鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

自分と妹が仲良くしていた奇跡の1年間(2011年4月頃・35歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 外泊事件の影響(2011年4月頃・35歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、妹と喋り始めた、という話でした。この時の自分の年齢は35歳で妹は32歳です。自分も妹も引きこもり状態にありました。



. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。



では今回の本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。トラウマ歩き最終盤の2011年3月、自分が妹とのコミュニケーションを復活させた、という話になります。そして、その中で妹の高校時代の話を聞いていった、という話になります。




『前回記事からの引用』




このように妹が高校2年生の時に「外泊事件」が起きました。この事件には以下の2つの要因があるように思います。


①我が家において「父親」という存在が透明人間化していた。故に当時の妹は父性を15年間渇望し続けており、それを満たしてくれる彼氏と出会った事で、共依存状態に陥ってしまった。


②妹は小学校、中学校時代と「女性性」を大きく抑圧され続けてきた。そして、妹は高校入学と同時にそれを解放し、それを認めてくれる彼氏と出会った。これによって大きな反動が起こり、逸脱行動に繋がった。



ここからは自分の想像ですが、今回の事件で妹と母親の関係にはヒビが入ったような気もします。何せうちの母親はこの事件でかなりの精神的ダメージを受けたでしょうから。潔癖症の母親にとっては、妹が彼氏の家に外泊した事ですら許せなかったでしょうし、さらにその外泊は1ヶ月も続いた上に、その途中では「監禁」という物騒な話にもなっていましたからね。



そう、ただでさえうちの母親は10年前に我が家が戦争状態に突入して以降、どんどん心を病んでいきました。10年前に父親が開業して以降、我が家は次から次に致命的なトラブルに見舞われ続けたからです。(この時妹は小学校1年生)開業後に父親方の親族問題が発生した事で、夫婦仲は決裂し、我が家は戦争状態に突入したのでした。



そして、開業から5年後に我が家は引っ越しをしたのですが、ここでも致命的なトラブルが発生しました。(この時妹は中学1年生)父親が銀行の支店長に半ば騙されるかたちで家を買わされたのです。その家は中古でボロボロの家だったのですが、価格だけは高い物件でした。しかも父親は母親の了承を得ずにこの家を買ってしまった。これにより母親は激怒し、戦争状態がさらに悪化した事は言うまでもありません。もちろん、母親の心もさらに病んでいったのです。



そして、開業から8年後に妹の外泊事件が起きたのでした。まず母親はそれまでのメンタルダメージによってかなり心が弱っていたと思います。そこに来て、妹が彼氏の家に外泊しですからね。潔癖症の母親からすれば許せなかったでしょう。さらにはその外泊が1ヶ月も続いた上に、その途中では「監禁」という物騒な話にもなってましたからね。母親がかなりのメンタルダメージを受けた事は想像に難くありません。



『引用終わり』



このように妹が高校2年生の時に「外泊事件」が起こり、それによってうちの母親はかなりのメンタルダメージを受けたのでした。



さて、ここからは事件後の話をしたいと思います。事件後、妹は大学受験に挑戦する事になりました。この時の妹はたぶん20歳くらいです。志望大学は医療系の学部だったようです。しかし、受験勉強はなかなか上手く捗らなかったそうです。確か、勉強よりもお酒を飲む方が楽しくなってしまい、そちらに流されてしまった、という話でした。そして、大学受験に失敗してしまったのです。この失敗は妹にとってかなりの挫折になったようです。



その後妹はアトピーが悪化し、引きこもりになってしまいます。家に引きこもり、パソコンでゲームしたり、オタク活動をしたり。この時の妹は21歳です。



ちなみに、この時自分は24歳だったのですが、ちょうど自分も2つ目の大学で人間関係を作れずに挫折し、休学している状況でした。ですから、この時自分と妹は境遇が似ている立場だったのです。自分と妹は共に現実世界から脱落した引きこもり同士でした。ですから、気が合う部分があり、休学中は一緒にTVを見たり、ゲームをしたりして長い時間を一緒に過ごしました。1日4〜5時間は一緒にいましたね。そうそう、両親に対する悪口なんかを言い合っていた記憶もあります。




それまでの自分と妹の関係性は、幼い頃を除けば皆無に等しかったのですが、この1年間だけは、かなり仲良く過ごしました。そうそう、自分がカウンセリングの良さを妹に伝えた所、妹もカウンセリングに通い始めたりもしましたね。



しかし、この1年間が終わると、自分は妹に対する劣等感がどんどん酷くなっていきました。自分が大学生活やバイトでさらに挫折し続けたのに対して、妹の方は海外留学したり、彼氏が出来たりで、人生が上手くいっているように見えたからです。



また、その後の自分は母親に対する憎悪も酷くなっていき、そんな母親と仲良くし続けている妹に対しても憎悪が酷くなっていったのです。そして、2年半後には「尿管結石事件」が起き、妹に対する憎悪は「殺したいほど」にまで悪化してしまいました。



その後この憎悪は様々な事件によってさらに激化していき、最終的に自分が32歳の頃には「殺しても殺し足りない」(×2.8125倍)程の憎悪となっていたのでした。



こうやって改めて自分と妹との歴史を書いてみますと、24歳の時の妹との1年間が奇跡的な1年間に思えます。当時の自分は、まさか8年後の自分が妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.8125倍)程の憎悪を感じているとは夢にも思っていませんでした。24歳の頃の自分は、引きこもりの妹とただただ楽しくゲームをしたり、バラエティ番組を見ていただけでしたからね。なんというか、あの1年間は自分と妹の人生が奇跡的に交錯した1年間だったなぁ、と懐かしく思います。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村