鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

父親との喧嘩の話をカウンセリングで喋る〜「東○荘事件⑧」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「父親との喧嘩の件りを自画自賛する〜「東○荘事件⑦」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が良い気分でカウンセリングセンターに向かったという話でした。自分はこの直前に父親と取っ組み合いの喧嘩をしまして、その最中に溜まりに溜まった言葉を叫べたんですね。さらに、その状況は自分1人vs家族3人の完全孤立状況でしたが、自分はその状況に臆する事なく立ち回れました。加えて、アドリブで「ガキがガキ作ってるんじゃねぇよ!!!」というキラーフレーズを吠える事も出来ましたからね。自分の心の中は先程の喧嘩の興奮がまだまだ残っておりまして、「俺よく頑張ったなぁ」という気持ちで満たされていたのです。自分があんな風に取っ組み合いの喧嘩をするなんて生まれて初めての経験でしたし、自分は取っ組み合いはおろか、口論すらした事のない人生を送ってきたのです。自分は自画自賛したい気持ちでいっぱいでした。さて、そんな興奮冷めやらぬ状態で電車に揺られているとカウンセリングセンターの最寄駅に着きました。自分は先程の事件を喋りたくてたまらなかった記憶です。カウンセリングルームに着き、H先生のカウンセリングが始まると、自分は先程の事件を堰を切ったように喋り始めました。そう、以前の記事で、引きこもり明けの自分はカウンセリングで自分の過去を饒舌に喋れるようになっていた、という話をしました。しかし、引っ越しの話が出てきて以降の自分は大分その喋りのテンションが下がっていた記憶です。ホント引っ越しの話が自分の精神に与えたダメージは膨大でしたから、以前は饒舌に喋れていた過去の話も、引っ越しの話が出来てきて以降はローテンションに戻っていました。




ですから、このように自分がカウンセリングでハイテンションで喋るのは1〜2ヶ月ぶりだったと思います。自分は以下の事を喋った記憶です。



・カウンセリングに行こうとすると、父親が血相変えて飛び出して来て、取っ組み合いの喧嘩になった事


・そこに母親や妹も加わり1vs3の袋叩き状態になった事


・自分が親に向かって「お前らのせいで俺の人生滅茶苦茶だ!!!」、と吠えた事。さらに「お前ら俺の人生滅茶苦茶にしやがって、絶対に許さないからな!!!」的な事も叫んだ事




・「ガキがガキ作ってるんじゃねぇよ!!!」というキラーフレーズを吠えれた事。さらに「適当にセックスしやがって、それで産まれてきて滅茶苦茶な人生送らされるこっちの身にもなりやがれ!!!」、的な事も言えた事



・母親への嫌がらせ的な意味合いで、近所の響き渡るような声で「助けて!殺される!!」、と叫んだ事



・母親に対して「なんだ!お前も俺の事が憎いのか!!だったら俺の顔を殴ってみろよ!!!」と挑発したら、頬を殴られた事



・母親が警官を呼び、それでとりあえず事態は収束し、自分はカウンセリングに向かった事




自分の中には先程の喧嘩の興奮がまだまだ残っていましたから、それはそれはテンション高く喋りました。なんというか武勇伝を喋っているような高揚感です。それに対して先生は「そうだったんだ〜〜」と相槌を打ちます。いつものカウンセリングと変わらない対応でしたね。正直自分は先生に対して「大丈夫だった?」、とか「大変だったね〜」とか「頑張ったね〜」的な優しい言葉を掛けて貰える事を期待していたのですが、そういう言葉は全く無かった記憶です。そこは正直期待外れでした。今日のカウンセリングはいつもと違って、大事件が起きた直後な訳ですから、自分は先生に対して特別な対応を期待していたのです。なんせ自分と先生の関係は4年以上続いていますから、こういう緊急事態においてはいつもと違う対応をしてくれるのではないか、と。なんだったら自分は予約時間の他にもカウンセリングをして欲しいぐらいだったのです。しかし、先生の対応はいつものカウンセリングの対応となんら変わりない対応で、自分はがっかりした記憶です。カウンセリングの時間もいつもと変わらない1時間でしたし。先程の事件は自分にとって余りにも衝撃的な事件でしたから、その1時間では全然足りず、自分はかなりの消化不良感を味わった記憶です。「あぁまだまだ喋りたい事があるのに、もう終わりか、、」って感じ。あの感じだと2〜3時間は喋りたかった感じですね。そんな感じで、今回のカウンセリングはかなりの消化不良感を残して終わったのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村