鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

月6万の生活費が補償される嬉しさ(2006年8月頃・30歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「3年ぶりに母親とコンタクトを取り、生活費を請求する(2006年8月頃・30歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が母親とコンタクトを取り、月6万の生活費を補償させる事に成功した、という話でした。あれは嬉しかったですねぇ。自分は親が言い出した引っ越しによって、「月々30万の稼ぎ」と「やり甲斐のある日々」を潰されてしまった訳ですが、その対価として月々6万の生活費をゲットした、とも言えると思います。そして、この生活費があれば、自分が必死に貯めた貯金を減らさずに生活する事ができるのです。これは嬉しかったですねぇ。振り返ってみますと、自分が最初に父親から引っ越しの話を聞いたのが2005年の11月頃でして、それ以降自分のメンタルはズタズタに引き裂かれ続けました。引っ越しと東○荘事件によって自分は致命的なストレスの嵐に巻き込まれ、それは首吊りの用意をせねばならない程でしたからね。結果自分はパチンコで稼ぐ気力を失い、月々30万の収入を失う事に。そして、2006年6月に引っ越しは終わり、紆余曲折を経て2006年8月に生活費が補償される事になりました。ここに来てようやく「精神的・経済的な意味」でも引っ越しの流れが一段落着いた感じです。




改めて思い出してみますと、やはり生活費6万が補償されるのは嬉しかった記憶です。2005年9月〜2006年3月の半年間で自分はパチンコで180万程稼いでいたのですが、それは鬱の諸症状に苦しみながらの稼ぎでもあったのです。自分の身体は長年の「慢性的な疲労感」と「慢性的な眠気」の蓄積でズタボロの状態にありましたから、この身体で朝から晩までパチンコを打ち続ける生活はかなりキツいものがありました。早起きが滅茶苦茶辛かったですし、パチンコ屋に行ったら行ったで、あそこはタバコの煙やら騒音やら光やら、まぁ色々な刺激が多い場所ですからね。もちろん、今回のパチンコⅣ期には「カウンセリング代と生活費を稼ぐ」と言う、素晴らし過ぎる目標がありましたから、モチベーション自体はMAX状態にありました。ただし、その高いモチベーションが日々の鬱症状の苦しみを癒してくれる感覚は無かった記憶です。ここらへんはとても引き裂かれている状態だったなぁと思います。パチンコに対してモチベーションMAXの状態でありながらも、身体は相変わらず鬱の諸症状に苦しんでいたのです。




このように自分は鬱の諸症状に苦しみ続けながら、月30万を稼いでいきました。そして、引っ越しによりそのモチベーションは完全消滅してしまいました。先程も書きました通り、その後の自分は母親に生活費を補償させる事に成功しましたが、その額は月6万です。月30万には遠く及びません。ただし、その6万は「何もしなくても」補償される6万なのです。パチンコ屋に行って、殺人的な疲労感と殺人的な眠気に苦しみながら、朝から晩までパチンコを打たなくても良いのです。これは自分にとってとても価値がある6万でした。




そう、当時の自分は「鬱の廃人」+「鬱の狂人」状態に陥っており、1日のうち18時間をベットで過ごす生活になっていました。そして、起きている6時間も致命的なストレスの嵐で意識朦朧としていますから、もはや「欲望」が極小化していました。食欲は超不安定でしたし、睡眠欲以外の欲望は無いに等しい状態でした。なんというか、「旅行したい!」とか「美味しいもの食べたい!」とか「遊びたい!」とか「彼女作りたい!」とか「趣味にお金使いたい!」とかそういう欲望がほぼほぼ消えていたのです。だって起きている時間はずっと殺人的な疲労感た殺人的な眠気に襲われ続け、その甚大な精神的苦痛で意識朦朧としている訳ですから、そんな余裕があるはずありません。外に出掛けるのは週1くらいで、そこで買うのも生活必需品とコンビニのお菓子と弁当くらいですからね。生活費の補償という点では6万で充分だったのです。




細かい内訳の話になりますが、月6万の内訳は生活費が4万で貯金が2万という計算でした。ただ実際に生活してみるとその後の生活費は月4万もかからなかった記憶です。当時の買い物といえば、週1でコンビニ行ってお菓子や弁当を買い、駅前のスーパー行って生活必需品を買い、後はブックオフやネットで古いマンガをちょいちょい買うくらい。生活費が1〜2万の月もけっこうあったような気がします。ですから、そこで使い切れなかった生活費は貯金に回す事が出来、それはちょっぴり嬉しかった記憶です。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。








にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村