鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

家には絶対帰りたくないが、一人でホテルに泊まるのも激烈に不安〜東○荘事件12(過去編・2006年3月・30歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 ここまでの事件の経緯をフローチャートにまとめてみる〜東○荘事件11(過去編・2006年3月・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が父親と取っ組み合いの喧嘩をした後の話でした。当時の自分は29歳です。この頃の自分は実家暮らしだったのですが、両親が引っ越しを言い出した事に『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみを感じ始めていました。そして、ある日自分が外出する為に玄関に向かった所、父親が激昂して掴みかかって来たのでした。この事件のこの後の経緯は以下のフローチャートにまとめてあります。前回の記事でまとめた項目を付け加えてあります。



『東○荘事件の前フリとフローチャート


前提として、当時の自分は家族に対して『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎悪を感じていた。理由は「両親が引っ越しを言い出したから」その憎悪を構成する5つの理由は以下の通り。



「引っ越しに対する凄まじい憎悪と絶望感、その5つの理由」(前提として当時の自分は実家暮らし)



①そもそも当時の自分は両親に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。(自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」参照。) よって自分と両親とはこの1年以上全くコミュニケーションが無い状態が続いていた。そんな状態で両親が急に「引っ越し」という一大イベントを言い出してきたことが許せない。自分には「引っ越しをしたい」という気持ちが1㎜もない。



②もし引っ越しをするとなると、「引っ越しについて行く」にしろ「一人暮らしする」にしろ、家族とのコミュニケーションは避けられない。そして、当時の自分は家族に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた。よって、家族とコミュニケーションを取らざるを得ない状況を強制的に作り出された事に対する凄まじい憎しみ。




③もし引っ越しをするとなると、「引っ越しについて行く」にしろ「一人暮らしする」にしろ、そこに自分の時間やエネルギーを割かなければならなくなる。その事に対する凄まじい憎しみ。何故なら、当時の自分はそれまでの29年間の人生を、両親によって全て搾取されたような感覚を持つに至っていた。よって、両親に人生を搾取された上に、さらに引っ越しで時間とエネルギーを搾取されそうな事が気が狂いそうな程の憎悪を発生させていた。




④当時の自分の心身は長年の孤独によって、「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていた。「被害妄想」は病的(×6倍)に悪化していたし、日々の心身の辛さも半端ではなかった。(当時の鬱の諸症状はこちら)当時の自分はカウンセリング&パチンコ生活をしていたが、それは心身ともにギリギリな状態でなんとか日々を過ごしている状態。こんな状態で「望まない引っ越し」や「望まない一人暮らし」をするエネルギーがあるはずもなく、それに対する凄まじい不安と憎しみも発生していた。



⑤当時の自分は1年間の引きこもり生活を終え、ようやく外の世界に出れるようになっていた。そこで新しく始まった生活は、週1回カウンセリングを受け、そのカウンセリング代と生活費を稼ぐ為に週4〜5回パチンコで稼ぐ生活。この生活は「鬱の廃人」状態に陥っていた自分にとってかなりの心身の苦痛を伴うものだったが、一方でそれ以上のやり甲斐と希望もこの生活に感じていた。それは自分が29歳にしてようやく掴んだ自分らしい日々だった。しかし、両親が引っ越しを言い出した事で、この明るい日々はたった2ヶ月で終わってしまった。自分は引っ越しがもたらす凄まじい憎しみと絶望と不安と悲しみに打ちひしがれ、再び人生の先行きが全く見えない状態に陥ってしまった。これによる、恨みも凄まじいものがあった。



『東○荘事件のフローチャート



2006年3月のある日、30歳の自分はいつものように暴力衝動を自分の部屋の壁に思い切りぶつけた。そして、カウンセリングに行こうと外出しようとした所、玄関で父親が激昂して掴みかかってきた。そもそも自分は両親に対して『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎しみを感じていた為、この父親の激昂に対してすぐに激しい憎しみの炎が爆発。「ふざけんな!!!」と父親の腕を掴み返し、揉み合いになった。



自分はそれまでの2年間全く家族とコミュニケーションを取っていなかった。何故なら喋るどころか、すれ違うだけでも反吐が出る為。しかし、この時の自分にはアドレナリンが出まくっていた為、これまで溜まりに溜まった鬱憤が吐き出された。例えば


「お前らのせいで俺の人生滅茶苦茶だ!!!」


「ガキがガキ作ってんじゃねぇよ!!!」



自分と父親が玄関で掴み合いをして怒鳴り合っているとそこに母親と妹も現れた。しかし、妹は父親の加勢をして来たし、母親も状態にはげしい敵意を剥き出しにしている。自分はこの場が1vs3の場である事を悟った。これにより自分の心の中にはさらに激しい孤立感と激しい高揚感が発生。



自分は自分に対して激しい敵意を向けている母親に対しても凄まじい憎しみを感じていた。そこで自分は父親と揉み合いながらも、母親に自分の顔を突き出し、

「なんだ!!お前も俺の事が憎いのか、憎いのなら俺の顔を殴ってみろよ!!!」


と煽った。これはどういう事かと言うと、うちの母親は元来大人しい性格の人なので、自分の事を殴れず、困惑するのではないかと思ったから。ところが意に反して母親は自分の頬を殴ってきた。これは完全に自分の見込み違い。これにより自分の心の中にさらに激しい孤立感と高揚感が発生。



自分はさらに母親に対して激しい憎しみを感じ、何か母親に攻撃したいと感じた。そこで玄関のドアを開け、「助けて!!殺される!!!」と大声で叫んだ。この言葉には2つの意味があった。1つ目はこれは本当の気持ちだった。自分は両親が言い出した引っ越しの話によって、心身共にギリギリの所に追い詰められていたし、さらに今現在このような孤立無縁の修羅場を迎えている。


2つ目は母親に対する激しい嫌がらせの気持ち。うちの母親はこの家に引っ越して来て15年間近所付き合いが全く上手くいっていなかった。孤立していた。そこで自分が近所に物騒な言葉を叫ぶ事で母親の顔に泥を塗ってやろうという思いがあった。



自分と父親の掴み合いの喧嘩は続くも、母親も妹もその仲介には入ってこない。よってこの場がいつまで収拾しなかった。しかし、喧嘩が始まってから10分くらいたった頃、とうとう母親が交番に電話し、警官が我が家に到着。警官が自分と父親をなだめてきた。すると父親はここで急にしおらしくなり、「すみません。自分が悪いんです。」と警官に謝罪。これに対して自分は、「何カッコつけてやがんだ!!父親らしい事など何一つしてこなかった癖に!!!」とさらに激昂。その後警官が外出するよう促してきたので、自分はその場を後にした。



家を後にした自分はカウンセリングセンターに向かった。そして、カウンセリングセンターに着くと、先程の喧嘩の件りを興奮気味に喋った。あっという間に1時間は過ぎ、まだまだ喋り足りなかったのだが、カウンセリングセンターを後にした。



カウンセリングが終わると、近くの繁華街をあてもなく彷徨う事になった。何故なら自分は自分がこれからどこに行けば良いのか分からない状態に陥っていた。この時の自分の心の中は以下の3つの激烈な感情に支配されていた。


・家族3人に対する「殺しても殺し足りない」程の憎悪


・「もし家に帰ったら、自分は家族に殺されてしまうかもしらない。」という病的(×6倍)な被害妄想


・家には絶対帰りたくない


これらの感情がぐちゃぐちゃのぐちゃぐちゃに絡み合っていたので、これから先の行動が決められなかった。



30分程繁華街を彷徨っていると、このカオス過ぎる感情を誰かに聞いて貰いたいという思いが出てきた。そこで、元バイト先の仕事仲間に話を聞いて貰おうと、地元に戻る事を決意。



地元に戻り、元バイト先の古本屋を訪ねる。するとそこには元仕事仲間のI君が働いており、彼に今日の喧嘩の顛末を聞いて貰う。その後、元仕事仲間の先輩Wさんもお店に来たので、彼にも喧嘩の顛末を聞いて貰う。



フローチャート終わり』




よくまとまりました。今回の記事はこのフローチャートの続きになります。古本屋で話を聞いて貰った後の話です。自分は元仕事仲間の2人に話を聞いて貰った後、古本屋を後にしました。時刻は夜9時頃だったと思います。 2人に話を聞いて貰い、自分の心は多少気が晴れた部分がありましたが、上記の3つの激烈な感情はほとんど収まっていなかった記憶です。



ここで自分は決断を迫られました。「家に帰るかどうか」の決断です。しかし、この決断はかなり苦しかった記憶です。まず上記の激烈な感情の中に書いてありますように、自分は「家には絶対帰りたくない」と思っていました。この気持ちは仕事仲間と喋った後も全く変わっていません。



しかし、一方で自分は病的(×6倍)な被害妄想にも苦しんでいました。自分は長年の挫折の連続により「自分に対する自信」を喪失し続けました。これによって「被害妄想」がどんどん酷くなっていったのです。自分はどこで何に対しても病的(×6倍)な不安感を感じるようになっていました。ではこの時の自分が何に対して不安を感じていたのかと言いますと、「ホテルに泊まる事」です。そう、家に帰らないとなると、どこかに泊まらねばなりません。そして、この時の自分には「ホテルに泊まる」という選択肢しかありませんでした。



ところが自分はそれまでの人生で一人でホテルに泊まった事がありませんでした。さらにこの時の自分は心身共に疲労困憊状態です。特に精神状態は上記の①〜③にありますように、極めて不安定です。このように心身が超非日常に陥った状態で、これまで一人で利用した事のないホテルに泊まるのは、とてつもない不安感がありました。



また、当時の自分は冷え性が酷かったですから、冬に眠る時にはかなり布団を重ねなければ眠れなくなっていました。布団を6〜7枚重ね、その上にさらに服を10枚くらい乗せると、ようやく身体が布団の重さを感じてくれ、それでなんとか寝付けてたのです。ですから、自分が普段使う布団の周りには、着なくなったダウンジャケットやパーカーがうず高く積まれていました。このような自分好みの布団調整はホテルに泊まるとなると難しいと思われました。これも自分にとっては不安な所でした。



ですから、この時の自分は、以下の2つの気持ちに引き裂かれていた、という事になります。


・家には絶対帰りたくない


・ホテルに泊まる事への激烈な不安感。



今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村