鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

花粉症発症→謎の腰の激痛(2007年3月・31歳)

皆さんこんばんはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「花粉症発症で発狂③(2007年3月・31歳)(2007年3月・31歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が花粉症を発症し、家族に対する「殺しても殺し足りない」程の憎悪がさらに激しく燃え上がった、という話です。そう、自分はそれまでの人生においてこの家族に2回殺されたも同然でしたが、ここに来てさらに花粉症を発症したのです。両親が言い出した引っ越しが原因で自分は花粉症を発症してしまったのでした。これによって自分の憎悪はさらに激しく燃え上がりました。それまでも引っ越し後の自分心の中にはコントロール不能な暴力衝動がドス黒く暴れ回っており、「この新しい家に灯油をまいて、家族もろとも燃やし尽くす」という妄想をよくしていましたが、花粉症発症後はこの妄想を実行に移す事も当然考えた記憶です。しかし、その後の自分はほとんど睡眠がとれない状態に陥っており、いつもの殺人的な疲労感と眠気がさらに激しくなっていました。これにより、その計画を実行に移す気力は無かった記憶です。しかし、自分の中のドス黒い暴力衝動は全く衰える事を知りません。そういえば、あまりにもこの憎悪が激しいものですから、発症から2日目に自分は母親に「裏の杉林なんとかしろよ!!!!」って怒鳴りに行きました。普段の自分からすれば、家族とはすれ違うだけでもそのあまりのおぞましさに発狂してしまうくらいの存在であり、家族とコミュニケーションを取る事など全くもってあり得ない状況でした。ただ、この時だけはホントに我慢ならずに、母親にそんな事を怒鳴りました。さらに「市役所に電話してあれを切れや!!!」的な事も怒鳴りましたね。そう、裏の杉林は「市」が所有しており、うちが勝手に切る事は出来なかったのです。しかし、母親はなんか「裏の林を切ると雨降った時に地滑りが起きる」とかなんとか言って、自分の言う事を聞こうとしません。自分は発狂しながら自分の部屋に戻った記憶です。これにより、さらに自分の中の憎悪の炎は激しく燃え上がりました。「あ"〜〜〜〜〜〜っ」って奇声を上げたり、もはや我慢出来なくて床や壁を殴ったりしてたかもしれません。もうホント自分の中の正気が無くなりそうな所まで来ていた記憶です。自分は以前から自分の中の正気が無くなりそうなら首を吊ろうと思っていましたが、この時はそこには思考が回らなかったですね。というか、首を吊るのは新しい家に灯油をまいて火を点け、家と家族を燃やした後だと思っていました。ここまで苦しい思いをさせられて、何故に自分一人だけが死ななければならないのでしょう。首を吊るなら、家族を殺してから、です。




さて、このような感じで花粉症発症から2日目になっても自分の中にはコントロール不能な暴力衝動が暴れまくっていました。当然この日もほとんど眠る事が出来なかった記憶です。




そして、3日目です。自分はほとんど眠れないまま、昼の1時頃ベッドから出ました。相変わらずコントロール不能な暴力衝動が自分の中で暴れまくっています。また、1日目の夜に引き続き、2日目の夜もほとんど眠れませんでしたから、殺人的な疲労感と眠気は極限状態にあった記憶です。(正確には「夜」と言っても、ベッドに入っていたのは早朝6時〜昼12時ですが)そして、今日も鼻は花粉症で鼻水が垂れてきており、むず痒い状態です。まぁでもここまで来ると、もはや花粉症そのものの辛さより、自分の中でコントロール不能な暴力衝動が暴れ回る辛さの方が100倍くらい大きかったような気がします。




しかし、そうは言っても今回の憎しみのきっかけは花粉症です。自分はお医者さんに行き、薬を出して貰えばこの花粉症が治まるのではないかと考えました。そこで夕方5時くらいですかね。ホントに嫌だったのですが、耳鼻科に行く事にしたのです。自分の心の中は「なんで引っ越しで2度殺された上に、花粉症にもなって、さらに耳鼻科に行かなきゃなんないんだよ!!!!」と、またも暴力衝動が溢れまくっていました。




そんなどうしようもない状態で自分は外出する為の着替えをしまして、デニムを履き、その上からさらに2枚レインコートを着ようとしました。しかし、この日は雨は降っていませんでした。何故に自分がレインコートを重ね着しようとしていたかと言うと「防寒」です。この時の暦は3月で、場所は神奈川。気温は12度くらいでしたかねぇ。自分は極度の冷え性になっていましたから、この時期に原付で出掛ける時には、デニム1枚では到底我慢出来ず、その上にレインコートを2枚着ていたのです。あ、思い出しました。レインコート2枚以外にも色々着ていましま。さらにデニムの下には股引きを2枚とジャージ3枚を重ね着していましたね。ですから、股引き2枚+ジャージ3枚+デニム+レインコート2枚を着ないと自分は原付に乗れなかったのです。ですから、自分はまずデニムの下に股引き2枚とジャージ3枚を履きまして、その上からデニムを履き、さらにレインコートを2枚履こうとしたのです。ところが、デニムの下に股引き2枚とジャージ3枚を履いていますし、さらに上半身も同じくらい着膨れしていまふから、上半身と下半身がパンパンに膨れ上がっていて、上手く手と足を動かす事が出来ません。もうなんか自分がダルマになったかのような動き辛さです。下手したら倒れてしまいそうなので、自分は壁に捕まりながら、レインコートを履こうとします。ただでさえ自分の中にはコントロール不能な暴力衝動が暴れまくっている状態でしたから、さらに自分の怒りは激しくなった記憶です。なんというかムカつきの極限って感じでした。それでね〜、それでも自分はなんとかレインコートを履こうと身体を捻ったのです。すると、腰の方で「ピキッ!!」と嫌な痛みが走りました。この痛みは初めての痛みでした。自分は「なんだこの痛みは???」と思ったのですが、小さな痛みでしたので、気にせずレインコートを履き続けまして、なんとか2枚履き終わりました。ようやく外出準備が整いましたので、自分は部屋を出て階段を降り始めます。ところが、この腰の痛みがどんどんどんどん大きくなっていくんですよ。「えっ??なんだなんだ???」って感じです。そして、自分は靴を履き、玄関を出まして、原付を出そうとしたのですが、この頃になるともう腰の痛みが尋常じゃない程の痛みになっていたんですよ。自分はそれでもエンジンを動かし、原付に座ってみたのですが、もうシートに全く座っていられないくらいの痛みなのです。これじゃ原付の運転など出来るはずがありません。自分は仕方なく、原付を降り、耳鼻科に行くのを諦めました。自分の頭の中は「なんだこの滅茶苦茶な痛みは???!!!」で溢れまくっていました。





今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m






↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村