鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「引きこもりになる」というリスクを取って大正解(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「記憶のサルベージによって「自分に対する自信」が一部大幅に回復④(過去編・2005年7月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が1年3ヶ月に及ぶ記憶のサルベージを終え、以下のような気持ちになった、という話でした。


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


「記憶のサルベージ」とは、自分が過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。自分は28歳の4月頃からこの行為を始めました。そして、28歳の9月頃にはバイトを辞め引きこもり状態に陥りました。そこから、自分は外出をほとんどせず、家族関係を始めとする全ての人間関係から孤立し、この記憶のサルベージに集中し続けました。そして、翌年の7月頃ようやく記憶のサルベージに終わりの気配が漂い始め、その頃に自分は上記の結論に達した、ということになります。



当時の自分は上記の結論に大満足していました。そして、これ以上なく納得もしていました。以前の記事にも書きましたが、この結論によって自分はある種の「自分に対する自信」を大幅に回復する事に成功したからです。故にこの頃の自分はこの1年3ヶ月の記憶のサルベージの話を誰かに聞いて欲しくてたまらない状態になっていました。そう、自分にとってこの結論は痛快極まりない結論だったのです。



記憶のサルベージを始める前の自分は、自分自が28歳にして社会から完全脱落してしまった理由についてこう思っていました。


「自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だから、だろう。」


ところが1年3ヶ月の記憶のサルベージを終えてみると、その思いは完全消失し、このような思いになっていたのです。


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


そう、1年3ヶ月の記憶のサルベージを経て、自分の考え方は180度真逆に変わってしまったのです。これにより自分はある種の「自分に対する自信」を大幅に回復させていました。これは当時の自分にとってかなり痛快な現象でした。当時の自分はこの結論にかなり満足していた記憶です。



また、この記憶のサルベージという作業は「トラウマの再体験」を意味しており、それが延々と1年3ヶ月間続く生活はさながら拷問のような生活でした。しかし、そこで導かれた結論は大満足な結論だったのです。拷問に耐えた甲斐があったというものです。



加えて、当時の自分は記憶のサルベージに専念する為に古本屋バイトを辞めた事で、完全に社会から脱落し、引きこもり状態に陥ってしまいました。大学を辞め、バイトを辞め、家族関係を始めとする全ての人間関係から孤立し、完全引きこもり状態で、記憶のサルベージ生活に突入したのです。頼れるものは何もありません。自分はこの記憶のサルベージがどうにもならなくなったら自殺する覚悟で臨んでいました。



そう、この経緯はある種の「賭け」でありました。全く先の見えない「記憶のサルベージ」と言う行為に、全ての社会生活と人間関係を捨て、全ベットしようと言うのですから。




この「記憶のサルベージ(言語化)」という行為は全く先が見えない行為でしたし、全く前例を聞いたことのない行為でした。部屋に引きこもって過去のトラウマをひたすらノートに書き続けた人の話を自分は聞いた事がありません。ですから、当時の自分はこの行為を始めてみたものの、この行為が自分に何をもたらすのか、どれくらいで終わるのか、全く先が見えない状態だったのです。これにはかなりの不安感がありました。



ところがそれから9ヶ月後、自分は大満足な結論に辿り着く事が出来たのです。自分は記憶のサルベージの為に全ての社会生活と人間関係を投げ捨てましたが、そのリスクに値するだけの大満足な結論を導き出す事が出来ました。「賭け」は成功しました。これは本当に嬉しい事でした。自分は生まれて初めて自分の意志で大きな賭けにチャレンジし、勝利を収める事が出来たのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村