鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

母親とのコミュニケーション復活を振り返る(2011年4月・35歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 妹と喋り始める(2011年4月・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終えた、という話でした。そして、同時期に妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳です。


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。



では今回の本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。自分がトラウマ歩き後、「妹と喋り始める」という選択をした、という話になります。




『前回記事からの引用』



当時の自分はトラウマ歩きの3年間を終え、様々な感慨を抱きました。それらの感慨はポジティブな感情とネガティヴな感情が入り混じっており、トータルで考えますと「プラスマイナス0」でした。よって、それらの感慨によって鬱が回復する事はありませんでしたし、逆に鬱が悪化する事もありませんでした。



さて、ここからはトラウマ歩き後の自分の生活を書いていきたいと思います。ただ、正直トラウマ歩きが終わった後の自分の生活はいまいち覚えていない感じです。とりあえずは上記①〜⑤の感慨が心の中で渦巻き、しばらくは茫然自失状態にあったような気がします。



とりあえずその近辺で起こった大きな出来事を思い出してみますと、「妹と喋り始める」がありました。この出来事はトラウマ歩きが終わる頃に起こった印象です。そして、自分が3年前に母親とのコミュニケーションを開始した流れの延長線上にある出来事です。



そう、自分はトラウマ歩きの1年目に自分のトラウマを詳細に母親に喋り、母親の人生を詳細に聞いていきました。そして、トラウマ歩き2年目には、父親に対してもトラウマを詳細に喋っています。



さらにトラウマ歩き3年目が終わった後、自分は妹にも自分のトラウマを詳細に喋り始めたのでした。



ただ、昔の記録を紐解きますと、どうやらこの出来事はトラウマ歩き最終盤の2011年3月頃に起こっているようです。はっきりとは覚えていないのですが、東日本大震災が起こった頃から、自分は妹に対して過去のトラウマを喋り始めているようです。



正直言いまして、現在の自分(2022年11月)の中では、この出来事に関する記憶が定かではありません。当時の自分がどうして妹に対して過去のトラウマを喋る気になったのか、いまいち覚えていないのです。まぁ流れ的には「母親と喋る→父親と喋る」と来ていますから、次は妹だったのだろうとは思います。ここからは、自分が両親とのコミュニケーションを復活していった流れを改めて思い出してみようと思います。




遡る事4年前、自分が母親とコミュニケーションを取り始める際を思い出してみたいと思います。この時の自分はそれまでの人生の中で最も精神的に追い詰められていました。近所の家が犬を飼い始めた事で、犬の鳴き声の幻聴が聞こえる程に追い詰められたのです。この事件により、自分の人生は「首吊り」or「母親と喋る」という二択しかなくなってしまいました。



何故「母親と喋る」という選択肢が現れたのかと言う話をしたいと思います。本来ならこの選択肢は絶対にあり得ない選択肢でした。何故なら、当時の自分は母親に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を抱いていたからです。こんな精神状態ではコミュニケーションなどあり得ません。家の中ですれ違うだけでも発狂しそうだったのですから。



しかし、近所が犬を飼い始め、犬の幻聴が聞こえ始めた事で、そのあり得ない選択肢があり得る選択肢に変わってきたのです。この時の気持ちはこんな感じです。


「どのようにして自分の精神を壊れていったのか、それまでの31年間のトラウマ全てを母親に洗いざらいぶち撒けてみるのはどうだろう?」


「どうせ自殺するなら、これまでなら絶対に不可能だった事に挑戦し、それで駄目ならその時こそ死ねばいいじゃん」


こうして、自分は「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を必死に必死に抑えて、母親とコミュニケーションを取り始めたのでした。


このように自分が母親とコミュニケーションを取り始める際には、致命的な心の葛藤と戦わねばならなかったのです。そして、自分は「首吊り」の選択肢を背にして、母親とコミュニケーションを取り始めました。その後自分は母親と何度も激しくぶつかり、血みどろの戦いが続いていきました。(詳しい経緯は、このブログのトップ記事「「人生年表と鬱のフローチャート」をご覧下さい。)



自分と母親のコミュニケーションが復活したのは、2007年の10月頃(トラウマ歩き開始の半年前)になります。



『引用終わり』



このように自分は2007年10月頃から母親とのコミュニケーションを復活させたのでした。そして、その再開に際しては、過去最大とも言える心の葛藤があったのです。ですから、コミュニケーションを再開してからしばらくは母親との間で激しいぶつかり合いが続きました。自分は「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を母親にぶつけましたし、母親もまたそれに激しく反論してきました。あれは血みどろの戦いでした。



そんな血みどろの戦いがほぼ毎日続いていき、ホントに少しずつ自分と母親の関係性がは安定していきました。その大きな原因の一つは、自分が母親の人生を詳細に聞いていった事です。これによりそれまで母親に抱いていたイメージが180度真逆のものに変わっていったのです。それによって憎悪は少しずつ収まっていきました。



自分が母親と喋り始めてから1年半後の2009年の夏頃、次に自分は父親との接触を計ったのです。ただし、この時も自分の心の中にはかなりの葛藤があった記憶です。何せ当時の自分は父親に対しても「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていました。ですから、母親とのコミュニケーションを復活させる時と同様、かなりの心の葛藤が発生しました。



ただ、この時の心の葛藤は、母親の時程ではありませんでした。自分は母親とのコミュニケーションを復活させるにあたり、「首吊り」を覚悟せねばなりませんでしたが、父親の時はそこまでは追い詰められなかった記憶です。その理由を考えてみますと、それは母親とのコミュニケーションにあったと思います。



この時点で自分は母親とのコミュニケーションを1年半続けており、この頃にはそれはそれなりに安定していた記憶です。そう、以前の自分は母親に対して「殺しても殺し足りない」(×1.5倍)程の憎悪を感じていました。しかし、それは母親とのコミュニケーションを続ける中でゆっくりと減っていった印象です。ここからは憎悪が減っていった経緯を振り返ってみます。



自分は母親とのコミュニケーションを続けるうちに母親への憎悪が減っていった訳ですが、先程も書きましたように、「母親の人生を詳細に聞く」という行為は、憎悪の減少に特に大きな役割を果たした印象です。自分は2008年3月あたりから母親の人生を詳細に聞いていきました。そこで明らかになった母親の人生は、自分のそれまでのイメージを大きく覆すものだったのです。



そもそも自分は母親の事をずっと「生まれてこの方ずっと暗い人間だったのだろう」と思って生きてきました。何故なら幼い頃から自分の脳裏には、母親の暗い顔や泣いている顔やブチ切れている顔が焼き付いていたからです。特に自分が小学校3年生以降、それらの印象は特に強くなっています。母親は毎日のように「離婚したい離婚したい」と泣いていましたからね。そこには母親の明るい顔や楽しげな顔は皆無でした。ですから、自分は母親という人間を「生まれてからずっと暗い人なのだろう」と思っていたのです。



ところが、母親の人生を詳細に聞いてみますと、そのイメージとはまるで違う人生を送っていました。幼少期の母親はとても無邪気で元気な子供であり、驚く程暖かい家庭環境で育っていました。それは当時の自分が激しく嫉妬する程の牧歌的な子供時代でした。



そして、思春期時代の母親は多少落ち着くものの、それでも闇のエピソードがない学生時代を過ごしていました。また社会人時代も立派に会社員として会社に貢献していたのです。



対して、自分の子供時代は喘息と孤独にまみれた、無邪気さの欠片もないものでした。さらに思春期に入るとそれはさらに悪化し、高校時代には鬱を発症。大学時代にはさらに3倍に悪化していました。ですから、自分は母親の人生を聞いて驚いたのです。「なんで母親の人生はこんなに明るく順調だったのに、その下に生まれた自分の人生はこんなにも陰惨なの???」、と。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村