鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

両親の人生を聞いていく中で、両親への憎悪が減っていった(2009年10月頃・33歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 母親の性格が陰鬱になっていった経緯②(2009年10月頃・33歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」にものたうち回っていた、という話でした。自分がこれらの心身の苦痛に苦しんでいた時期は、トラウマ歩きの2年目になります。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



では今回の本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2008年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。




最近のこのブログの記事は、トラウマ歩き時代の自分が両親とのコミュニケーションを再開させた経緯を改めて振り返っています。また、その中で母親の印象が180度変わっていった、という話も書いています。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。


『前回記事からの引用』


このように幼い自分と妹の脳内には、「母親=陰鬱な人」というイメージが植え付けられたのです。そして、開業後も我が家は次から次に凄まじいトラブルに見舞われ続けました。そして、それらのトラブルの原因は全て父親の社会性の無さにありました。母親はそれらのトラブルにも振り回され続け、さらに性格が陰鬱になって行きました。



そのような母親の姿を見て、自分や妹はますます「母親という人間は元々生まれてついて暗い人だったのだろう」とのイメージを強くしていきました。これが自分が小学校時代〜大学時代の頃の話です。



そして、自分は32歳の夏頃(2008年夏)、母親の人生を詳細に聞いていく事となりました。それまでの自分は母親の人生を全く知りません。ですから、「母親という人間は元々生まれてついて暗い人だったのだろう」との固定観念を持っていたのです。



ところが、これまで書いていますように母親の人生は、その固定観念を大きく覆すようなものだったのでした。幼い頃の子供はとても明るく無邪気な子どもだったのです。育った家庭環境もとてもおおらかで賑やかな家風でした。家には常に親戚や近所の人が出入りし、毎週のように宴会が開かれていた、という話でした。母親の両親はとてもおおらかで明るい人達で、その人柄は多くの人から親しまれていたようです。自分も母親方の祖母に会った事が3回ほどあるのですが、それはそれは人懐っこい、太陽のような人でした。



そして、自分は母親の学生時代、社会人時代の話も聞いて行きました。この頃の母親は、子供時代に比べると落ち着いていましたが、それでも闇や陰りのない人生を送っていました。社会人としても立派に会社で働き、その事務能力やコミュニケーション能力を評価されていたようです。




これらの話を聞いて当時の自分はかなり驚きました。それは自分が全く予想だにしなかった母親の姿だったからです。


それから4年後、自分は今度は父親の人生を詳細に聞いて行きました。これまで書いていますように、 そこで明かされた父親の人生は、自分の予想を遥かに超える陰鬱なものでした。育った家庭環境は陰鬱そのものでしたし、その陰鬱さは年を追うごとに増していった印象です。当然幼い父親もそんな家庭環境で陰鬱で社会性のない人間に育っていきました。



ですから、父親の学生時代は陰鬱なものでしたし、特に大学時代は、陰鬱の極みのようなエピソードが聞けました。その後父親はなんとか大学を卒業し、就職。そして母親と結婚したのでした。その後の結婚生活が陰鬱なものであったのは、前述の通りです。



自分はここまで聞いてこう思ったのです。「なんだ、母親が暗い人間になってしまったのは、父親と結婚したからなのだな。」、と。



『引用終わり』



このように31歳〜36歳の頃の自分は、両親それぞれの人生を詳細に聞いて行きました。そして、その中でまず母親の印象が180度変わって行ったのです。自分や妹が知っている「陰鬱な母親」は、結婚後の母親の姿であり、結婚前の母親はそのような性格ではありませんでした。これは当時の自分にとってかなりインパクトのある話でした。自分は母親に対するイメージを180度変えざるを得ませんでした。



このように自分の中での母親の印象が180度変わった事により、母親に対する憎悪も変化して行きました。そう、両親の話を聞く以前の自分は、自分の人生が滅茶苦茶にぶっ壊されてしまった事に対する責任を父親、母親、両方に50%ずつ感じていました。そう、自分の30年間の人生は、「ボットン便所の底を這いずり回り、そこの汚物を食べて生きているような人生」でした。自分の人生がそんな人生になってしまった原因が、両親の作った家庭環境にある事は明白だったのです。



自分がこの責任問題をはっきり認識したのは、2004年〜2005年(28歳〜29歳)の引きこもり時代です。自分はこの時代に部屋に引きこもり続け、学生時代の全てのトラウマと挫折をノートに書いて行きました。そして、それらの事件と事件を繋いでいき、因果関係を探っていきました。すると、「小学校3年生の時の家庭環境の戦争状態化」、これに全ての原因があった事が分かったのです。



このように両親の人生を聞く前の自分は、自分の人生が滅茶苦茶に破壊された事に対する責任を父親、母親それぞれに50%ずつ求めていました。しかし、それぞれの人生を詳細に聞いていくうちに、この責任の割合が変化していったのです。母親に求めた50%はどんどん下がっていき、父親の50%がどんどん上がっていきました。それは今現在(2022年10月)では、父親:母親=90:10となっています。



これはつまり、母親には「小学校3年生の時の家庭環境の戦争状態化」に対する責任がほとんど無かった、という事です。そう、自宅で開業したのは父親ですし、その後の親戚関係のトラブルも父親方のトラブルですからね。母親はただただそれらのトラブルに巻き込まれ、立ち向かい、挫折し、心を病んでいっただけだったのでした。



このように自分の中での責任問題の割合が変化していくにつれて、自分が母親に感じていた憎悪はどんどん弱くなって行きました。そのピークには、『「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪』でしたが、それはどんどん弱くなっていき、今ではほとんど無くなってしまっています。



では代わりに父親に対する憎悪がさらに激しくなっていったのかと言いますと、それもまた違いました。ピーク時には父親に対する憎悪も『「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪』でしたが、これもまた父親の人生を詳細に聞くうちに少しずつ弱くなっていったのです。



これはどういう事かと言いますと、父親の持つ社会性の無さや陰鬱な性格、これらが父親の育った家庭環境に由来している事が徐々に分かっていったからです。父親の父親(自分が見ますと父親方のおじいちゃん)がそもそもそういう性格の人間であり、その下で育った父親もそのような性格になった、そういう事なのでした。



このように父親自身の人生を詳細に聞いていく事によって、父親に対する憎悪も徐々に弱くなって行きました。ただし、今現在(2022年10月)それはまだゼロにはなっていません。そうですね、ピーク時に比べると1/10くるいにまでは弱まってはいる、というという印象です。この残りの1/10も今後も両親との対話を続けていくうちに消滅していくと思います。





今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村