鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

憎しみが深くなればなる程、断絶の克服には深いコミュニケーションが必要だが、実際には憎しみが深くなればなる程コミュニケーションは不可能になっていく(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が1年3ヶ月の記憶のサルベージ(言語化)の果てに念願の結論に辿り着き、大満足だった、という話でした。その結論とは、


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


です。この「記憶のサルベージ」とは、自分が過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。自分は28歳の4月頃からこの行為を始めました。そして、28歳の9月頃にはバイトを辞め引きこもり状態に陥りました。そこから、自分は外出をほとんどせず、家族関係を始めとする全ての人間関係から孤立し、この記憶のサルベージに集中し続けました。そして、29歳の7月頃ようやく記憶のサルベージに終わりの気配が漂い始め、その頃に自分は上記の結論に達した、ということになります。



自分はこの結論を導き出せて本当に大満足でした。これにより、当時の自分は「自分に対する自信」の一部を大幅に回復させる事に成功したのです。これは本当に嬉しい事でした。自分は記憶のサルベージによって、28年間の自分の人生に何が起こっていたのかを全て把握しました。そしてそれぞれの出来事が後の自分にどう影響したのかという「因果関係」も把握がする事が出来ました。それによって上記の結論を導く事が出来、それによって「自分に対する自信」の一部を大幅に回復させる事にも成功していました。ホント大満足な結果だったと思います。



ただし、当時の自分は気付いていませんでしたが、この記憶のサルベージによって全く回復出来なかったものもありました。それは以下の2つです。


・鬱の諸症状


・家族に対する「殺したい」程の憎しみ


この2つに関してはほとんど回復しませんでしたね。ではここで、「引きこもり中の鬱の諸症状」を振り返ってみたいと思います。以前の記事でまとめたものを引用します。



「引きこもり時期の鬱の諸症状 短縮ver」


①被害妄想による寝付きの酷さ

②食欲消失

③酷過ぎる冷え性

④慢性的な背中の激痛と眠気

⑤自殺願望の悪化

⑥慢性的な口内炎

⑦散歩を30分しただけで翌日の体調がぶっ壊れる。

⑧サッカーの日本代表戦に感じる溢れ返る殺意

⑨「父親突入事件」絡みの精神的ダメージと被害妄想


(それぞれの症状の詳細は「 引きこもり期間中の9個の鬱の諸症状(過去編・2005年1月・29歳) 」)



そう、上記の諸症状は記憶のサルベージが成功したからと言って、回復する事はほとんどありませんでした。唯一回復したのは「②食欲消失」くらいです。記憶のサルベージを終えた自分は、カウンセリング代を稼ぐ為にパチンコで稼ぎ始めるのですが、パチンコで稼いだ後に食べる外食や中華料理がエラく美味しかった記憶があります。




そして、『家族に対する「殺したい」程の憎しみ』に関しても、記憶のサルベージ成功後も全く変わっていません。何故なら、この記憶のサルベージによって導かれた結論が、


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」



ですからね。これはつまり、自分の28年間の孤独と挫折の全ての原因は家庭環境にあったという結論です。これでは家族に対する憎しみが減る訳がありません。



そう、この記憶のサルベージという行為は、「自分が自分自身を知る」為に行っていた行為です。これによって自分は「自分自身の過去」を全て知る事が出来ました。一方、この行為において「家族」の事を知るには限界がありました。自分は記憶のサルベージにおいて、自分の記憶に残る家族の記憶は全て言語化しました。しかし、それはあくまで自分の脳内に残る家族の情報です。それ以上の広がりはありません。ですから、自分が記憶のサルベージを終えてもなお、家族に対する憎しみがそのまま残ったのは、家族それぞれの情報が圧倒的に不足していた事に起因していたと思います。



ただし、この時点で自分が家族とコミュニケーションを取り、家族それぞれの生い立ちやバックグラウンドを知る事などあり得ない状態でした。何故なら家族全員に対して「殺したい」程の憎しみを感じていたからです。そして、その後に起こる事になる引っ越し関連のゴタゴタにより、その感情は「殺しても殺し足りない」程の憎悪にまで膨れ上がりました。こうなると、ますますコミュニケーションは絶望的に無理な状態です。



ここら辺がコミュニケーションのホントに厄介な所だなぁと思います。憎しみを乗り越え、相互理解を図る為には、どうやってもコミュニケーションが必要です。しかし、憎しみが深くなればなるほどコミュニケーションを取る事が不可能になって行くのです。そう、憎しみが深くなればなる程その克服にはコミュニケーションが必要になってくるのですが、逆にそうなるとコミュニケーションはどんどん不可能になってしまう。う〜ん、厄介。



まぁその後自分はとことんまで精神的に追い詰められ、「自殺」か「親とのコミュニケーション」かまで追い込まれました。自分は地獄の底の底に叩きつけられ、ようやく「親とのコミュニケーション」を選択する事となったのです。それはここから2年後くらいの話になります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村