鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

引っ越しの作業がとりあえず終わる(2006年6月26日・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「引っ越し当日(2006年5月・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が長年住んでいた部屋とお別れした、という話でした。懐かしいですねぇ。あの記事を書いている時に、現在の自分(2021年5月)は15年ぶりにあの部屋への強い愛着を思い出しましたのですが、その時に「おぉ、俺の中にもこういう愛着の気持ちがあったのかw」と驚きました。思い出してみますと、自分はこれまでの44年の人生の中で「人」に対して愛着の気持ちを持った記憶が無いのです。ひたすら鬱が悪化していく人生を送ってきましたから、人に愛着を感じる余裕など全くありませんでした。ですから自分は「人」には愛着を持った事が無いけど、「部屋」には持った事があるというのは、今回記事を書いてみて新たな発見でした。




さてさて、話は2006年6月の引っ越し当日に戻ります。自分は愛着ある部屋に別れを告げて、引っ越し先の一軒家に向かいました。引っ越し先に着くと、業者さんのトラックも着き、搬入開始です。まずは家具が新しい自分の部屋に入っていきます。自分は事前に配置を決めていましたから、その通りに置いていって貰います。そう、前日にこの部屋に赴き、ベッド、机、本棚、TVの配置を決めていましたからね。そして、家具が入ると段ボールが運ばれてきまして、空いてるスペースに積まれていきます。引っ越し先の部屋は前住んでいた部屋の2倍以上の広さでしたから、置くスペースは沢山ありました。段ボールの搬入が終わると、とりあえず搬入作業は終わりです。自分は引っ越し業者さんにお礼を言い、業者さんは他の部屋へと向かいました。これでまずは一段落です。とりあえずここまでは特に大きなトラブルは無く、自分はけっこうホッとした記憶です。




次に自分は段ボールの開封作業に移りました。段ボールを開け、その中身を本棚やベッドの下やラックに移していきます。これも順調に進んでいきました。ただ別にこの作業は急いで全て終わらさなくても良いのです。本棚に本を入れるのなんて後日でも全然構いません。本なんて2〜3年全く読んでいないのですから。ですから自分は服などの必要性の高いものだけを段ボールから取り出し、残りは積んでおいた記憶です。さぁこれでもう一段落終わりました。とりあえずはこれで一通り生活はしていけそうです。自分は大きく安堵したのを覚えています。




この時点で夕方の5時くらいでしたかね。引っ越し屋さんは帰っていき、家の中の雰囲気は落ち着きました。自分は改めて新しい自分の部屋を見回しましたが、全然しっくり来ませんでしたね。なんかこう全く落ち着きませんでした。そう、家具の配置は自分が決めたものですからしっくり来ていましたが、この新しい部屋自体が全然しっくり来ていませんでした。しっくり来ないどころが、凄まじく違和感があります。そりゃそうです。自分は15年間住んだ以前の部屋に凄まじい愛着を感じていましたから、そんなすぐに新しい部屋に馴染めるはずがありません。まして自分はこの部屋に引っ越すまでに、どれだけ果てしない精神的ダメージを受けた事でしょう。そう、自分はここへの引っ越し作業を自殺を担保にして進めてきたのです。それを考えると、この新しい部屋自体がとても憎らしく思えるような部分があったような気がします。しかし、引っ越して来た以上、ここに住む以外の選択肢はありません。自分は引っ越しが無事終わった事にはとても安堵しつつも、凄まじく落ち着かない気分で部屋に佇んでいたのでした。



今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村