鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

記憶のサルベージによって「自分に対する自信」が一部大幅に回復④(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「記憶のサルベージによって「自分に対する自信」が一部大幅に回復③(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の自分が1年3ヶ月に及ぶ記憶のサルベージを終え、以下のような気持ちになった、という話でした。


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


、と。「記憶のサルベージ」とは、自分が過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。自分は28歳の4月頃からこの行為を始めました。この行為を始めた当初、自分の心の中にはこのような思いがかなり強い状態でした。


「自分が28年間どこにも居場所を作れず、引きこもる羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だから』だろう。」


しかし、その後自分が自分の過去の記憶をひたすらノートに書いていますと、上記の強い思いに徐々に変化が起きてきました。自分は記憶のサルベージの中で「自分に関する発見」を次々と見つけていったのですが、その発見が見つかれば見つかる程、「家庭環境」の方に問題があったような気がしてきたのです。



ではここからは、自分がこの1年3ヶ月の間に見つけた「自分に関する22個の発見」を改めて振り返ってみたいと思います。前半戦、後半戦、終盤戦に分かれていますが、かなり長いコピペになります。以前からお読みの方はスルーして下さい。



「記憶のサルベージの前半戦で見つかった自分に関する9個の発見」



①自分のこれまでの28年間の人生が大失敗に終わった。

②高校時代に「鬱」を発症していた。当時の鬱の諸症状はこちら。


「高校時代の鬱の諸症状(2004年ver)」


・食欲消失

・日曜夜の激しい喘息

・背中の慢性的な疲労

・慢性的な眠気

・高校生活中のめまい



③「大学空手部の3年間」もまるで無駄であった。

④大学空手部の3年間で鬱がさらに3倍悪化した。心身は「鬱の廃人」状態に陥っていた。その当時の鬱の諸症状は以下の通り。



「大学空手部時代の鬱の諸症状(2004年ver)」
・慢性的な食欲消失(大学時代の鬱の諸症状)
離人感(〜離人感と冷え性〜)
・酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
・慢性的な疲労感と眠気(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
・自殺願望(〜自殺願望と救い〜)


⑤大学空手部引退後の自分は以下の思いを支えにして生きていた。


「自分はあの過酷過ぎる空手部の3年間を耐えたのだから、体力が付いているはず!!そして、体力が付いているなら、自分に自信が付き、社会のどこかに居場所が作れるはず!!」


しかし、実際には自分の心身は「鬱の廃人」状態に陥っており、「虚構の体力と自信」を捏造してすがっていただけだった。


⑥自分の人生はただひたすらに人間関係で挫折を繰り返し、大学空手部も大失敗し、心身が壊れていくだけの人生だった。


⑦小学校3年生を境目にして、記憶の色が明らかに変わっている。小3「以前」の記憶には鮮やかな色が付いているのだが、小3「以降」の記憶は「灰色」一色。記憶から色が完全に剥げ落ちている。


⑧記憶の色の変化の原因は、当時の家庭環境の急激な悪化にあった事が判明。この頃に両親が新規事業を始め、新規事業と夫婦喧嘩に明け暮れていった。両親はそれ以前から自分に対して無関心だったが、この頃から完全放置。自分はこの状態に激しい不安感と危機感を感じていた。それは、「自分という存在が立っている地面がいつ崩落してもおかしくない」、そんな激しい不安感。それに伴いメンタルが急激に悪化し、持病の喘息も急激に悪化。学校を休みがちになり、半不登校児になっていた事も思い出す。


⑨小3の時に通っていたスイミングスクールで離人症を発症していた事が判明。小3で精神疾患を発症していた事を知り、自分の人生の先行きの暗さに愕然とする。



続いて後半戦です。



「記憶のサルベージの後半戦で見つかった自分に関する8個の発見」



①小学校3年生、4年生の時の自分は半不登校児状態だった。喘息で夜眠れない日々が続き、小学校の半分を休んでいた。


②小学校6年生の時に起きた「A先生怒鳴られ事件」で甚大な精神的ダメージを受けた。事件後の自分は虚無感に襲われ、親の金を盗んだり、万引きをしたりと問題行動が頻発。


③中学1年生の時に起きた「自己紹介事件」でもかなりの精神的ダメージを受けた。そして、「A先生怒鳴られ事件」と「自己紹介事件」は、同じような原因によって引き起こされていた。つまり、自分の精神は小学校3年生で止まり、そこから全く成長していなかった。その「成長しなささ」はその後もずっと変わらず、28歳まで続いていた。


④大学3年生の時に受け始めたカウンセリングにおいて、安心して喋れる暖かい居場所を生まれて初めて知った。そして、自分の周りには幼い頃からこのような居場所は皆無だった。


⑤その後も学校生活において以下の事件が続き、全ての事件で自分は甚大な精神的ダメージを受ける事となった。その蓄積によって高校2年生の春に鬱を発症。


*高校入学時「歓迎会逃亡事件」
*高校1年生秋「暴言事件」
*高校2年生4月「寄せ書き事件」
*高校2年生4月「自己紹介事件」


当時の鬱の諸症状は以下の通り。


「高校時代の鬱の諸症状(2004年ver)」


*食欲消失

*日曜夜の激しい喘息

*背中の慢性的な疲労

*慢性的な眠気

*高校生活中のめまい


⑥全ての事件の元凶は、小学校3年生の時の「家庭環境の急激な悪化」にあった。この事件の問題点は以下の4つ。



❶家庭環境が戦争状態に陥った事で、両親が幼い自分をますます放置。これにより自分は家庭内においてかなりの不安感に怯える事となった。言うなればそれは「自分という存在が立っている地面がいつ崩落するか分からない不安感」。これによって自分は「自分に対する自信」を大きく失っていった。この精神的ダメージによって持病の喘息も急激に悪化。小学校に通えなくなり、半不登校児のような状態に陥ってしまった。



❷この事件によって当時の自分はますます家の中で自己表現をしなくなっていった。また、両親の方もますます自分に興味を向けなくなっていった。当時の自分はそんな両親に対して何の愛情も信頼も感じておらず、ただただ親に対して諦め切っていたし、冷め切っていた。故に両親に対する興味など一切無し。これによって、自分と両親はお互いの人生を全く共有しないまま、時が流れる事となった。



❸この事件によって自分の中にある「承認欲求」が飢餓状態に陥った。「飢餓状態の承認欲求」を簡潔に言い換えると「極度の寂しさ」。この「極度の寂しさ」が、その後様々な事件を引き起こしていった。


❹「極度の寂しさ」によって、小学校6年生の時に「A先生怒鳴られ事件」が発生。当時の自分はこの事件により甚大な精神的ダメージを受けたのだが、その事を両親に喋る気になどさらさら無かった。自分と両親は日々の出来事や感情を全く共有していなかったので、そんな両親に対して重大事件を喋る気になるはずがない。また、それ以外にも自分の周りには信頼出来る人間関係が皆無だったので、自分はこの事件を何一つ言語化出来なかった。これによって、この事件の精神的ショックはいつまで経っても何一つ消化されなかった。同時に事件をいつまで経っても客観視出来なかったので、この事件から反省や学びを得ることもできない。よってその後も「極度の寂しさ」が何度も何度も事件を引き起こし、そのたびに自分は「自分に対する自信」を大きく失っていった。その結果高校時代に鬱を発症。



(ただし上記の4つの考察は2022年の自分が書き上げたものであり、2004年の自分の考察は上記の考察より50%くらい浅い。とは言っても「骨組み」と「流れ」と「結論」は、上記の考察と全く一緒。)


⑦当時の自分も自分の高校時代が酷く虚しく悲しいものになっている事は認識していた。高校時代の自分はクラスや吹奏楽部において完全に「透明人間化」。女の子とのコミュニケーションどころか、大人しめな同性とのコミュニケーションすら絶望的になっていた。よってそんな自分を変える為に大学では空手部に入る事を決意。


⑧人生に対する明るい希望や展望など何一つ無かったが、高校の女の子達に自分の存在をアピールしたいだけの一心で大学受験に集中。高校ではずっと透明人間だっただけにその気持ちはとても強く、結果志望大学に合格。



「記憶のサルベージの終盤戦で見つかった自分に関する5個の発見」


①小学校1、2年生の自分は、小学校3年生「以降」の自分と比べると、多少は明るい部分もある子供だった。男友達はいたし、女の子の友達もいた。しかし、そうは言ってもすでに鬱屈している部分もある子供だった。すでにこの頃には喘息は発症しており、そのせいで周りの友達と体を動かしては遊べなかった為、同年代の子供に対して冷めていたし、妙に上から目線でもあった。



②自分の最も古い記憶を言語化した所、それは3歳頃の記憶だった。その記憶の中で自分はわがままを言って母親に怒られてしまっていた。そして、当時の自分は血相変えて怒る母親を見て「あぁ、もうこの母親に自分の感情や欲求を伝えるのは一切辞めよう。」と決意。これによって自分は家庭内での感情表現を諦めてしまった。


③自分は高校時代に激しい喘息に苦しんでいたのだが、その発症には法則性があった。その法則性とは、当時の喘息の発症は必ず「日曜の夜」に起こっていた、という事。そして、高校時代の自分は「暴言事件」や「寄せ書き事件」によって高校生活に対して甚大なストレスを感じていた。故に日曜の夜が最も精神的に辛い夜だった。これはつまり、高校生活に対する甚大なストレスが、日曜夜に喘息を発症させていたとしか考えられない。つまり、当時の自分の喘息は「心因性」のものだだったと考えられる。



④高校時代の激しい喘息の原因が「心因性」のものだとすると、3歳の頃の喘息発症の原因もまた「心因性」と考えられた。何故なら3歳の頃の自分はとある事件によって親への自己表現を諦めてしまったおり、その事で親に甘えられない状態に陥ってしまっていたから。この「親へ甘えられない」状態がかなりの寂しさを生じさせ、それが喘息発症の引き金になったと考えられる。



さらに当時の自分にとって好都合だったのは、喘息を発症すると母親が心配してくれるという事。これは親に甘えられない自分にとってかなり嬉しい状況だったと考えられる。つまり、当時の自分にとって喘息とは苦しくて仕方がない病気であると共に、母親に甘えられる数少ないチャンスであった。当時の自分は喘息と共依存状態にあったと考えられる。


⑤自分は小学校3年生の時にも喘息を急激に悪化しているのだが、この時の原因も心因性と考えられる。何故ならその頃に我が家の家庭環境が急激に悪化し、子供の自分のメンタルも急激に悪化した事が明白だから。ただし、心因性と言っても、その苦しさは本物。自分は毎夜毎夜喘息の苦しさで一睡も出来ずに夜を過ごす事もしばしば。故に小学校を休みがちになり、半不登校児状態となってしまった。



自分は上記の22個の発見の果てに、


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」



という結論に辿り着いた、という事になります。素晴らしい。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村