鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

来るべきカウンセリング&パチンコ生活が楽しみで仕方ない(過去編・2005年7月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 カウンセリングに再び通う事を思い付き、心が踊る(過去編・2005年7月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が記憶のサルベージが終わる気配を感じ、カウンセリングに行く事を思い付いた、という話でした。「記憶のサルベージ」とは、過去の記憶をひたすらノートに書いていく行為を指しています。自分は28歳の4月頃からこの行為を始めまして、28歳の9月頃にはバイトを辞め引きこもり状態に陥りました。そこから、自分は外出をほとんどせず、家族関係を始めとする全ての人間関係から孤立し、この記憶のサルベージに全ての時間を投下し続けました。



そして、29歳の7月頃ようやく記憶のサルベージに終わりの気配が漂い始めたのです。もはやノートを開いて過去の記憶を書こうとしても、まだ言語化していない記憶がなかなか思い出せなくなってきていました。加えて、自分は1年3ヶ月に及ぶ記憶のサルベージによって、大納得で大満足な一つの結論に辿り着いていました。



すると、自分はカウンセリングに行きたくなってきたのです。そう、自分はこの記憶のサルベージで辿り着いた大納得で大満足な結論をカウンセリングで喋りたくて仕方なくなってきたのです。加えて、その結論を導いてくれた自分に関する22個の大発見についても、カウンセリングで喋りたくてたまりませんでした。



そこで自分は2つ目の大学で4〜5年間お世話になったカウンセラーのH先生を訪ねる事にしました。H先生は2つ目の大学を辞めるまでの経緯をすでに分かってくれていますから、余計な説明をする必要はありません。自分はこのアイデアを思い付き、かなり心が躍った記憶です。記憶のサルベージ終了後の自分の生きる方向性が決まった、って感じでしたね。



さらに当時の自分は考えました。自分はすでに2つ目の大学を辞めていますから、もはや大学内で無料でカウンセリングを受ける事は出来ません。H先生のカウンセリングを受ける為には街中のカウンセリングに通わねばなりません。そうなると、先立つものが必要です。そう、街中でカウンセリングを受けると1時間1万円かかるのです。そして、当時の自分の手元には70万円程あったように思います。このお金でしばらくはカウンセリングを受けれますが、それ以外にも交通費や生活費が必要ですから、それを考えると心もとありません。



そこで自分は再びパチンコで稼ぐ事を思い付いたのです。当時の自分は相変わらず病的(×6倍)な鬱の諸症状に苦しんでいましたから、この身体でバイトは到底無理なように思えました。また被害妄想も病的(×6倍)なままですから、バイトでの対人関係も全く自信がありません。しかし、パチンコで稼ぐなら対人関係は全くありません。また、パチンコで稼ぐなら自分のペースで稼げますから、鬱の諸症状の苦しさもなんとか我慢できるような気がしました。



なにより、自分はパチンコで稼ぐ事に対して自信を持っていました。パチンコ雑誌を読む中で確率論と期待値論を独学で身に付けていたからです。それによって自分はそれまでの人生においてトータルで120万程勝てていました。自分の人生は何もかもが挫折と孤独に塗れていましたが、唯一パチンコの技能だけは誇れるものでありました。



ですから、ここに来てパチンコで稼ぐ事は自分にとって唯一無二の選択肢となっていました。パチンコで稼げば月30万円くらいの稼ぎは固いですし、それによって自分の自尊心も大いに満たされます。そして、そのお金でカウンセリングや生活費を賄えるのですから、一石三鳥とはこの事です。今後のカウンセリング&パチンコ生活の事を考えると、自分の心はかなり躍っていた記憶です。



そう、自分はこの1年間部屋に引きこもってひたすらトラウマと向き合う生活をして来ましたが、それがようやく幕を閉じようとしていました。この生活が終わるだけでも嬉しいのに、さらに次に待っている生活は「カウンセリング&パチンコ生活」ですからね。カウンセリングもパチンコも自分が心の底から望んでいるものでしたから、来るべき新生活を想像すると、心がかなり躍るのは無理もない話でした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村