鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

母親に小学校時代のトラウマをぶち撒ける(過去編・2007年10月・31歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 母親とコミュニケーションを図る直前の、致命的な自己矛盾(過去編・2007年10月・31歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、31歳の自分が近所の家が柴犬を飼い始めたのを発見し、致命的な絶望感を感じた、という話でした。これは2007年10月の話になります。さらにその後紆余曲折を経て、母親と喋る気になっていった、という話になります。これは2007年10月の話になります。どうしてこの時の自分が致命的な絶望感を感じたのかと言いますと、当時の自分が「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥っており、病的(×18倍)な「音への被害妄想」を発症していたからです。




ここからは今回の記事の前提となる「前フリ」部分を貼りたいと思います。上記の「極度の虚脱状態と放心状態」がどのような状態だったのか、という説明です。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』



まずは当時の自分が陥っていた「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態を確認したいと思います。これは2006年6月に両親が引っ越しをした事で、自分の心身が「極度の虚脱状態と放心状態」に陥った事を表しています。



[引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細⑴〜⑻]



そして、2007年3月に起きた「ぎっくり腰事件」によって、自分の鬱はさらに1.5倍悪化しました。よって自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥ったのです。これは上記リンクの⑴〜⑻の諸症状がさらに1.5倍悪化した事を示しています。




また、上記リンクの⑹ には「2006年6月の引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」とあります。これは2006年6月に両親が引っ越しを強行した事で自分が致命的な精神的苦痛を受けた事を示しています。この時受けた致命的な精神的苦痛によって自分は「極度の虚脱状態と放心状態」(上記⑴〜⑻)に陥ったのでした。



[「引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」の詳細]



『前フリ終わり』



そして、「ぎっくり腰事件」から7ヶ月後の2007年10月、近所の家が犬を飼い始めたのでした。



ここからは自分が近所の家に犬を発見してからの心の動きをフローチャートで確認したいと思います。



[犬の鳴き声が発生してから、母親と喋り始めるまでのフローチャート]


ここからは前回の記事をそのまま引用します。母親と接触する直前の自分の精神状態の話になります。


『前回記事からの引用』



自分は結論に辿り着いた翌日、早速母親との接触を測りました。自分は接触を図る直前、ものすごく複雑な気持ちでした。何度も書いていますが、当時の自分は母に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていました。本来ならコミュニケーションなど絶対的にあり得ない状態です。



しかし、この時の自分は犬の出現によって、過去に例が無い程自殺への傾倒が高まっていました。そんな中で出現した選択肢は「自殺」or「母親と喋る」です。当時の自分にとって「母親と喋る」という選択肢は三重の意味で狂っている選択肢でした。




ところが、当時の自分がこの選択肢にある種の希望を見出していたような記憶もあります。何故なら自分が過去のトラウマをぶち撒ける相手として、母親はこれ以上ない喋り相手であったからです。フローチャートにも書いていますが、両親は自分の人生の最も近くにいた「当事者」であり、自分の人生を2度破壊した「責任者」でもありました。



ですから、当時の自分は母親と接触を図る直前、以下の2つの気持ちに引き裂かれていた記憶です。


・三重の意味で狂っている選択肢を選ばなければならなくなってしまった事に対する、致命的な絶望感。


・母親にこれまでのトラウマをぶち撒ける事で、もしかしたら自分の人生に良い変化が起こるかも、という期待感。


このような精神状態で、自分は母親との接触に踏み出したのでした。


『引用終わり』


ではこの続きを思い出していきます。自分は上記の致命的な自己矛盾を抱えながら、母親と接触を図ろうとしていました。この時の自己矛盾は、過去最大だったかもしれません。



2007年3月中旬のある日、自分は意を決して1階のリビングに降りて行きました。時刻は確か朝11時頃です。前夜の自分は、上記の自己矛盾に激しく心を掻き乱され、ほとんど睡眠が取れなかった記憶です。1階のリビングでは母親が一人でTVを見ていました。自分は「話があるんだけど」とこの上なく不機嫌な声で切り出しました。あれは地獄の底から響いて来るような声でしたね。そこからまずは現在の自分の話をした記憶です。2週間前に近所に犬が出現してからというもの、自分の睡眠が致命的に脅かされている、という話です。



自分は言いました。犬の鳴き声が原因で自分は凄まじい恐怖の中で寝付かねばならず、この2週間ほとんど睡眠が取れていない、と。もしかしたら、「あまりに辛いので自殺も考えている」的な事を言ったかもしれません。



ここで重要な事なのですが、当時の自分は現状の精神的苦痛をほとんど言語化出来てはいません。つまり、上記のフローチャートに書いてあります、


・「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態における8つの諸症状

・東○荘事件の後、両親が引っ越しの強行を決めた事による、過去に例を見ない程の挫折感と虚無感(東○荘事件の詳細はこちら)

・引っ越しに対する凄まじい憎悪と絶望感、その6つの理由


当時の自分はこれらの諸症状や憎悪の理由を何一つ言語化出来てはいないのです。ですから、何故に自分が犬の鳴き声にここまで苦しんでいるのか、筋を追って説明する事が全く出来ません。実際には上記の諸症状や憎悪がその苦しみの原因の全てなのですが、当時の自分はそれらを全く言語化出来ていませんでした。



ですから、自分が犬の鳴き声に対する苦しさを母親に訴えても、それが母親に伝わっている様子はほとんどありません。それに対して、自分は自分の苦しさをほとんど言語化出来ない事自体が苦しくてたまりませんでした。自分の心の中の苦しさを言語化して外に吐き出す事がまるで出来ないのです。



また、そもそもこうやって母親と喋っている事自体が自分にとっては凄まじい拷問です。自分にとって母親は「殺しても殺し足りない」「以上」に憎い相手なのですから。ですから自分の苦しみが母親にまるで伝わっていない様子を見ると、心の中で母親に対する「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪がさらに激しく燃え上がり、頭が狂いそうでした。



そこで自分は話を変える事にしました。自分が母親に対してぶち撒けたかったのは、「自分自身のトラウマまみれの31年間」です。正確に言いますと、引っ越し以前の29年間です。そう、自分がぶち撒けたかったのは、引きこもりの1年間で言語化した自分のトラウマの数々でした。それは小学校、中学校、高校、大学時代のトラウマの数々です。自分はそれらのトラウマによって、鬱を悪化させていき、社会から完全脱落し、挙句の果てには犬の鳴き声に首吊り寸前まで追い詰められていったのです。



ですから、自分が母親に犬の鳴き声の苦しさを理解させる為には、自分の小学校時代のトラウマから喋る必要がある、と考えました。自分の小学校時代のトラウマと言えば、小学校3年生の時の家庭環境の急激な悪化、そして、小学校6年生の時のA先生怒られ事件です。



自分は母親に対して激しい憎悪を滲ませながらこう言いました。「小学校3年生の時に親父が開業した事で、うちの家庭環境が急激に悪化し、戦争状態に突入した。それが原因で自分の精神年齢の成長が小学校3年生で止まり、学校生活において、様々なトラウマを抱える事となった」、と。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村