する病的な過敏さ(2008年5月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、この最中に母親や妹に対するストレスを考え、消化していた、という話でした。そして、当時の自分が抱えていた妹への「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪、これの原因を考えてみました。

.


「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



ここからは今回の記事の前提となる「前フリ」部分となります。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』


まずはこれまでの記事でまとめた「トラウマ歩き」の最中のポジティブな感覚とネガティヴな感覚を確認したいと思います。



「トラウマ歩きの最中に発生していたポジティブな感情①〜⑥」


「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」




そして、この①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、これらをトータルで差し引きしますと、「プラス」という感じです。ただこれは「トラウマ歩き1年目」の評価であり、2年目以降はまだ評価出来ません。またこれは今現在(2022年8月)の評価です。今後変わる可能性もあります。




次に、「トラウマ歩き1年目」において自分がよく歩いていたルートを確認したいと思います。そのルートは以下の4つになります。



・東京都心ルート

・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート



ここまでの話をまとめますと、当時の自分は「トラウマ歩き」の最中に、①〜⑥のポジティブな感覚と❶〜❽のネガティヴな感覚、両方を同時に感じていた、という事になります。なんというか凄まじく自己矛盾した状態で上記の4つのルートを歩いていた、という感じです。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。「トラウマ歩き」の頃の自分が深夜2時以降に聞こえてくる妹の気配に病的に過敏になっていた、という話でした。



『前回記事からの引用』


このように引きこもりの頃の自分は、妹が深夜2時に寝るのかどうか病的(×6倍)に過敏になっていました。ですから当時の自分は深夜2時以降になると、妹の部屋の壁に耳を付けて、妹が寝たのか気配を確認していました。それ程までに当時の自分はそれに過敏になっていたのです。あれはやばい精神状態でした。



そして、このやばい精神状態は、以下の事件により、さらに悪化していったのです。


「引っ越し及び東○荘事件」(2006年6月・30歳)

「ぎっくり腰事件」(2007年3月・31歳)


「母親と喋り始める事件」(2007年10月・32歳)

[トラウマ歩きの開始は2008年3月]


これらの事件により、自分の精神状態は、さらに2倍、1.5倍、1.5倍、と悪化していきました。故にトラウマ歩き時代の自分は、深夜2時以降の妹の気配に対して、病的(6×2×1.5×1.5=27倍)に過敏になっていた、という事になります。



細かい話になりますが、この状態は、引っ越し事件の後に自分が陥った心身の状態、「極度の虚脱状態と放心状態」の一部と重なります。細かい話になりますが、この状態における諸症状⑴〜⑻の中の⑶、


⑶引きこもり時期にも発症していた「寝付く際の周りの音」に対する病的(×12倍)な被害妄想。(詳しくは「 引きこもり期間中の9個の鬱の諸症状(過去編・2005年1月・29歳) 」の①)


この⑶が2.25倍悪化したものと、先程の妹の気配に対する病的な過敏さは、全く同じ状態を表しています。この2つを等式に表しますとこういう事になります。


⑶の症状×2.25倍=深夜2時以降の妹の気配に対する病的(×27倍)な過敏さ


このように「トラウマ歩き」の頃の自分は、深夜2時以降の妹の気配に対して、病的(×27倍)に過敏になっていたのです。次回の記事では、これについての具体的な記憶を探っていこうと思います。



『引用終わり』



このようにトラウマ歩き時代の自分は、深夜2時以降の妹の気配に対して、病的(×27倍)に過敏になっていました。この時の自分は「妹の出すドア音」を含めた「妹の生活音」全般に、病的(×27倍)に敏感になっていたのです。ですから、深夜2時以降に妹の物音やドア音を聞くと、発狂しまくっていました。ですから妹が深夜2時以降に自分の部屋の前を通ると、舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、バットで部屋の中のモノを殴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、半狂乱状態に陥っていました。



当時の自分は、深夜2時以降に家族の誰かが起きている状態が致命的に許せなかったのです。当時の自分にとって、深夜2時以降の時間帯は絶対的な聖域のようになっていました。当時の自分は家庭内外で圧倒的なマイノリティ状態に陥っていましたから、家族3人が寝静まるこの時間帯だけが唯一の安息の時間帯になっていました。ですから、その聖域を家族に犯されると、発狂ものの憎悪が身体を駆け巡り、それがコントロール不能な衝動を発生させていたのです。


ですから当時の自分が妹に対して、直接「深夜2時以降ドア音含めた物音を立てるんじゃねぇ!!!」と怒鳴った記憶もあります。正直この言動は今現在(2022年8月)の自分から見ますと、妹に対してかなり理不尽な言動だったと思います。この言動は妹に対して深夜2時以降、強制的に寝るよう命令しているようなものですから。


そして、この言動に対する妹のリアクションはかなり不満げだった記憶です。それはそうでしょう。当時の妹は大学受験を諦めて、再び引きこもり状態になっており、深夜2時以降まで起きるようになっていましたから。



自分がそのように妹に怒鳴った後、妹は自分に気を遣い始めた記憶です。深夜2時前に1回部屋から出てきて、トイレを済ませ、それ以後はほとんど部屋から出てこないようになっていました。しかし、時には深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は先程の半狂乱状態です。



こうやって当時を思い出して書いてみますと、改めてやはり当時の自分は「深夜2時近辺の妹の物音」に対して病的(×27倍)に過敏だったと思います。もう少し細かく思い出してみますと、当時の自分は深夜1時30分頃から、妹の物音に対して神経を研ぎ澄ませていました。そして、当時の自分は2時前に妹が部屋から出てきて、トイレに向かうかどうか、そのドア音に神経を研ぎ澄ませていたのです。う〜ん、ヤバ過ぎる神経状態。そして、2時前に妹が部屋から出て来て、トイレに向かう音がすると、ホッと安堵していた記憶です。



どうしてこの時の自分が「妹がトイレに向かう音」に病的に過敏になっていたのかと言いますと、「トイレを済ませる」=「寝る準備」だからです。妹が寝る準備をすれば、自分は唯一の安息の時間帯に入る事が出来ました。ですから、自分はその音に対して病的(×27倍)に過敏になっていたのです。



しかし、時には2時過ぎてから妹が出てくる時もあり、そういう時に自分は発狂していました。先程も書きましたが、部屋の前を通る妹に対して舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、バットで部屋のものを殴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、半狂乱状態です。



そして、時には妹が自分のこのようなリアクションを感じ取り、自分に対してブチ切れてくる事もあった記憶です。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村