鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

今回の事件での自己肯定感の増減は無し②(過去編・2008年夏頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 今回の事件での自己肯定感の増減は無し(過去編・2008年夏頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事も、31歳の自分が近所の家が柴犬を飼い始めたのを発見し、致命的な絶望感を感じた、という話でした。これは2007年10月の話になります。その後紆余曲折を経て、母親と喋る気になっていった、という話になります。どうしてこの時の自分が致命的な絶望感を感じたのかと言いますと、当時の自分が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っており、病的(×18倍)な「音への被害妄想」を発症していたからです。




ではまず初めに、今回の記事の前提となる「前フリ」部分を貼りたいと思います。上記の「極度の虚脱状態と放心状態」がどのような状態だったのか、という説明です。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』



まずは当時の自分が陥っていた「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態を確認したいと思います。これは2006年6月に両親が引っ越しをした事で、自分の心身が「極度の虚脱状態と放心状態」に陥った事を表しています。



[引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細⑴〜⑻]



そして、2007年3月に起きた「ぎっくり腰事件」によって、自分の鬱はさらに1.5倍悪化しました。よって自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥ったのです。これは上記リンクの⑴〜⑻の諸症状がさらに1.5倍悪化した事を示しています。




また、上記リンクの⑹ には「2006年6月の引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」とあります。これは2006年6月に両親が引っ越しを強行した事で自分が致命的な精神的苦痛を受けた事を示しています。この時受けた致命的な精神的苦痛によって自分は「極度の虚脱状態と放心状態」(上記⑴〜⑻)に陥ったのでした。



[「引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」の詳細]



『前フリ終わり』



そして、「ぎっくり腰事件」から7ヶ月後の2007年10月、近所の家が犬を飼い始めたのでした。



自分が近所の家に犬を発見してからの心の動きをフローチャートで確認したいと思います。



[犬の鳴き声が発生してから、母親と喋り始めるまでのフローチャート]


前回の記事では今回の事件におけるメンタル数値の増減について考えてみました。(メンタル数値の説明は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)結論としましては、メンタル数値は「396」で変わらず、です。この期間にはメンタル数値が増える要素、減る要素、それぞれあったのですが、その要素を差し引きすると「0」となる印象です。



ではそれらの要素を前回の記事を参照にして、4項目にまとめてみます。



①メンタル数値が増える要素:トラウマの数々を母親に喋っている、という状態。何故なら自分は28歳〜29歳の時に1年間引きこもり、自分のトラウマをひたすらノートに書いていく作業をしていた。そして、全てのトラウマをノートに言語化し、その上でそれらのトラウマの因果関係を繋いでいく作業もしていた。これらの作業によって「自分の人生を誰かに喋りたい!!」という激しい衝動が生まれていた。そして、母親という存在はこの衝動をぶつけるのにこれ以上なく最適な存在だった。母親は自分の人生において最も近くにいた「当事者」であり、自分の人生を2度ぶち壊した「責任者」でもあった。



②メンタル数値が増える要素:自分は母親と喋る事で「もしかしたら母親は自分のトラウマを理解してくれるかもしれない」という「希望」を持つ事が出来た。「もしかしたら母親は最初は自分のトラウマを理解出来なくても、話が進むにつれて、理解出来る様になるかもしれない」、と未来に希望を持つ事が出来た。ただし実際にはこの半年間で母親が自分のトラウマに対して理解や同情や謝罪の言葉を発する事はただの一度も無かった。母親が自分のトラウマを理解するには、ここから15年の年月が必要だった。




③メンタル数値が減る要素:自分は母親に自分のトラウマを喋り続けたのだが、それに対する母親のリアクションはほぼ皆無。慰めや謝罪の言葉などは一切なく、質問や相槌さえない。自分は3〜4ヶ月間壁に向かって一人で喋り続けているようなものだった。当時の自分は母親のそんなリアクションに対して致命的な虚無感を感じていた。



④メンタル数値が減る要素:当時の自分は母親に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていた。故にその憎悪を母親と喋っている最中、必死に必死に抑えなければならなかった。これによる精神的消耗もかなりのものがあった。また、それを抑えきれず、母親と激しく喧嘩する事も多々あった。これによる精神的消耗もかなり激しかった。



よくまとまりました。このようにこの期間にはメンタル数値にプラスの要素、マイナス要素それぞれがあり、それぞれを差し引きすると「0」だったのです。つまり、「①+②-③-④=0」です。



上記の①、②、③、④は、 このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」に新しく付け加えたいと思います。




今回の記事はこれで失礼します。ありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村