鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

大きな物置の引っ越し完了(2006年7月上旬・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大きな物置の引っ越し開始(2006年7月上旬・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が引っ越し業者さんにお願いして、以前に住んでいた家から大きな物置を搬出した、という話でした。次に自分と引っ越し業者さんは新しい家に向かいまして、問題の搬入作業です。自分はこの搬入が上手く行くかどうか不安でたまりませんでした。あの大きな物置(横幅74cm×奥行き60cm×高さ220cm)が新しい家の階段や廊下を通る事が出来るのか、自分の部屋の天井とぶつかったりしないのか、そして「吊り作業」で上げる場合電線やバルコニーが邪魔になるのではないか、など不安の種は尽きません。また、どのやり方も上手く行かず、この大きな物置が1階の空きスペースに置いていかれてしまうと最悪です。1階は両親の居住スペースですから、自分はこの処遇を巡って、妹を通じて両親とやりとりをせねばなりません。自分は両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を抱いていましたから、妹を通じてのやりとりすら致命的なストレスを感じていました。その為に首吊りの準備をせねばならない程だったのです。ですから、自分は再び両親とやりとりせねばならない事態に陥る事を極度に恐れていました。その恐怖心で引っ越し前夜は一睡も出来なかった程です。そして、いよいよ問題の搬入作業が始まります。自分はかなりドキドキしながらその行方を見守っていました。




まずは大きな物置がトラックの荷台から降ろされまして、業者さんが4人がかりで物置を玄関まで運びました。そこから今度は階段を使って2階に上げていきます。物置は無事2階に上がりました。ここからは廊下を通って自分の部屋に運ぶのですが、この廊下は途中で90度に2回曲がるのが厄介です。なんせこの物置は巨大ですから。自分がドキドキしながら見守っていますと、業者さんは何度も物置の角度を変えたり、廊下を滑らせたり、で上手く廊下を通り、自分の部屋の中まで物置を持ってきました。この時点ではまだ物置は寝かせた角度で搬入されていましたから、この物置が自分の部屋の天井にぶつからずに直立してくれれば、作業はほぼ終わりです。業者さんが慎重に物置を直立させて行きまして、無事物置は天井にぶつからずに直立してくれました。最後に物置が自分が指定する場所に運ばれまして、引っ越し完了です。自分の思った通りの場所に物置がピッタリ入りました。自分は業者さんにお礼を言いまして、お金を払いました。




業者さんは帰っていった後、自分は改めて運ばれてきた物置を見ました。事前の見立て通り、物置は空いていたスペースにピッタリ収まってくれまして、そのピッタリさ加減がホントに気持ち良く思えたのを覚えています。例えが伝わるか分かりませんが、テトリスというパズルゲームで長い棒がピッタリ穴にハマった時のような気持ち良さです。自分はこの物置の引っ越しをやってホントに良かったと思いました。自分が15年間使い続けたかなり愛着のある物置をこれからも使い続ける事が出来ますし、単純に収納スペースもかなり増える事になります。そして、空いたスペースを綺麗に使い切る事も出来ました。この物置の引っ越しにおいて、途中かなりのストレス状態に陥りましたが、結果的には上手く行き、何かこう報われるような感覚もありました。恐れていた両親とのコンタクトも取らずに済みましたからね。また、最初の引っ越し業者さんには「持って行けない」と言われた物置を持ってくる事が出来て、ある種の達成感もありました。自分は「物置の引っ越しやって良かったなぁ」としみじみ思いました。そして、この物置の引っ越しをもって、引っ越し全体の流れもとりあえず一段落という感じでした。まぁまだ段ボールの荷開け作業は残っているものがありましたが、大きな作業はこれで終わりという感じでして、その意味でもホッとしたのを覚えています。




f:id:sarvage99:20210525212515j:plain
めっちゃ綺麗にハマりましたw



今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村