鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

事件の数々を何故誰にも相談出来なかったのか(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 家庭環境の急激な悪化が人生を狂わせていった(過去編・2005年3月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が高校時代の記憶をノートに書いた際の話でした。当時の自分は28歳です。全ての社会生活と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



自分はノートを書く中で高校時代の自分がどのような高校生活を送っていたのか認識していきました。高校時代の自分は様々な事件を引き起こし、それによって「自分に対する自信」を大きく失い続けました。そして、高校2年生の春に鬱を発症する事となったのです。



しかし、高校時代の鬱発症の原因は、高校時代の事件だけにあるのではありませんでした。その原因は、高校時代を含むそれまでの18年間の人生そのものにありました。正確には18年間の中で起きた様々な事件によるメンタルダメージの蓄積が原因です。そして、自分がメンタルダメージを受けた事件の数々が以下の通りになります。



・小学校3年生「家庭環境の急激な悪化」
・小学校6年生 「A先生怒鳴られ事件」
・中学1年生「自己紹介事件」
・高校入学時「歓迎会逃亡事件」
・高校1年生秋「暴言事件」
・高校2年生4月「寄せ書き事件」
・高校2年生4月「自己紹介事件」


(それぞれの事件の概要は、こちら)



この中で最も重要な事件が小学校3年生の時の「家庭環境の急激な悪化」です。この事件が全ての事件の元凶と言っても過言ではありません。この事件によって家庭内が戦争状態に陥り、自分は両親から完全放置される事となりました。自分は幼な心に自分という存在が家庭内で非常に不安定な立場にあると感じるようになりました。これにより、持病の喘息が急激に悪化。自分は「自分に対する自信」を大きく失い、さらに「承認欲求」が飢餓状態に陥ったのです。



そして、自分はこの「飢餓状態に陥った承認欲求」を満たそうとして、「A先生怒鳴られ事件」、「自己紹介事件」、「暴言事件」、「寄せ書き事件」と次々と事件を引き起こしていきました。


まぁこの「飢餓状態に陥った承認欲求」を簡単に言い表しますと、「極度の寂しさ」と言い換えられると思います。


さらにこれらの事件にはもう一つ大きな共通点がありました。それは、事件後の自分がその精神的ショックを親を始めとした誰にも喋る事が出来なかった、という事です。これはホントに大きかった。そして、これに関しても元凶は小学校3年生の時の「家庭環境の急激な悪化」にあったのです。



そう、この頃からうちの両親は新規事業と夫婦喧嘩に全てのエネルギーと時間を投入し続け、消耗しきっていました。完全に子供の自分の事は放置です。ですから、当時の自分が両親から興味を持たれていたという記憶がありません。当時の自分が日々の出来事や感情を家庭内で喋った記憶が皆無なのです。つまり子供の自分にとって家庭内は安心して気持ちを喋れる暖かい居場所では全く無かったという事です。



言い換えますと、自分と両親は一つ屋根の下で暮らしてはいましたが、それぞれの人生を何一つ共有していませんでした。両親は自分に対して何一つ興味を示しませんでしたし、自分も自分を放置し続ける両親に何の興味もありません。自分は両親に対して何の愛情も信頼も感じる事なく、成長していく事となりました。


さらにうちの周りには親類縁者も皆無でした。つまり、自分の周りには自分に暖かい視線を送ってくれる大人が皆無でした。



このような状況で自分は自分という存在にかなりの不安定さを感じました。それは「自分という存在が立っている地面がいつ崩落するか分からない、そんな不安定感と危機感」です。これにより自分は「自分に対する自信」を大きく失い、「承認欲求」が飢餓状態に陥りました。そして、その「飢餓状態の承認欲求」が暴走し、様々な事件が起こりました。自分はこれらの事件で甚大な精神的ダメージを受けたのですが、上記の理由でこれらの事件を何一つ誰にも相談する事が出来無かったのです。




相談相手としてまず考えられるのが「親」ですが、当時の自分の中に「親に相談する」という選択肢は皆無でした。何故なら自分と親はそれまでの人生を何も共有していませんでした。自分は親と日々の何気ない出来事を何一つ共有していませんでしたから、そのような親に精神的ダメージを伴う重大事件を喋る気になるはずがありません。自分の中に日々の信頼や愛情の積み重ねが皆無でしたからね。まして、両親は小学校3年生の頃から自分の事を放置して、新規事業と夫婦喧嘩に明け暮れ、消耗し切っていました。母親は毎日のように「離婚したい」と泣いていましたからね。こんな親に対して幼い自分が重大事件を自己開示したいと思うはずがありません。そのような選択肢が思い浮かぶ事すら皆無だったのです。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村