鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

「妹に対する威嚇」と「断末魔の叫び」(2008年5月・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 「深夜2時近辺の戦い」に至った経緯(2008年5月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、この最中に母親や妹に対する憎悪を考え、それを消化していた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。




まずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」




ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。「トラウマ歩き」の頃の自分が、両親より妹の方をより憎んでいた、という話になります。加えて、当時の妹への憎悪を象徴するエピソード「深夜2時近辺の戦い」、これについてさらに考えてみました。



『前回記事からの引用』


とりあえずはこれで「深夜2時近辺の戦い」に関する話は、これで一段落といった感じです。ここで時系列を整理しますと、「深夜2時近辺の戦い」が始まったのが2008年3月頃という感じです。この戦いが始まるきっかけの一つが「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」(2007年10月)な訳ですが、この頃にはまだ「深夜2時近辺の戦い」はまだ起こっていなかった印象です。この事件が始まった当初は、母親と喋り始める事に必死の必死で妹の物音までは気にしていなかった印象なのです。



ですから、この戦いが始まったのは、「トラウマ歩き」の開始と同時という印象です。つまり、「深夜2時近辺の戦い」がはじまったのは、「トラウマ歩き」の開始と同時期の2008年3月ではないかな、と。



そして、当時の自分は「トラウマ歩き」の最中に、前夜の「深夜2時近辺の戦い」の致命的なストレスを思い出し、消化していた記憶です。


それにしましても「深夜2時近辺の戦い」で自分の心の中に発生した暴力衝動は、凄まじいものがありました。あれはホントコントロールが全く不能な衝動でしたからね。あの時の自分は、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、「クソがっ!!!!」と叫んだり、モノを思い切り壁に投げたりして、バットで部屋のモノを殴ったりして、半狂乱状態でした。




あの時の自分の心の中では妹に対する「殺しても殺し足りない」(×2.5倍)程の憎悪が暴れまくっていました、そして、その致命的な暴力衝動は、様々な威嚇行動として外に出ていくだけでなく、自分の内部をも激しく傷付けまくっていた印象です。今現在(2022年8月)の自分の心の中にも、当時の暴力衝動の記憶の痕跡がはっきり残っています。



ですから、あの時自分がとっていた様々な威嚇行動は、「妹に対する威嚇」であり、「自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた、断末魔の叫び」、でもあったと思います。



そして、この時の「断末魔の叫び」は、この「深夜2時近辺の戦い」による心身の致命的な苦痛だけが原因では無かったと思います。自分がそれまでの32年間の人生の中で受けた全ての心身の苦痛の蓄積が、あの場面で「断末魔の叫び」として表現されていたような気がしてなりません。


思い返してみますと、自分は小学校、中学校、高校、大学、バイト、家庭内において様々な挫折を繰り返し、その度に心に深い傷を負ってきました。そして、自分の周りには信頼出来る人間関係がずっと皆無でした。よって、挫折やトラウマを言語化した事はただの一度もありません。故に全ての心の傷は全く癒える事なく、記憶の海の底に沈んでいき、凄まじい勢いで蓄積していったのです。



これによって学生時代の自分は自己肯定感をどんどん失っていき、逆に自己否定感を増大させていきました。そして、小学校6年生で被害妄想を発症し、それはどんどん悪化していったのです。高校時代に入ると、被害妄想によって、酷い睡眠不足状態に陥り、それは自分の心身をさらに壊していきました。そして、高校1年生の秋に鬱を発症する事となったのです。(高校時代の鬱の諸症状は、こちら)その後鬱は1つ目の大学時代に3倍に悪化し、2つ目の大学と「尿管結石事件」で2倍に悪化しました。さらにその後に起きた「引っ越し及び東○荘事件」によって2倍、「ぎっくり腰事件」によって1.5倍、「母親と喋り始める事件」によって1.5倍悪化する事となったのです。



これはつまり、深夜2時近辺の戦いにおいて、自分が上げていた断末魔の叫びは、それまでの32年間で極大化した「鬱」の苦痛の蓄積によるものだった、ともいえます。そう、自分は高校時代に鬱を発症した訳ですが、その鬱はその後の挫折やトラウマによって、さらに3倍×2倍×2倍×1.5倍×1.5倍=27倍に悪化していたのです。高校時代の鬱の諸症状でさえ、かなりの苦しさだったのに、それが27倍ですからね。これは極大化と言って良いと思います。



そして、自分の鬱が肥大していった歴史は、自分の中の自己否定感が増大していった歴史とそのまま重なります。この自己否定感が増大していった歴史については、このブログのトップページ(「「人生年表と鬱のフローチャート」)でフローチャートにまとめてあります。このフローチャートにおいて、自己肯定感及び自己否定感を「メンタル数値」として数値化しています。



つまり、深夜2時近辺の戦いにおける自分の断末魔の叫びは、自己否定感がマイナス396まで増大してしまったが故の叫びだった、とも言えます。



ただし、この「マイナス396」という数字は、変更した方が良さそうです。これまで「母親と喋り始める事件」ではメンタル数値の変動は無しと考えてきましたが、妹との関係を考えると、この事件でさらに1.5倍に悪化したと考えた方がしっくりきます。つまり、「深夜2時近辺の戦い」の頃のメンタル数値は、-396×1.5=-594、という事になります。増えましたねぇ。



改めて書き直しますと、深夜2時近辺の戦いにおける自分の断末魔の叫びは、自己否定感がマイナス594まで増大してしまった事が原因の叫びだった、とも言えます。



『引用終わり』


このように「深夜2時近辺の戦い」において、自分の心の中では致命的な暴力衝動が暴れ回っていました。その暴力衝動は外に対しては妹に対する様々な威嚇行動として、表現されました。さらに、それは自分の心の中で暴れ回り、自分の心の中をも致命的に傷付けていったのです。これにより、例えるなら自分の心がナイフでグサグサ刺されるくらいの致命的な痛みが発生していました。



ですから、「深夜2時近辺の戦い」において自分が発していた様々な奇声やうめき声や叫び声は、「妹に対する威嚇」であると共に、「暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた、断末魔の叫び」、だったとも言えると思います。


そして、この「断末魔の叫び」は、「深夜2時近辺の戦い」における心の痛みだけが原因ではありませんでした。それまでの32年間の人生において自分が受けてきた心身の苦痛、その全ての苦痛があの場面で「断末魔の叫び」として、表現されていたと思います。


そして、自分のそれまでの32年間は、自己肯定感がひたすら下がっていくだけの人生でもありました。言い換えますと、自己否定感がひたすら増大していくだけの人生だったのです。自分はそれまでの32年間において、自己否定感をマイナス594まで増大させてきました。(詳しい経緯は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)



ですから、「深夜2時近辺の戦い」における自分の心理状態は、以下の3つの表現で表せると思います。


・自己否定感がマイナス594まで下がっていた。

・病的(×27倍)な被害妄想も発症していた。

・妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じていた。


いいですね。「深夜2時近辺の戦い」の頃の自分は上記の3つの状態に陥っており、この3つの状態が致命的な心身の苦痛を発生させていた、という事になります。そして、この致命的な心身の苦痛が「妹に対する威嚇」と「断末魔の叫び」を発生させていたのでした。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村