鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

3年ぶりに母親とコンタクトを取り、生活費を請求する(2006年8月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「何故両親に対して「殺しても殺し足りない」程の憎悪を抱くに至ったのか(2006年8月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分は母親とコンタクトを取ってみる事を決断した、という話でした。そう、自分は引っ越しが原因でパチンコで稼げなくなってしまいましたから、その分の補償を母親に求めようと思ったのです。求めようと思ったのは、生活費40000+貯金20000=60000。これまで自分は半年間に渡ってパチンコで月30万稼いでいましたから、その額に比べるとかなり少ない額です。しかし、自分は引っ越しと東○荘事件を経て「鬱の廃人」+「鬱の狂人」状態に陥っていましたから、欲望が極小化しており、とりあえずはそれくらいで満足だったのでした。



次に自分は父親と母親どちらに請求するのか考えました。ここはほぼ考える事なく母親を選択しました。何故なら自分は30年間の家族生活の中で、母親の方が圧倒的にコミュニケーション能力が高く、話が出来る人間である事を知っていたからです。ここら辺の選択の経緯も前回の記事で書かせて貰いました。ただし本来なら自分にとって母親は「殺しても殺し足りない」程憎い存在です。お金の補償を求める接触すら、自分にとっては殺人的なストレスでありました。ですから、自分は自分の部屋に首吊りの準備をしまして、もし殺人的なストレスで自我が崩壊しそうならこれでこの世から離脱する覚悟でした。まぁこの首吊りの流れは引っ越しの時で1度経験済みでしたから、今回はそこまでのストレスは感じなかった記憶です。もはや自分の中で「首吊り」は日常的な選択肢の一つとなっていました。




さて、そのような覚悟を決めた上で自分は母親とコンタクトを取りました。あれは確か2006年の8月の下旬です。自分は相変わらず1日の18時間をベッドの上で過ごす生活をしており、起きている6時間も殺人的な疲労感と殺人的な眠気で意識朦朧とした状態で生活していました。ですから、母親にコンタクトを取る際も、自分の身体は100kgの重りを背中に背負ったかのように重く、身体が床にぺちゃんこに潰されそうだったのを覚えています。そんな身体で自分は1階に降りていき、リビングに母親を見つけ、こう言いました。「引っ越しのせいでパチンコで稼げなくなったから月6万欲しいんだけど」、と。自分が母親と喋るのは3年ぶりくらいだったと思います。本来なら自分にとって母親は「殺しても殺し足りない」程憎い人間です。その憎しみには凄まじい暴力衝動が伴っています。しかし、コミュニケーションを取るからにはその暴力衝動を押し殺さなければなりません。その精神的苦痛で自分が喋るトーンは滅茶苦茶重かった記憶です。対する母親はまず自分が3年ぶりに話しかけてきた事に驚いた様子だったと思います。その後「あぁそう」って感じでしたね。反応は悪くありませんでした。ちなみにうちの母親は過去に自分がパチンコで稼いでいた事実を知っています。自分は2003年に尿管結石を発症し、病院に1週間程入院したのですが、その際の入院費(10万くらい)を後日パチンコで稼いで払っていたからです。話は戻ります。母親のリアクションを見た後、自分はそこでまたかなり重く暗いトーンで、「内訳は生活費が40000に貯金が20000」と言いました。すると母親はけっこう早めに「分かったよ」と返してきた記憶です。それ以上は特に何も聞かれませんでした。確かその場で今月分の60000を渡されたような気もします。自分はそれを手に取り、自分の部屋に戻りました。そして、かなり大きく安堵しました。「これで虎の子の貯金を取り崩さずに生活できる、、!」、と。





そう、この出来事は久しぶりに自分の中で嬉しい出来事だった記憶です。引っ越しの際の大きな物置の引っ越しより5倍くらい嬉しかったですね。振り返ってみますと、自分は両親が言い出した引っ越しが原因で「月30万の稼ぎ」と、「生まれて初めての自分らしいやり甲斐のある日々」を潰されてしまいました。しかし、今回の母親とのやりとりで、月30万には遠く及びませんが働かずとも月6万が得られる事が確定したのです。これは嬉しかったですねぇ。首吊りを覚悟の上で母親にコンタクトを取った甲斐があったというものです。自分はここから毎月母親から生活費を貰い続ける事になります。そして、10年スパンくらいの長い時間軸で考えると、ここから始まった母親との関係性こそが鬱の回復の為の最初の小さな一歩だったな、とも思います。まぁもちろん途中には紆余曲折色々ありましたし、時には逆に鬱が悪化したと思えるような状況もあったりしました。ただ基本的な流れとしましては、ここから自分は母親への信頼をほんの少しずつですが取り戻していき、それが母親とのコミュニケーションに繋がっていき、その流れの先に鬱の回復があったという感じでしたね。




ちなみに現在の自分(2021年6月)の話なんですが、この前両親と喋っている際に15年前のこの時の話になったんですね。そこで自分がうちの母親に「あの時どういう気持ちだったの?」と聞いた所、「それで〇〇(自分の名前)の気持ちが済むなら、と思った」と答えてくれました。それを聞いて自分は母親の限りない優しさを感じ、少し涙腺が緩んでしまいました。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村