鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

家庭環境の急激な悪化が人生を狂わせていった(過去編・2005年3月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 自分の精神年齢は小学校3年生で成長が止まってしまっていた。(過去編・2005年3月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が高校時代の記憶をノートに書いた際の話でした。当時の自分は29歳です。全ての社会生活と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもって過去の記憶をノートにひたすら書く日々を過ごしていました。



29歳の自分はノートを書く中で高校時代の自分がどのような高校生だったのかを認識していきました。自分がノートを書く中で認識した、高校時代の自分は以下の通りです。



・高校入学早々「歓迎会逃亡事件」を引き起こし、その後も「暴言事件」、「寄せ書き事件」、「自己紹介事件」と「舌禍」が続いた。これらの事件によって「自分に対する自信」をさらに失い、高校2年生の4月頃、鬱を発症。(それぞれの事件の概要は、こちら)



・高校時代の鬱の諸症状は以下の通り。


①「暴言事件」や「寄せ書き事件」の恐怖が凄まじく、その甚大なメンタルダメージのせいで日曜夜ごとに激しい喘息が発症。



②喘息が原因で背中の慢性的的な疲労感がさらに悪化。もはや疲労感ではなく「背中の慢性的なかなりの痛み」



③喘息で夜一睡も出来ず高校に通っているので、慢性的な眠気が酷い


④突発的に発生する凄まじいめまい。自分という存在が消えてなくなりそうな程、地面が激しく揺れているイメージ。


⑤「暴言事件」や「寄せ書き事件」の最悪の最悪の想定が恐ろしくて仕方ない。その怯えから来る「冷え性


⑥上記のメンタルダメージの蓄積により、食欲が完全消失


・高校時代の自分は上記の鬱の諸症状を認識する事は全く出来ていなかった。しかし、自分の高校生活が酷く惨めで悲しいものになっている事は自覚していた。そこで2度とこのような学校生活を繰り返さない為に、「自分を変える」事を決意。大学に入ったら、これまで極力避けていた「スポーツ系の部活」に入る事を決定。


・高校時代の自分は完全に「透明人間化」していて、大人しめの同性とのコミュニケーションすら取れなくなっていた。まして異性とのコミュニケーションなど絶望的。すると自分の中に、「大学受験で良い大学に入り、女の子達に自分の存在をアピールしたい」という強い熱量が生まれた。そこで1年間受験勉強に専念し、志望の大学に合格。これにより、当時の自分は酷く惨めで悲しい高校生活に一矢報えた気がしたのだった。




いいですね!素晴らしい。このように29歳の自分はノートを書く中で高校時代の自分を認識していきました。そして、高校時代の自分が「暴言事件」や「寄せ書き事件」をきっかけに鬱を発症した事も認識したのです。



ただし、鬱を発症した原因は「暴言事件」や「寄せ書き事件」だけにあった訳ではありませんでした。鬱発症の原因は、それらの事件を含む17年間で受けたメンタルダメージの蓄積にあったのです。自分はそれまでの17年間で様々な事件によって「自分に対する自信」を失い続けていました。その結果の鬱発症だったのです。自分が17年間の人生の中で大きくメンタルダメージを受けた事件が以下の通りになります。


・小学校3年生「家庭環境の急激な悪化」
・小学校6年生 「A先生怒鳴られ事件」
・中学1年生「自己紹介事件」
・高校入学時「歓迎会逃亡事件」
・高校1年生秋「暴言事件」
・高校2年生4月「寄せ書き事件」
・高校2年生4月「自己紹介事件」


(それぞれの事件の概要は、こちら)


そして、上記の事件の中で最も重要な事件が小学校3年生の時に起こった「家庭環境の急激な悪化」です。この事件によって家庭内が戦争状態に陥り、自分は両親から完全放置される事となりました。自分は幼な心に自分という存在が家庭内で非常に不安定な立場にあると感じるようになりました。これにより、持病の喘息が急激に悪化。自分は「自分に対する自信」を大きく失い、さらに「承認欲求」が飢餓状態に陥ったのです。


そして、この「飢餓状態に陥った承認欲求」が、「A先生怒鳴られ事件」、「自己紹介事件」、「暴言事件」、「寄せ書き事件」と次々と事件を引き起こしていきました。



さらにこれらの事件にはもう一つ大きな共通点がありました。それは、事件後の自分がその精神的ショックを親を始めとした誰にも喋る事が出来なかった、という事です。これはホントに大きかった。そして、これに関しても元凶は小学校3年生の時の「家庭環境の急激な悪化」にあったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村