鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

母親とコミュニケーションを取るも、憎悪の炎が爆発(過去編・2005年11月・29歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 母親に対して「殺したい」程の憎しみを感じているのだが、コミュニケーションを取らざるを得ない②(過去編・2005年11月・29歳)」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、29歳の時の自分が、母親とコミュニケーションを取る事を決意した、という話でした。当時の自分は、両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていましたから、本来なら両親とのコミュニケーションなどあり得ない状態でした。(自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」をお読み下さい。)



しかし、両親から引っ越しの話が出て来た事で、自分は両親とコミュニケーションを取らざるを得ない状況に追い込まれてしまいました。(当時の自分は実家暮らし)その理由は以下の2つになります。前回の記事からまとめてみます。



①引っ越しに対する両親の本気度を確かめたい。以前にも引っ越しの話が出ては消える事が何度かあったので、今回の話も立ち消えになる可能性がある。自分としては立ち消えになる可能性に賭けたかった。



②自分の立場を表明せねばならない。その立場とは「引っ越しに対して絶対反対」。これを表明する事で両親が引っ越しに対して後ろ向きになる可能性に賭けたかった。




上記の理由によって、自分は両親(母親)とコミュニケーションを取らざるを得なくなってしまいました。そして、自分が引っ越しに対して反対の理由は以下の5つになります。以前まとめたものになります。



「父親に引っ越しの話を言われた際の憎しみの5つの要因」


①そもそも父親が自分に喋りかけてくる事自体が許せない。当時の自分は家族全員に対して「殺したい」程の憎しみを感じており、特に父親に対してはそれ以上の憎しみを感じていた。2年前の「尿管結石事件」の際、父親から発せられた血も凍る暴言と、半年前の「父親突入事件」。この2つを忘れられるはずがない。(それぞれの事件の概要は、こちら)


②自分と両親とはこの1年間全くコミュニケーションが無い状態が続いていた。そんな状態で両親が急に「引っ越し」という一大イベントを言い出してきたことが許せない。そもそも、自分には「引っ越しをしたい」という気持ちが1㎜もない。


③もし引っ越しをするとなると、「引っ越しについて行く」にしろ「一人暮らしする」にしろ、家族とのコミュニケーションは避けられない。家族とコミュニケーションを取らざるを得ない状況を強制的に作り出された事に対する凄まじい憎しみ。


④ もし引っ越しをするとなると、「引っ越しについて行く」にしろ「一人暮らしする」にしろ、そこに自分の時間やエネルギーを割かなければならなくなる。その事に対する凄まじい憎しみ。何故なら、当時の自分はそれまでの29年間の人生を、両親によって全て搾取されたような感覚を持つに至っていた。よって、両親に人生を搾取された上に、さらに引っ越しで時間とエネルギーを搾取されそうな事が気が狂いそうな程の憎悪を発生させていた。


⑤当時の自分の心身は長年の孤独によって、「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていた。「被害妄想」は病的(×3倍)に悪化していたし、日々の心身の辛さも半端ではなかった。(当時の鬱の諸症状はこちら)当時の自分はカウンセリング&パチンコ生活をしていたが、それは心身ともにギリギリな状態でなんとか日々を過ごしている状態。こんな状態で「望まない引っ越し」や「一人暮らし」をするエネルギーがあるはずもなく、それに対する凄まじい憎しみも発生していた。



父親から引っ越しの話を聞いてから2週間くらい経った頃でしょうか。自分は意を決して、母親に引っ越しの話をしに行きました。



自分が母親とコミュニケーションを取るのは2年ぶりくらいだったと思います。自分は母親と話をする為にダイニングに向かいました。しかし、この時点ですでに気が狂いそうな憎悪に襲われていた記憶です。何度も書いていますが、当時の自分は両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていました。本来なら親とのコミュニケーションなどあり得ない精神状態です。



ですから、当時の自分からしてみると、両親が言い出した引っ越しのせいで、こうやって母親とコミュニケーションを取らざるを得ない状態に陥った事、この状況自体が気が狂いそうな程許せなかったのです。ですから、ダイニングに向かう自分の頭の中は憎悪で溢れていた記憶です。



自分がダイニングに着くとそこには母親がいました。母親は家事をしていたような記憶です。自分はこれ以上なく不機嫌そうな声で「引っ越しするって親父から聞いたんだけど???」と聞きました。不機嫌どころか、かなりの憎しみを込めた声でしたね。地獄の底から響いてくるような声です。そこには「引っ越しには絶対反対だ」という感情もこもっていました。




すると母親は平然と「すると思う」と答えました。そして、「もう私達も引っ越しをしないと(精神的に)限界だから」的な事も言った記憶です。自分はその言葉に母親の引っ越しに対する本気を感じかなりショックを受けた記憶です。母親のこの言葉により、今後の引っ越しの実現確率が20%から70%くらいまで一気に上がった感じでした。自分の心はさらなる絶望に叩きのめされ、同時に、心の中の憎悪の炎が爆発しました。もはや自分の頭の中は憎しみに支配され、思考能力はほとんど吹っ飛んでいた記憶です。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村