鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

憎しみのミルフィーユ状態〜「東○荘事件⑨」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「父親との喧嘩の話をカウンセリングで喋る〜「東○荘事件⑧」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が父親と取っ組み合いの喧嘩をした後、カウンセリングに行ったという話でした。自分の心の中には先程の喧嘩の興奮がまだまだ残っていましたから、カウンセリングでこの話をテンション高く喋りました。カウンセリング後、自分はこの後どうするのか、迷い始めました。家になんか当然帰りたくありません。そもそも自分は今回の喧嘩の前から家族3人に対して「殺したい」程の憎しみを感じていた訳ですが、それがこの喧嘩で3倍くらい増えた感覚があったのです。振り返ってみますと、両親から引っ越しの話が出てきた時点で、自分の憎しみは抑えきれなくなっており、「音による正当防衛」をせざるを得なくなっていました。そこに来て、今回の喧嘩です。自分の心の中はさらなる憎しみが爆発しまくっていました。こんな感じです。「ようやくあいつらのせいで滅茶苦茶にされた人生から一歩進もうとしているのに、そこをあいつらの引っ越しの話で妨害された上に、あいつら3人から袋叩きにされるってなんなんだよ!!!!」、と。そう、自分は父親との取っ組み合いの中で、母親や妹からも攻撃された事が憎くて仕方なかったのです。この憎しみの気持ちは凄まじく、自分が家族に感じる憎しみはがこのように変化していました。



「殺したい」程憎い

「殺しても殺し足りない」程憎い



さらに心の中は、「なんであいつらに人生を滅茶苦茶に破壊された上に、袋叩きにされなきゃならない訳???」、という理不尽感にも満ち溢れていたのです。




そう、自分の心の中はカウンセリングを受けた直後から、喧嘩の興奮が少し冷めてきまして、代わりに上記のような憎しみの気持ちがどんどん湧いてきた記憶です。もうなんか憎しみが多重に重なり合い、憎しみのミルフィーユのような状態になっていました。その状態を整理してみますと、



①家族によって自分の人生(記憶のサルベージ以前の28年間)を滅茶苦茶に破壊された憎しみ。



②記憶のサルベージ(言語化)を経て、ようやく新しい人生を歩み出した矢先に、家族の引っ越しの話が持ち上がり、それによりまたも自分の人生が妨害されている。



③先程起きた父親との取っ組み合いのケンカと家族3人による袋叩き。



という事になります。自分の心の中は憎しみに満ち溢れていきまして、思考能力が無くなりそうな程でした。そう、カウンセリングが終わった後、自分の心の中は完全に憎しみの気持ち一色に染まっていったのです。それはその後自分がどういう行動をするのか、しばらく決められないくらいでした。憎しみが溢れ過ぎて途方に暮れている状態です。仕方ないので、自分はしばらくカウンセリングセンター近くの繁華街を彷徨っていました。街を彷徨いながらも、「家には絶対帰りたくない!!!」という気持ちだけははっきり認識していたのを覚えています。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村