鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

妹と彼氏は共依存状態にあった(2011年4月頃・35歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 妹が高校生の時に起きた外泊事件(2011年4月頃・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳で妹は32歳です。自分も妹も引きこもり状態にありました。



. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。



では今回の本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。トラウマ歩き最終盤の2011年3月、自分が妹とのコミュニケーションを復活させた、という話になります。そして、その中で妹の高校時代の話を聞いていった、という話になります。




『前回記事からの引用』



このように妹は高校入学後キャラを「オタク」から「ギャル」に変えたのでした。いわゆる高校デビューというやつですね。ちなみに当時の母親は、妹のキャラ変に痛く狼狽したそうです。母親の価値観では、妹の「ギャル化」は「不良化」と同じ意味だったのでしょう。母親からしたら、安室奈美恵のせいで妹がギャル化して、不良化したと感じたそうです。ですから、あれから25年経った今でも母親は安室奈美恵の話になると苦い顔をします。「安室奈美恵のせいで高校時代の娘が、不良になった」、と。



さて、このように妹は高校時代にギャル化しまして、高校デビューに成功したようです。そして、高校の生徒会で知り合った男の子と付き合い出したのでした。ところがこの男の子とのお付き合いが妹の人生を大きく変える事となります。



あれは確か妹が高校2年生の夏休みだったと思います。妹は彼氏の家に遊びに行きました。しかし、そここら全く帰ってこない状況が1〜2週間続いたのです。母親は当然心配して、妹に連絡するのですが、妹は「彼氏の部屋にいるのだけれど、彼氏の両親に見つからないように押し入れに隠れている。」とか、「彼氏が帰してくれない」とか、「連絡したいけど彼氏の両親の目を盗んでやっているので、なかなか出来ない」とか、「警察には電話しないで」とか、ただ事ではない雰囲気です。母親はただでさえ心配性な人ですが、妹のその話を聞いて、半狂乱状態に陥ったそうです。



当時の母親からしたら妹が彼氏の家に泊まり続けているだけでも、大きく不安だったでしょうし、それが1週間、2週間と続くのですからね。さらには「彼氏による監禁」を匂わせるような空気もありましたから、母親の心は心配を大きく通り越して、半狂乱状態になっていたそうです。



結局妹の外泊は1ヶ月くらい続き、妹は家に無事帰ってきました。その間、母親の精神的消耗はかなりのものがあったようです。何故なら、母親にとって妹は長い間「精神安定剤」みたいな存在だったからです。妹は小学校1年生の頃から、母親が「離婚したい、離婚したい」と泣いている時に、母親を慰めていたのですから。ですから、そんな妹が彼氏の家から帰ってこないという事態は、母親にとってかなりのメンタルダメージになったであろう事は、想像に難くありません。



また、この事件の時なのかは忘れましたが、母親は妹と彼氏との関係について、高校の担任の先生にも相談したという話だったと思います。この担任の先生は親身になって相談に乗ってくれたそうで、我が家にも足を運んでくれた記憶です。


『引用終わり』


このように、妹が高校1年生の夏休み中に大きな事件が起こったのでした。妹は彼氏の家に遊びに行ったのですが、そのまま1ヶ月間帰って来なかったのです。その中で妹は「彼氏に監禁されている」とも捉えられる話を母親に伝えてきたりもしました。この話を聞いた母親は半狂乱状態に陥り、毎日毎日妹の心配ばかりをして暮らしていたようです。確か母親は警察への連絡も考えたのですが、妹がそれを断った、という話だったと思います。



この「監禁状態」の話ですが、その後の妹や両親の話から察するに、実際には彼氏が妹の帰宅を引き止めていたし、妹も家には帰りたくなかった、というのが実情だった印象です。そして、妹は母親に長期外泊している事を怒られたくなかったので、「監禁されている」という過激な言葉を使った、と。



ちなみに当時の自分の話をしますと、この時の自分は大学の1年生です。当時の自分は大学空手部に入部しており、その稽古の厳しさに「殺される恐怖」を日々感じていました。そして、その恐怖によって、夜眠れず、意識朦朧とした状態で日々生活していました。ですから、当時の自分が妹の外泊事件について、心配をした記憶は全く残っていません。何故なら人の心配をしているような状況では無かったからです。自分自身が「明日の稽古で殺されるかも」という恐怖で、心身を壊している真っ最中でしたからね。全くもって、妹の事など知ったこっちゃありませんでした。しかも、今回の事件は妹の恋愛絡みの事件ですから、恋愛経験の無い自分にとっては、ますます知ったこっちゃありませんでした。



話を「外泊事件」の後に戻したいと思います。外泊事件後、妹と両親の仲はこじれていったようです。特に母親はこの事件でかなりのメンタルダメージを受けましたから、妹との関係性も変わっていったのだと思います。



妹はこの話を自分にした際に、彼氏との関係をこう表現していた記憶です。「あの時、私と彼は共依存だった。」、と。「共依存」の定義は以下の通りです。


共依存(きょういそん、きょういぞん、英語: Co-dependency)、共嗜癖(きょうしへき、Co-addiction)とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態(アディクション)を指す[1][2][3]。すなわち「人を世話・介護することへの愛情=依存」「愛情という名の支配=自己満足」である[4]。(wikiより)


つまり、妹と彼氏は「共依存関係」にあったが故に、妹は彼氏の家から帰れなくなり、1ヶ月もい続ける事になってしまった、と。また、妹は彼氏への依存の原因をこうも語っていました。「我が家では父親の存在が全く無かったので、私は『父性』に対する飢餓状態に陥っていた。そして、彼氏がそれを補填してくれたので、依存状態に陥ってしまった。」、と。



確かにそのような原因もあったのだと思います。実際に自分の中でも父親の存在は「透明人間」でしたから。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村