鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

このブログの最近1年間の話(2021年6月頃・44歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 鬱悪化のフローチャート(2021年6月頃・44歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、1年前の自分(44歳)がブログを書き進めていき、学生時代のトラウマ事件を全て言語化していった、という話でした。次に自分はそれらの事件がどのような因果関係で起こっていったのか、フローチャートにまとめました。フローチャートは以下の通りです。


小学校3年生の時に家庭環境が戦争状態に突入。この頃から両親は新規事業に忙殺され、心身を激しく消耗していった。また、新規事業に伴い、父親方の親族問題が勃発。これにより、夫婦仲が戦争状態に突入。両親の中に子供の自分に視線を投げかける余裕は消えていった。(0→マイナス5)


また、幼い自分の周りには親類縁者や先生など、自分に視線を向けてくれる大人も皆無だった。これにより自分という存在は、大人の目が全く届かないエアポケットに落ちてしまった。故に、幼い自分は自分という存在が立っている「地面」がいつ崩壊してもおかしくないような、そんな激しい不安に日々苛まれる事となった。



メンタルが急激に悪化し、喘息も急激に悪化。学校を半分くらい休む



自己肯定感が「0」から「マイナス」に突入



自己肯定感が自己否定感に変化



自分で自分という存在を軽んじるようになる。



小学校6年生の時に「A先生怒鳴られ事件」発生。自分の周りには信頼出来る人間関係が皆無だったので、事件のショックを誰にも喋る事が出来ない。(マイナス5→マイナス8)



さらに自己否定感が増大


自分自身という存在をさらに軽視し、、否定するようになる。同時に他人も自分という存在を根拠なく否定するに違いない、という思考に陥る



被害妄想発症



中学、高校でも様々なトラウマ事件が起こり、さらに自己肯定感が悪化。これによりさらに被害妄想も悪化し、喘息も悪化。



夜眠れなくなり、心身が衰弱。「鬱発症」。
(高校時代の8個の鬱の諸症状はこちら) (マイナス8→マイナス22)



大学に入学後、自分を変えようと空手部に入部。しかし、とある練習の厳しさを乗り越えられず、さらに被害妄想が悪化。練習に死の恐怖を感じながらの3年間となり、鬱が3倍に悪化。(マイナス22→マイナス66)

[この時代の12個の鬱の諸症状はこちら]


(2つ目の大学以降のフローチャートは、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱悪化のフローチャート」をご覧下さい。)





その後自分は、上記のトラウマ事件によって自分がどれくらい自己肯定感を失っていったのか、数値化しました。こうやって出来上がったものが、上記のフローチャートであり、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」という事になります。



こうして、自分は去年の6月くらいから1年間かけて、3歳〜32歳までのトラウマを「被害妄想」という切り口で再び言語化したのでした。いや〜、ホントに長かった。このブログをずっとお読みの方がいらっしゃるか分かりませんが、1年前に急にこのブログの話の流れが32歳の時代から小学校時代に戻ってしまって、「またあの話??」とうんざりされた方もいたかもしれません。書いてる自分がうんざりしていましたから、お読みの方がそう思うのも当然です。



そして、1年前の自分はうんざりしながらも「被害妄想」を切り口にして、再び学生時代の話を言語化し始めました。自分は書いてる途中何度ももどかしい気持ちになりました。そりゃそうです。目標だった「トラウマ歩き」の言語化を目前にして、また話の流れが小学校時代に戻ってしまったのですから。



あれから1年経ち、その間自分は学生時代や引きこもり時期や引っ越しのトラウマを書き続けました。そして、再び話が32歳まで戻ってきたのです。ようやく「トラウマ歩き」の話が出来る所まで戻ってきました。先程も書きましたが、この1年間本当に長かった。



しかし、その甲斐はあったと思います。この1年間のおかげで、自分の人生を「自己肯定感」という切り口で捉えられるようになったのですから。そして、「家庭環境」「自己肯定感」「被害妄想」の因果関係をフローチャートにまとめ、その減少の経緯を数値化する事も出来ました。これは我ながら良いものが出来上がったと自負しています。この1年間ホントにもどかしい思いでしたが、それに耐えた甲斐がありました。



さて、このような経緯で自分はこの1年間かけて3歳〜32歳のトラウマを言語化したのでした。もう1度書きたいのですが、1年前に目標の「トラウマ歩き」を目前にして、時系列が3歳に戻ってしまうのは、マジでキツかった。我ながらこの1年間、ホントによく耐えたと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村