鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリングに再び通う事を思い付き、心が踊る(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 憎しみが深くなればなる程、断絶の克服には深いコミュニケーションが必要だが、実際には憎しみが深くなればなる程コミュニケーションは不可能になっていく(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、自分が1年3ヶ月の記憶のサルベージ(言語化)の果てに念願の結論に辿り着いた、という話でした。その結論とは、


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


です。「記憶のサルベージ」とは、自分が過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。当時の自分は28歳の4月頃からこの行為を始めました。そして、28歳の9月頃にはバイトを辞め引きこもり状態に陥りました。そこから、自分は外出をほとんどせず、家族関係を始めとする全ての人間関係から孤立し、この記憶のサルベージに集中し続けました。そして、29歳の7月頃ようやく記憶のサルベージに終わりの気配が漂い始め、その頃に自分は上記の結論に達した、ということになります。



当時の自分は上記の結論に辿り着く事が出来、ホントに大満足でした。自分はこの1年3ヶ月の間、被害妄想を始めとする、病的(×6倍)な鬱の諸症状に苦しみまくっていましたが、それが報われたような気もしました。「ホント記憶のサルベージ(言語化)に挑戦して良かった」、って感じでしたね。先の見えないトラウマとの戦いがようやく終わったのです。


さて、ここに来て自分はノートに書いてきた話を誰かに聞いて欲しくてたまらなくなってきました。そう、上記の結論とそれに辿り着くまでの22個の発見、これらを誰かに聞いて欲しくてたまらなくなってきたのです。何せそれら22個の発見は、自分にとっては1つ1つが目から鱗の大発見であり、知的興奮を伴うものでした。ですからこの22個の大発見とそれによって導かれた素晴らしい結論、これらを誰かに聞いて貰いたい衝動に駆られ始めたのです。



そこで自分は思いました。「久しぶりにカウンセリングに行ってみよう!!」、と。自分が2つ目の大学を辞めたのは、2005年の4月ですが、それ以降カウンセリングには全く通っていませんでした。そう、自分がすでにカウンセリングを受けなくなってから1年3ヶ月が過ぎていたのです。自分は2つ目の大学でカウンセラーのH先生に4年間お世話になっていましたが、2つ目の大学を辞めて以降H先生とは一度もコンタクトを取っていませんでした。



そこで、自分はこのH先生に1年3ヶ月間の話を聞いて貰いたくてたまらなくなってきたのです。そう、自分は記憶のサルベージの話をH先生に聞いて貰いたくてたまらなくなっていました。H先生ならこれまでの経緯を全て知ってくれていますから、余計な説明は必要ありません。行けばすぐに1年3ヶ月前の続きから喋る事が出来ます。



当時の自分はこのアイデアを思い付き、心が踊った記憶です。自分にはH先生のカウンセリングが絶対必要な事のように感じられたのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村