鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

腰が痛過ぎてレインコート脱ぐのに20分(2007年3月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「花粉症発症→謎の腰の激痛(2007年3月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が花粉症を発症し、耳鼻科に行こうとしたら、謎の腰の痛みに襲われた、という話でした。そう、耳鼻科に行く為に服をアホみたいに着込んだのですが、その謎の痛みのせいで耳鼻科行きを断念せざるを得なくなったのです。もうホント腰が痛過ぎて、原付を運転するどころでは無くなってしまいました。そう、運転どころか、シートに座っていられないような激烈な痛みでしたからね。自分は原付を元の場所に戻しまして、痛みに耐えながら、這いながら2階自分の部屋に戻ります。なんとか階段を登り、廊下を通って、部屋に戻ってきました。もうなんかこの頃には痛みがさらに激しくなり、息も絶え絶えになっていた記憶です。




部屋に戻った自分は一刻も早く服を脱いでベッドで横になりたかったのですが、最悪な事にこの時の自分はアホみたいに服を沢山着込んで着膨れしています。そう、原付に乗って出掛けるつもりでしたから、冷え性対策でデニムの下に股引き2枚とジャージ3枚を着込んでいましたし、さらにデニムの上にレインコートを2枚履いていたのです。そして上半身の方もかなり着込んで着膨れしていた記憶です。そこで自分はまず上半身の方を脱ぎ始めました。ちょっとでも上半身を捻ると腰に凄まじい激痛が襲ってきます。慎重に慎重に脱いでいきまして、少し手間取りましたが、なんとか外着は脱げました。問題なのは下半身です。そう、先程自分は出かける際に、まず股引き2枚とジャージ3枚とデニム1枚を履きました。この時点でけっこう自分の下半身は着膨れしており、動きが制限されるような状態になっていました。自分はそこからさらにレインコート2枚を履こうとしましたが、着膨れ状態でかなりバランスを取る事が難しく、壁に捕まりながらなんとかレインコート2枚を履いたのです。ですから、今度はこの逆をしなければなりません。そう、腰のこの激烈な痛みに耐えながら、バランスを取りながら、レインコートを脱がなければならないのです。自分はこの事に気付き絶望した記憶です。もはや立っているのも無理なくらい腰が激烈に傷んでいるのに、バランスを取りながらレインコートを脱ぐなんて芸当できるはずがありません。というかもはや自分は痛みで立っている事が出来ず、床に半身で横たわるような状態になっていましたから、ここから再び立ち上がり、バランスを取りながら脱ぐなんて出来るはずもありませんでした。




そこで自分は床の上に半身で横たわりながら、なんとか1枚目のレインコートを脱いでいく事にしたのです。床に横になりながら、服を脱ぐなんて生まれて初めての作業。しかし、レインコートを脱ごうと身体を動かすと腰がさらに激烈に痛み、自分は悶絶状態です。ですから自分は一気に脱ごうとせずに、1cmずつレインコートを下にずらしていった記憶です。そう、激烈な腰の痛みには波があり、身体を動かすと激烈に痛むのですが、動かないと少し痛みが収まるんですね。ですから、その波の合間を縫って1cmずつレインコートを下に下ろして行きました。あの姿は第三者目線で見ると、床の上で芋虫がモゾモゾ蠢いてるような光景だったと思います。




自分はなんとか20分くらいかけて1枚目のレインコートを脱ぎ終わった記憶です。自分の人生の中であんなに1枚を脱ぐのに苦労したのは後にも先にもあの時だけです。自分は続いて2枚目のレインコートにチャンレンジします。腰の痛みは全く収まっていませんし、さらに激烈になっていたような気もします。自分はまたも20分くらいかけて床の上で悶絶しながらレインコートを脱いで行ったのでした。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村