鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

引っ越しが原因でパチンコへのモチベーションと月30万の収入が消失(2006年8月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「 睡眠を取るのが毎回命がけ(2006年7月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、引っ越し後の自分がベッドに入った後いかに苦しんでいたのか、まとめてみました。当時の自分は仮眠を1日2〜3回取っていたのですが、あのような戦いが毎回に繰り返されるのです。そして、1〜2時間仮眠を取り、睡眠を取った後もそこから1時間くらいはベッドの上で磔(はりつけ)状態です。そう、意識は戻るのですが、まぶたと身体が鉛のように重くて全く動かないからです。この時間においても自分は致命的なストレスの嵐に心を蹂躙され、甚大な精神的苦痛に耐えねばなりません。加えて自分が本格的に眠るのは朝6時〜12時くらいだったのですが、この際にも前後1時間は甚大な精神的苦痛耐えねばなりませんでしたし、トイレに行った後なんかも15分くらいはそれに耐えねばなりませんでした。ですから、合計すると自分は1日のうち18時間くらいをベッドの上で過ごしていたように思います。そして、残りの6時間はベッドから出て、椅子に座り、ラジオを聴いたりしていました。ただし、その6時間においても自分は殺人的な疲労感と殺人的な眠気に襲われ続け、意識朦朧とした状態です。イメージとしては背中に100kgの重りを背負わされているような感じです。その重さで自分の身体は床にぺちゃんこに押し潰されそうでした。




引っ越し後の自分はこのように「鬱の廃人」+「鬱の狂人」状態に陥ってしまいました。そりゃこんな状態でパチンコ屋に赴き、朝から晩までパチンコを打てるはずがありません。自分はパチンコ稼業を諦めざるを得なくなってしまいました。ただし、ここで問題が生じます。これまで自分はパチンコで月30万稼ぎ、4万をカウンセリング代、6万を生活費、20万を貯金に回していました。パチンコを諦めるとなると、この収入が全く無くなってしまいます。当然自分はこの状態に陥ってしまった事に関しても、両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を感じていました。自分が人生30年目にしてようやく見つけた自分らしい日々を3ヶ月で奪われた上、毎月の収入30万までも奪われてしまったからです。そう、自分は両親が言い出した引っ越しと東○荘事件によって、致命的なストレスの数々を受ける事になったのですが、その上さらにパチンコのモチベーションをぶち壊され、月30万の収入まで失う事になったのです。




ここで例の 「引っ越し及び東○荘事件で受けた致命的なストレス一覧」の⑨を加筆したいと思います。これまでの⑨は以下の通りでした。



⑨東○荘事件により、パチンコで稼いでいた時の希望に溢れたモチベーションが完全消失。これによりさらに大きな喪失感と虚無感が発生。



これに続きの文章を書き足したいと思います。



⑨東○荘事件により、パチンコで稼いでいた時の希望に溢れたモチベーションが完全消失。これによりさらに大きな喪失感と虚無感が発生。また、月30万の現金収入を失い、両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を感じる。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。









にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ





https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村