鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

母親に対して「殺したい」程の憎しみを感じているのだが、コミュニケーションを取らざるを得ない②(過去編・2005年11月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 母親に対して「殺したい」程の憎しみを感じているのだが、コミュニケーションを取らざるを得ない状況に追い込まれる(過去編・2005年11月・29歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の時の自分が、母親とコミュニケーションを取る事を決意した、という話でした。当時の自分は、両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたから、本来なら両親とのコミュニケーションはあり得ない状態でした。(自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事、 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」をお読み下さい。)



しかし、ある日自分は父親から今後我が家が引っ越しの可能性がある事を聞かされてしまいました。(当時自分は実家暮らしです。)これにより自分は両親(母親)とコミュニケーションを取る必要性が生じてしまったのです。その必要性は以下の2つから構成されていました。前回の記事からまとめてみます。



①引っ越しに対する両親の本気度を確かめたい。以前にも引っ越しの話が出ては消える事が何度かあったので、今回の話も立ち消えになる可能性がある。自分としては当然立ち消えになる可能性に賭けていた。



②自分の立場を表明せねばならない。その立場とは「引っ越しに対して絶対反対」。これを表明する事で両親が引っ越しに対して後ろ向きになる可能性もある。



このように当時の自分は、両親(母親)とコミュニケーションを取る必要性に迫られていました。ただ、先程も書いた通り、当時の自分は両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていました。本来ならコミュニケーションなどあり得ない精神状態です。しかし、引っ越しの話が出て来てしまった以上、その憎しみは一旦横に置いて、母親に引っ越しの話を聞かねばなりません。自分は絶望的に嫌でしたが、母親と2年ぶりにコミュニケーションを取る事にしたのでした。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村