鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

家族の事が「殺しても殺し足りない」くらい憎い〜「東○荘事件13」(2006年3月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「ホテルに辿り着いた時のカオス過ぎる感情〜「東○荘事件12」(2006年3月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が夜10時頃に「東○荘」というビジネスホテルにチェックインしたという話でした。自分はホテルの部屋に入り、ソファに座ると「はぁ〜〜〜っ。」と大きくため息をつきました。この時の自分の感情はぐっちゃぐちゃのぐっちゃぐちゃでした。今回の記事もここら辺の気持ちを書かせて貰います。この日はホント色々あり過ぎた日だったのです。自分の頭の中は凄まじい感情の嵐が吹きまくっており、その余韻で自分の感情はカオスofカオスになっていました。このぐちゃぐちゃの感情の中で最も大きかったのは、父親との取っ組み合いの喧嘩による興奮の余韻です。何せ自分がこのような喧嘩をするのは生まれて初めてでしたから、闘争心や高揚感の余韻みたいなものがまだまだ残っていました。そして、次に大きかったのは、憎しみです。今回の一件で、自分の家族に対する憎しみは、こう変化しました。


「殺したい」程憎い

「殺しても殺し足りない」程憎い



そして、この憎しみを整理しますと以下の3つになります。



①家族によって自分の人生(記憶のサルベージ以前の28年間)を滅茶苦茶に破壊された事



②1年半に渡る記憶のサルベージ(言語化)を経て、ようやく人生をやり直そうとしている矢先に、家族から引っ越しの話が持ち上がり、またも自分の人生が妨害されている。


③先程起きた父親との取っ組み合いの喧嘩とその後の家族3人による袋叩き




自分はこの家族によって28年間の人生を滅茶苦茶に破壊された訳ですが、それに加えて引っ越しの話で妨害され、さらに父親との取っ組み合いの喧嘩の末、家族3人から袋叩きにされました。自分はこんな気持ちでした。「お前ら俺という人間をどこまで破壊し尽くせば気が済む訳?????」、と。そう、それにより自分の家族に対する憎しみは、



「殺したい」程憎い

「殺しても殺し足りない」程憎い



に変化していました。また、自分の人生に対して膨大な「理不尽感」と「絶望感」も感じましたね。特にそれを感じたのは、上記の憎しみの②「1年半に渡る記憶のサルベージ(言語化)を経て、ようやく人生をやり直そうとしている矢先に、家族から引っ越しの話が持ち上がり、またも自分の人生が妨害されている。」です。そう、自分の人生を振り返ってみますと、記憶のサルベージに至るまでの28年間も、酷い人生だったのです。自分は学校生活において周りと全くコミュニケーションが取れず、孤独と恐怖と無力感によってただひたすら心身が壊れていくだけの人生を送ってきました。結果、高校時代に発症した鬱は、9年間の大学生活を経て6倍にまで悪化する事に。それだけでも自分は充分人生の「地獄の底」を味わったつもりでいたのです。自分の人生にこれ以上の下は無いと思っていました。そして、自分は拷問のような記憶のサルベージを1年半かけてようやく終え、なんとか引きこもり状態を脱しました。そこで生まれて初めて「自分の意志」というものを持ち、充実したパチンコ&カウンセリング生活を送っていたのです。ところが3ヶ月も経たないうちに引っ越しの話が出て来て、さらに今日の喧嘩と袋叩きです。自分は天国から一気に地獄の底の底に突き落とされてしまいました。サルベージ明けの自分はこんな事全く予想をしていませんでしたからね。まさか「地獄の底」には「地獄の底の底」があり、そこに突き落とされる事になるとは。しかも、憎しみの①にありますように、そもそも自分が地獄の底に落とされた理由は、自分が学校生活において周りと全くコミュニケーションが取れなかった事にあるのですが、その原因は「家庭環境」にある訳ですからね。こんな事は自分にとって「理不尽」と「絶望」の極みとしか思えませんでした。




今日の一件により自分の心の中は、家族に対する「殺しても殺し足りない」程の憎しみと、激烈な「理不尽感」と「絶望感」に満ち溢れていました。そういえばあの時の自分もそんな事をノートに書いていた記憶です。そう、あの時の自分もホテルのソファで一息付くと、自分のぐちゃぐちゃ過ぎる感情を整理したくなったんですね。そこでコンビニに出向き、ミニノートとペンを買い、部屋に戻って自分の気持ちを書き殴り始めました。自分はノートを書きながら、家族への憎しみに気が狂いそうになった記憶があります。というか気が狂っていました。「あいつらぶっ殺す!!!!」的な事を何度書いたか分かりません。また、書きながら憎しみの余り「あ"〜〜〜〜〜〜っ!!!!!」って奇声を何度も上げていましたね。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村