鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。skipper1242でツイッターもやってます。

意識が覚醒しているのに、まぶたや身体が重くてベッドから全く動けない②(過去編・2006年6月・30歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 意識が覚醒しているのに、まぶたや身体が重くてベッドから全く動けない(過去編・2006年6月・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が 「引っ越し及び東○荘事件」によって、極度の虚脱状態と放心状態に陥った、という話でした。自分が30歳の時の話になります。自分は当時実家に住んでいたのですが、両親が引っ越しを言い出した事により、致命的な憎悪と被害妄想の嵐に巻き込まれる事となりました。ではここで 「引っ越し及び東○荘事件」の経緯をフローチャートで示したいと思います。




「引っ越し及び東○荘事件の経緯(2005年10月〜2006年6月・30歳)」


そもそも当時の自分は、引っ越し「以前」から「鬱の廃人」×2倍状態に陥っていた。引っ越し「以前」、自分は1年間部屋に引きこもり続け、過去のトラウマをひたすらノートに書いていた。この時点で自分の心の中の家族に対する憎悪は『「殺したい」程の憎しみ』以上の憎悪になっていた。また、「被害妄想」も病的(×6倍)に酷くなっていた。


(引きこもり時期の9個の鬱の諸症状はこちら)

(自分が鬱を悪化させていく経緯は、このブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」参照)


(マイナス132)



自分は1年間かけて引きこもり状態をようやく脱し、カウンセリング&パチンコ生活を送り始めた。しかし、その2ヶ月後に両親が引っ越しを言い出し、それが原因で自分の精神は凄まじい憎悪と被害妄想の嵐に巻き込まれる事となった。(その憎悪と被害妄想の内訳①〜⑥はこちら) (マイナス132→132)



そして、自分は暴力衝動をコントロール出来なくなり、家の中でモノに激しく当たるようになった。そんな状態が半年間続いた結果、「東○荘事件」が発生。(2006年3月頃・30歳)(東○荘事件の簡易的な経緯はこちら、詳細な経緯はこちら)この事件により、自分の心の中には以下の2つの致命的な精神的ダメージが加わった。


❶家族3人に対する「殺しても殺し足りない」程の憎悪 (自分が両親に対して憎しみを募らせていく過程はこのブログのトップ記事 「人生年表&鬱悪化のフローチャート 」をお読み下さい。)


❷ 「もしベッドに入り寝てしまったら、その無防備な所を家族に襲われ、殺されてしまうかもしれない」という病的(×12倍)な被害妄想(詳細はこちら


(マイナス132→132)


さらに東○荘事件後、両親が引っ越しの決行を決めた事で、自分は以下の精神的ダメージも受ける事となった。


・東○荘事件の後、両親が引っ越しの決行を決めた事による、過去に例を見ない程の挫折感と虚無感。

(マイナス132→132)


つまり、自分は今回の引っ越し及び東○荘事件によって、上記①〜⑥+❶❷+1の9個の致命的な精神的ダメージを受けた、ということになる。この時の自分が受けた精神的ダメージ量は「中指の拷問」一回分を余裕で超える。(中指の拷問の詳細はこちら。) (マイナス132→132)



このように自分は引っ越し及び東○荘事件により、9個の致命的な精神的苦痛を受ける事となった。その後自分は断腸の思いで引っ越しについて行く事を決断したのだが、その準備の最中に、その余りの精神的苦痛で自分の正気が失われ、「自殺」すら出来なくなる事態を恐れた。そこで自分は自分の部屋に「首吊り装置」を設置し、自分が正気を失いそうになったら、これを使ってこの世から離脱する事を決意。この「首吊り装置」は自分にとっては「最終安全装置」の意味があった。(マイナス132→132)



その後自分はこの「最終安全装置」を唯一の心の支えにして、引っ越し準備を進めた。そう、家族に対する「殺しても殺し足りない」程の憎悪を必死に抑えて、引っ越し準備を進めたのだった。そして、とうとう引っ越し当日を迎え、その後引っ越し作業はほぼ完了。(引っ越し当日の経緯はこちら)これにより自分の心の中にはかなりの安堵感と達成感が発生した。「首吊り装置」を使わずに済んだのだから、かなりの安堵感が発生するのは当然の流れだった。(マイナス132→132)



一方で引っ越し後の自分は極度の虚脱状態と放心状態にも陥った。何故なら、引っ越し及び東○荘事件によって自分は上記9個(①〜⑥+❶❷+1)の致命的な精神的ダメージを受ける事となったから。これにより、自分の鬱はさらに2倍悪化。自分は引っ越しの前から「鬱の廃人」×2倍状態にあったのだが、これがさらに2倍に悪化。つまり、「鬱の廃人」×4倍状態に突入したのであった。



そして、「引っ越し及び東○荘事件」の経緯を端的にまとめるとこうなる。


引っ越し「以前」の状態


「鬱の廃人」×2倍状態
= 引きこもり時期の9個の鬱の諸症状
=メンタル数値「132」



↓ 引っ越し及び東○荘事件による9個の(①〜↓⑥+❶❷+1)の致命的な精神的ダメージにより↓鬱がさらに2倍悪化(東○荘事件の経緯はこち↓ら)


引っ越し「後」の状態


「鬱の廃人」×4倍状態
= 「引きこもり時期の9個の鬱の諸症状」×2倍状態
=極度の虚脱状態と放心状態
=メンタル数値264

(マイナス132→264)


☆ ただし、本来上記のメンタル数値(マイナス〇〇○)は、このフローチャートにおけるそれぞれの項目において下がっている。例えば東○荘事件当日のメンタルダメージであったり、東○荘事件から2週間後くらいに自分が「首吊り装置」を設置した日のメンタルダメージであったり、その後引っ越し準備を進めて行く際のメンタルダメージであったり、引っ越し当日のメンタルダメージであったり。


しかし、今となっては今から16年前のそれぞれの項目でのメンタル数値の下落を詳細に数値化するのは不可能。ただし、「引っ越し及び東○荘事件」の一連で自分の鬱がさらに2倍悪化したのは確定的。よって、便宜上「引っ越し及び東○荘事件」が終わった時点で、一気にメンタル数値が2倍に悪化した、という表記に。


フローチャート終わり』



このように自分は引っ越し作業を終えると、「極度の虚脱状態と放心状態」に陥ったのでした。ではここからは前回の記事を引用したいと思います。「極度の虚脱状態と放心状態」とは、どのような状態だったのか、という話になります。



『前回記事からの引用』



具体的に思い出してみますと、引っ越し直後の自分はベッドから起きれなくなってしまいました。そう、しばらく寝て、意識が覚醒すると、思考能力は覚醒しているのですが、まぶたが全く開かないのです。この時の自分の心の中は「あれ??起きたはずなのにまぶたが全く開かず、身体も動かない!!」という感じです。なんというか、自分の身体からまぶたを開ける力さえ無くなってしまったかのようでした。別にこれは「金縛り」とかオカルト的なモノではありません。ただ単にまぶたが異常に重くなっていたのです。また、身体の方も身体の芯が抜かれてしまったかのように、力が全く入りません。極度の虚脱状態です。



このように自分はベッドの上で思考能力は覚醒するのですが、まぶたや身体が全く言う事を聞きません。ですから、しばらくベッドの上にずっと磔状態です。仕方ないですから、その間の暇つぶしに、ラジオを聴いたりもしていました。そして、横になっていると徐々に身体が熱くなってきて、汗ばんできます。そこからさらに身体が熱くなっていき、汗が出てきそうなくらい熱くなると、ようゆくまぶたが開き、身体を動かせる、といった具合でした。大体意識が覚醒してから身体が動かせるようになるまで1時間かかっていました。



ただ、この「意識は覚醒しているのに、まぶたや身体が重くて動かない状態」は、1年前の部屋に引きこもっていた頃から発生してはいました。しかし、それは引っ越し及び東○荘事件」を経て、さらに悪化していた印象です。



『引用終わり』



このように引っ越し後の自分は、「意識は覚醒しているのに、まぶたや身体が重くてベッドから全く動けない状態」に苦しむ事になりました。もう1度この状態を考えてみたいと思います。自分は朝5時頃ベッドに入り、とりあえず5〜6時間は眠ります。その後意識は覚醒し、いわゆる「起きた」状態になるのですが、まぶたや身体が鉛のように重く、全くそれらを動かす事が出来ません。



仕方なく、自分はベッドの上で身体を横たえ続け、その状態は1時間程続く事になります。そのうちに身体が熱くなってきて、汗が出てくるようになると、ようやく身体やまぶたが動かせるようになり、ベッドから出る事になります。



ただし、体調が滅茶苦茶悪い時は、汗が出てきても起きる気力が湧きません。ですから、そこから自分は汗をダラダラ流しながら、ベッドの上でさらに横たわっているしかありません。ちなみに自分は極度の冷え性なので基本布団をかなり被って寝ています。その状態で汗がダラダラ出続ける、という訳です。



そして、さらに1時間程汗を流し続けると、汗が止まってきて、ようやく自分はベッドから動けるのでした。つまり、自分は計2時間、ベッドの上で磔(はりつけ)状態に耐えねばならなかったのです。計2時間、自分の身体が全くコントロール出来ていない状態に耐えねばなりませんでした。自分の身体なのにも関わらず、自分の意志で全くコントロールが効かないのです。その情けなさと言ったらありません。この「身体のコントロール不能感」が滅茶苦茶キツかった記憶です。元々無くなっている自尊心が、さらに無くなっていく感じです。



そして、この「汗をダラダラ流しながら、ベッドの上で横たわっている状態」、この状態は身体的にもキツかった記憶です。なんという「一人サウナ」みたいな状態です。別に好き好んでもいないのに、勝手に「一人サウナ」が始まってしまうのです。布団の中で汗をダラダラ流しますから、どんどん体力が奪われ、消耗していきます。この「体力の無駄な消耗感」もホントキツかった記憶です。





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村