鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「父親突入事件」まとめ〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「父親突入事件」によってさらに寝付きが悪化〜引きこもり中の鬱の諸症状⑨(過去編・2005年1月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が部屋に引きこもっている時期に父親が無理矢理部屋に入ってこようとした事件の話でした。この事件を今後「父親突入事件」と呼ぼうと思います。この時の自分は、29歳です。全ての社会生活と家族関係から脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



そして、部屋に引きこもってから半年後くらいに「父親突入事件」が起こりました。この事件により自分はさらに甚大な精神的ダメージを受ける事となりました。その精神的ダメージを分解すると以下の通りになります。


「父親突入事件で受けた5個の精神的ダメージ」


①そもそも自分は事件前から父親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。1年半前に起きた「尿管結石事件」、その事件における父親の言い放った血も凍る様な暴言を忘れるはずがない。(事件の詳細はこちら)また、自分は幼い頃から父親に対して何の愛情も信頼も感じないまま年齢を重ねていた。父親は幼い自分に対してひたすら無関心であったので、自分の中に遊んで貰った記憶や楽しかった記憶が皆無。自分にとって父親は「お金を稼いでくる透明人間」だった。



②部屋に引きこもってから半年後くらい経つと、父親がドア越しに「〇〇(自分の名前)部屋で何やってるんだ???」と声を掛けてきた。自分は問い掛けを聞き、はらわたが煮え繰り返った。その理由は①の通り。自分にとって父親は幼い頃から「父親」ではなく「お金を稼いでくる透明人間」であったし、「尿管結石事件」での暴言によって「殺したい」程の憎しみを感じる相手になっていた。そんな父親が父親ズラして自分に問い掛けてくるのが、はらわたが煮え繰り返って仕方がない。自分は当然の如く問い掛けをガン無視。



③その父親からの問い掛けは日を置いて3〜4回続き、自分はその度ごとにはらわたが煮え繰り返っていた。ある日憎しみが限界を超え、自分は問い掛けに対して「うっせぇ!!!俺は俺でやってるんだからほっとけ!!!」と怒鳴った。それに対して父親も怒鳴り返してきて、3〜4回怒鳴り合いが続いた。すると、父親は「お前はホントに何をやってるんだ!!!」と怒鳴り、ドアを開けて、自分の部屋に突入してこようとした。もちろん父親を部屋に入れる訳にはいかない。自分は必死にドアを押さえ、父親が入って来れないようにした。そんなドア越しの押し合いが5分程続き、結局父親は諦めて去っていった。



④事件後の自分の心の中は超パニック状態に陥った。まず発生したのは、凄まじい殺意の嵐。事件前から自分にとって父親は「殺したい」程憎い存在だったのだが、そんな父親が無理矢理自分の部屋に入ろうとしてきたのだ。その行動に対する殺意の衝動は凄まじいものがあった。


⑤一方自分の心の中には、凄まじい恐怖感も発生していた。今回の事で父親の邪悪な意志が確認出来た以上、いつまた同じ様な事態が発生するか分からない。今後もしかしたら自分が寝ている時に父親が部屋に突入してくるかもしれない。さらに当時の自分は被害妄想が病的(×6倍)に激しくなっていた為、物事を究極的に悪く考える癖が付いていた。よって寝ている時に父親が部屋に突入してきて、自分は殺されるのではないか、という被害妄想も発生した。これにより布団に入ってから寝付くまでの時間が1時間から1時間半に伸びた。また、寝付いたとしても極度に睡眠は浅く、ほとんど疲労感が取れていない状態。



いいですね!よくまとまりました。今回まとめた『「父親突入事件」における精神的ダメージ』、これを「引きこもり時期の鬱の諸症状」の⑨に入れたいと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村