鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

父と邪気眼と中二病(父の人生を聞く・2012年2月・36歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 大学時代に中二病をこじらせまくって、大学を6年間休学(父の人生を聞く・2012年2月・36歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、その翌年に父親の人生を聞き始めた、という話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。



『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



そして、この行為を始めたのと同時期に「深夜2時近辺の戦い」が勃発し、自分の精神はさらに追い込まれていく事になりました。この事件のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』



ここからは前回の記事をそのまま全て引用したいと思います。2012年3月頃、自分は父親から父親の人生(当時68歳)を聞き始めたのでした。




『前回記事からの引用』



このように父は超難関大学医学部に合格したものの、その後人間関係が上手く作れず、心を病んでいったようです。そして、父親が大学3年生の時に、とても大きな事件が起こりました。ここから書くお話こそが、父親の人生の中で、最も闇深い話と言っていいかもしれません。この話は父親の人生の闇を代表するエピソードだと思います。自分はこの話を聞いた時、「ほんっとうに親父の人生は闇深い!!」と感じました。


それはどういう話なのかと言いますと、父親は大学3年生に進級した頃、大学を休学し始めたのです。そして、驚くべきはその休学期間です。なんと6年間ぶっ続けで大学を休学していたそうなのです。



ではその6年間父は何をしていたのでしょう。父曰く、ひたすら部屋の一室に引きこもり、とある修行をしていたそうなのです。その修行とは坐禅とか瞑想だと言ってました。坐禅や瞑想をする事で悟りを得たかった、と。要するに宗教的な行為をたった一人で延々と6年間していた訳です。



さらに話は続きます。では父は何に触発されてそのような行為を行っていたのでしょう。父は答えました。『当時「第三の眼」という本を読み、感銘を受け、それに基づいて修行していた』、と。



調べてみますと、確かに当時そういう本が流行っていたそうです。


第三の眼―秘境チベットに生まれて (1957年) https://amzn.asia/d/a8nqpiJ


本の内容は、とあるチベット僧が修行の末に、目と目の間に第三の眼を開いた、という話です。第三の眼とは別名チャクラであり、チャクラが開くと世界の真実を理解出来るとか。ただし、これはゴリゴリのオカルト的概念です。当たり前ですが、人間に第三の眼など開きませんから。



そしてこのオカルト的概念は、現代のネット世界において当たり前のように言語化されています。それはネットスラングで言う所の「邪気眼」です。この言葉はクラスで目立たない中学生が、自分に特殊な能力があると思いたがる、そんな思考傾向を揶揄して使われる言葉です。別名「中二病」ですね。



ネットでは邪気眼はこう解説されています。


邪気眼」→「中二病」と類似した意味をもつ、自らをアニメなど物語の登場人物だと考えるような空想全般を意味する語。もともとはネット掲示板サイト「にちゃんねる」において、子供の頃自分には他人に見えない目があるという設定で生活していたという書き込みの中で、その目を「邪気眼」と呼んでいたのが由来である。「人には見えない目」という本来の意味で用いられることもある



https://www.weblio.jp/content/%E9%82%AA%E6%B0%97%E7%9C%BC#:~:text=%E3%80%8C%E4%B8%AD%E4%BA%8C%E7%97%85%E3%80%8D%E3%80%8C%E5%8E%A8,%E3%81%AE%E3%81%8C%E7%94%B1%E6%9D%A5%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82


要するにうちの父は大学時代に中二病を拗らせて、邪気眼の修行を6年間もやっていたという訳です。そして、その間他人との接触はほぼ無かったそうです。つまり、大学生の父は、オカルト本に盲目的に傾倒し、部屋に引きこもって、自己満足な一人修行を延々と6年間続けていた、と。アンチオカルトな自分からしますと、アホ過ぎる6年間です。



『引用終わり』



このようにうちの父は大学3年生の時に「第三の眼」というオカルト本にハマり、第三の眼を開く為に大学を休学して、部屋に引きこもり、坐禅や瞑想などの修行をし続けていたそうなのです。そして、その修行の日々は6年間続き、大学休学も6年間続いたのでした。う〜〜ん、アホ過ぎる。



たぶん大学生の父は、「この修行はとても特別で、自分だけしかできない特別な修行なんだ!!そして、この修行の先に第三の眼の開眼があるのだ!!」と大真面目に修行していたのでしょう。オカルト本を大真面目に信じて修行していたのです。なんという黒歴史



自分はここまで父から父の人生を聞いてきた訳ですが、父から大学休学及び「第三の眼」という本の存在を聞かされ、早速ネットで調べてみました。するとネットで出てきたのはいかにもオカルティックな本の数々だったのです。自分ばピンと来ました。「こりゃ親父は大学時代に中二病(邪気眼)を発症してたんだな」、と。



ちなみにこの「第三の眼」というオカルト概念に関しては、自分も過去に様々な作品で触れては来ていました。自分が大学生の時に、「サザンアイズ」というSFマンガが流行っていましたが、これは「第三の眼」をモチーフにしたマンガでした。



サザンアイズヤンマガ連載でしたね。



また、深夜アニメを見ていた頃には「中二病でも恋をしたい」という作品の中で、邪気眼に憧れる中学生の女の子が描かれてもいました。しかし、当然自分はこの「第三の眼(邪気眼)」を1ミリだって信じてはいません。自分は昔から大のアンチオカルト、アンチ新興宗教ですからね。人間に第三の眼なんてあるはずがありません。自分は「第三の眼」という概念をあくまで作品のモチーフとして見ていただけです。



中二病でも恋をしたい」2012年放送です。懐かし過ぎる。



特に「中二病でも恋をしたい」では作品自体が、中二病的な思考傾向を面白おかしく描いていましたからね。なんというか「中学時代ってこういう痛いノリがあるよね〜」的な描き方です。自分もそういうノリでこの作品を楽しんでいました。



しかし、大学時代の父は違います。大学時代の父はこの「第三の眼」を大真面目に信じて一人で修行していたのです。しかも大学を休学して6年間も。そして、その間にはこの前の記事に書きました通り、寮生活において、周りの生活音が病的に気になって仕方がなく、半年おきに引っ越しを繰り返してもいました。そりゃ部屋に引きこもって、こんな不毛な現実逃避を一人でやり続ければ、精神は壊れ、周りの音が病的に気になるってものです。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村