鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

自分の部屋に並々ならぬ愛着を感じていた理由②(過去編・2006年3月・30歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 自分の部屋に並々ならぬ愛着を感じていた理由(過去編・2006年3月・30歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、30歳の時の自分が、現在住んでいる「自分の部屋」に対して並々ならぬ愛着を感じていた、という話でした。自分は28歳〜29歳の1年間部屋に引きこもり続けていたのですが、そこで自分を守ってくれたのは唯一「自分の部屋」だけだった、という感覚を持っていたのです。(当時の自分は実家暮らしです。)



そう、この頃の自分は病的(×6倍)な被害妄想を発症しており、以下の「被害妄想」に苦しみまくっていました。


・「父親に殺されるのではないか?」

・「妹の出すドア音で眠る事が出来ず、衰弱死させられるのでは??」


そして、このような凄まじい精神攻撃に対して、「自分の部屋」だけが自分の殻となって、自分を守ってくれた、そんな感覚を持っていたのです。



また、自分は引きこもりの1年間を経て、「自分に対する自信」を限定的にですが、大きく取り戻す事となりました。そもそも自分が何故部屋に引きこもったのかと言いますと、以下の疑問を解きたくて仕方なかったからです。


「何故に自分の人生はどこにも居場所が作れず、社会から脱落する羽目になってしまったのか??」


そして、自分は部屋に引きこもり、自分の過去の記憶及びトラウマを全てノートに書き出しました。そして、全ての出来事の因果関係を繋いでいったのです。その結果、自分は下記の結論に達したのでした。


「自分の人生が28年目にして社会から脱落する羽目になってしまった原因は、『自分自身が生まれつき大幅に劣っている人間だったから』ではない!『小学校3年生以降家庭環境が戦争状態に陥ってしまったから』なんだ!!」


これにより、自分は「自分に対する自信」を限定的にですが、大きく取り戻す事になりました。そして、この1年間を経て自分は自分の人生を誰かに喋りたくて仕方なくなっていたのです。実際自分はここから再びカウンセリングに通い出す事となりました。これは引きこもり前の状態と比べると生まれ変わったかのようなポジティブな変化でした。



ですから、引きこもりの1年間は当時の自分にとって「自分が劇的にポジティブに生まれ変わった1年間」でもありました。そして、自分が生まれ変わった場所は「自分の部屋」に他なりません。つまり、当時の自分にとって「自分の部屋」とは、自分が生まれ変わった場所でもあったのです。自分が自分の手で自分の精神を生まれ変わらせた場所、つまり、当時の自分にとってこの部屋は「聖地」のような意味合いを持っていました。そして、引きこもり終了から2〜3ヶ月後に両親は「引っ越し」を言い出し、自分から「聖地」を奪おうとしてきたのです。う〜ん、そりゃさらに憎悪の炎が激化するってものです。



以上のような理由でも、自分は「自分の部屋」に対して、並々ならぬ愛着を感じていた、という話になります。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村