鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

29年間の人生全てが両親によって「搾取」されたような感覚(過去編・2005年11月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「父親から引っ越しの話を聞き、憎悪の嵐が吹き荒れる②(過去編・2005年11月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、2005年の11月のある日、自分が自分の部屋にいますと、うちの父親が扉越しに喋りかけてきた、という話でした。当時の自分は29歳です。1年間の引きこもり生活を経て、カウンセリング&パチンコ生活を始めた所でした。そして、当時の自分は家族3人に対して「殺したい」程の憎しみを感じており、この1年間家族との交流は皆無でした。(自分が憎しみを募らせていく経緯は、このブログのトップ記事「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)



ここから先は前回の記事をそのまま引用したいと思います。前回の記事をお読みの方はスルーして下さい。


『前回記事からの引用』


そんな折に、父親はドア越しに「もしかしたらこの先引っ越しをするかもしれないから、考えておいてくれ。」と言ってきたのです。これにより自分の心の中では憎しみの嵐が発生し、頭の中が真っ白になりました。自分の頭の中には何の言葉も思い浮かびまません。自分が父親からの喋りかけを無視し続けていると、父親は去っていったのでした。



その後自分の頭の中では凄まじい憎しみの嵐が吹き荒れました。その凄まじい憎しみの内容ですが、そもそもまず自分は父親が自分に対して喋りかけてきた言葉自体が許せなかったのです。何故なら当時の自分は父親に対して『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみを感じていました。そう、自分は2年前に尿管結石を発症し、その際父親から血も凍るような暴言を受けたのです。そしてその1年半後くらいに起きた「父親突入事件」の恨みも忘れるはずがありません。(それぞれの事件の概要は、こちら)




さらに父親は「引っ越し」というこれまで聞いた事が無い話を突然言い出してきたのです。当時の自分はこれに関してもただただ凄まじい憎悪しか感じませんでした。まず自分と両親とはそれまで1年以上全くコミュニケーションを取っていない状態だったのです。そんな状態で急に「引っ越し」という一大イベントをなんと前触れもなく言い出してきた事に対する憎しみがありました。



そして、当時の自分の心の中には、引っ越しをしたい気持ちなど1㎜もありませんでした。この時の自分は1年間に渡る引きこもり状態をようやく脱し、新生活がようやく軌道に乗った所だったのです。望まない引っ越しをする余裕などあるはずがありません。



そう、当時の自分の心身は「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていました。自分の29年間の人生はどこに行っても人間関係を作れない人生でしたから、ただひたすらに鬱が悪化して行くだけの人生だったのです。その結果、心身はぶっ壊れまくっていました。(当時の鬱の諸症状はこちらです。)



そして、このカウンセリング&パチンコ屋は自分にとって生まれて初めての希望とやる気に満ち溢れた生活でした。人生29年目にして、ようやく「自分の意志」で自分の人生を歩み始めていたのです。しかし、そんな気持ちとは裏腹に先程書きましたように、当時の自分はこの生活にかなりの心身の苦痛も感じていたのです。ですから、自分は本当に心身がギリギリな状態でこの生活を送っていました。そんな自分に全く望まない引っ越しをする余裕があるはずがありません。


『引用終わり』


なるほど〜。そう、引っ越しをするとなると、引っ越し先でパチンコ店を1から開拓しなければなりません。望まない引っ越しをやらされた挙句、そこに時間やエネルギーを割かなければならない事も、本当にただただ憎悪でしかありませんでした。



自分はこの引っ越しに関してただただ凄まじい憎悪の嵐しか感じませんでした。その大きな理由として、「両親が言い出した全く望まない引っ越しによって、自分の時間やエネルギーを大きく割かれてしまう」という事がありました。これが本当にムカついてムカついて仕方がなかったのです。何故なら自分はそれまでの1年間引きこもり続け、自分の過去の記憶をひたすらノートに書き続けていました。それは以下の謎を解きたかったからです。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


そして、1年(+4ヶ月)に渡る記憶のサルベージ(言語化)の結果、このような答えを手にしていました。


「小学校3年生以降、家庭環境が戦争状態に陥っていたから」


そう、自分はこの答えを得た事で、自分の29年間の人生が家庭環境によって滅茶苦茶に壊されてしまった事を理解しました。つまり、29年間に渡る貴重過ぎる時間と、そこに費やした膨大なエネルギーが、家庭環境が原因で全てドブに捨てられてしまっていたのです。いわば自分の29年間の人生全てが両親によって「搾取」されてしまったような感覚です。



この気付きによって自分が両親に対して感じていた憎しみが改善するはずがありません。自分は記憶のサルベージを始める以前から両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたが、1年4ヶ月の記憶のサルベージを経て、それはさらに悪化した感がありました。(憎しみを募らせていく経緯は、このブログのトップ記事「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)



ですから、当時の自分は引っ越しの話を聞いた際、凄まじい憎しみの嵐に巻き込まれたのです。何故ならそれまでの29年間、自分の人生全てが両親に搾取されていた事が明らかになっていたからです。その上「引っ越し」によって、さらに時間とエネルギーが両親に搾取されようとしていました。これは「引っ越しに付いていく場合」でも「一人暮らしする場合」でも一緒です。自分はこれまでの人生全てを両親に搾取された上に、さらに引っ越しによって時間とエネルギーを搾取されようとしている事が本当に我慢出来なかったのです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



不定期おまけコーナー:最近メルカリで買ったスタジャン♪

スタジャンのワッペンの色とスニーカーの色が合っている所がお気に入り
f:id:sarvage99:20220402154705j:plain
f:id:sarvage99:20220402154702j:plain


(このブログ最上部の「カテゴリー:不定期おまけコーナー」でこれまでの服の画像が見れますので、よろしければ見て下さい♪)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村