鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

ここまでの経緯をフローチャートにまとめてみる(過去編・2008年夏頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 2008年当時の母親が自分のトラウマ話に一切感情移入しなかった、3つの理由(過去編・2008年夏頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事も、31歳の自分が近所の家が柴犬を飼い始めたのを発見し、致命的な絶望感を感じた、という話でした。これは2007年10月の話になります。その後紆余曲折を経て、母親と喋る気になっていった、という話になります。どうしてこの時の自分が致命的な絶望感を感じたのかと言いますと、当時の自分が「極度の虚脱状態と放心状態」陥っており、病的(×18倍)な「音への被害妄想」を発症していたからです。



ではまず初めに、今回の記事の前提となる「前フリ」部分を貼りたいと思います。上記の「極度の虚脱状態と放心状態」がどのような状態だったのか、という説明です。いつもこのブログをお読みの方はスルーして下さい。



『前フリ』



まずは当時の自分が陥っていた「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態を確認したいと思います。これは2006年6月に両親が引っ越しをした事で、自分の心身が「極度の虚脱状態と放心状態」に陥った事を表しています。



[引っ越し後の「極度の虚脱状態と放心状態」の詳細⑴〜⑻]



そして、2007年3月に起きた「ぎっくり腰事件」によって、自分の鬱はさらに1.5倍悪化しました。よって自分の心身は「極度の虚脱状態と放心状態」×1.5倍状態に陥ったのです。これは上記リンクの⑴〜⑻の諸症状がさらに1.5倍悪化した事を示しています。




また、上記リンクの⑹ には「2006年6月の引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」とあります。これは2006年6月に両親が引っ越しを強行した事で自分が致命的な精神的苦痛を受けた事を示しています。この時受けた致命的な精神的苦痛によって自分は「極度の虚脱状態と放心状態」(上記⑴〜⑻)に陥ったのでした。



[「引っ越しの際の致命的な精神的苦痛①〜⑥+1」の詳細]



『前フリ終わり』



そして、「ぎっくり腰事件」から7ヶ月後の2007年10月、近所の家が犬を飼い始めたのでした。



自分が近所の家に犬を発見してからの心の動きをフローチャートで確認したいと思います。



[犬の鳴き声が発生してから、母親と喋り始めるまでのフローチャート]



今回の記事は、前々回、前回の記事を参照にして、上記のフローチャートの続きを書いていこうと思います。では始めます。




話は2007年10月の自分が母親と喋り始めた頃に戻る。自分は紆余曲折を経て、母親に自分の小学校時代のトラウマを喋り始めたのだった。しかし、それに対する母親のリアクションは全くもって物足りないものだった。自分は小学生の自分が受けた精神的ショックを詳細に喋ったのだが、母親はそのショックの1/3も理解していないようだった。



当時の自分からしたらこのリアクションははらわたが煮え繰り返るものだった。しかし、現在の自分(2022年7月)は当時の母親の無理解は仕方がない部分があったと考える。その理由はすでにまとめている通り、


①2007年の自分は、現在の自分(2022年7月)と比べると、過去の記憶への理解の深さが50%程度しかなかった。


②2007年の自分は、母親に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていた。


の2つ。




そして、これまで書いているようにここに3番目の理由が加わる。3番目の理由は、


③2007年の自分が感じていた母親に対する「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪、これは母親からすると「濡れ衣」であった。


これまで書いているように、2007年の自分は、我が家が10年以上に渡って戦争状態に陥り続けた責任の割合を父親:母親=50%:50%と感じていた。故に当時の自分は両親それぞれに等しく「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていた。



しかし、その割合は今現在(2022年7月)90%:10%まで変化している。そう、その責任は母親にはほとんど無かった、という事だ。つまり、2007年の自分が感じていた母親に対する「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪、これはほぼ間違いであった。憎悪の割合をかなり間違っていた、と。この状態は母親からしたら「濡れ衣」と言っても良い状態だった。



しかし、2007年の自分が間違ってしまったのも無理は無かった。何故なら当時の自分はまだ両親の人生を全く知らなかったのだから。知らない以上、50%:50%という印象を持ったのは仕方がない事だった。



このように2007年の自分は母親に対して大幅に間違っている印象を抱いたまま、自分の過去のトラウマを喋り始めた。そして、それに対する母親のリアクションはかなり物足りないものだった。当時の自分は、母親から「大変だったんだね、ごめん」という種類のリアクションを期待していたのだが、そのようなリアクションは全く無し。自分が過去のトラウマの話をいくらしても、母親からは何の質問も感想も返ってこない。自分は母親からのリアクションが一切無い中、延々と自分のトラウマを喋り続けたのだった。あれは壁に向かって一人で喋り続けているようなものだった。



このように母親のリアクションはかなり物足りないものだった。しかし、現在の自分(2022年7月)はそれは仕方がなかったと考えている。その理由は以下の3つ。


①2007年の自分は、現在の自分(2022年7月)と比べると、過去の記憶への理解の深さが50%程度しかなかった。



②2007年の自分は、母親に対して「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪を感じていた。



③2007年の自分が感じていた母親に対する「殺しても殺し足りない」「以上」の憎悪、これは母親からすると「濡れ衣」であった。




このように自分は母親に対して学生時代のトラウマを全て喋っていったのだが、それに対する母親のリアクションはほぼ無かった。これはかなり悲しく虚しかった記憶。





ただ当時の自分は「ほんの1ミリでも当時の自分の悲しみが母親に伝われば、それで良い」とも感じていた。また、「もしかしたら母親は最初は全く理解出来なくても、話が進むにつれて、理解出来る様になるかも」という希望も持っていた記憶。



しかし、結局その希望は全く叶わなかった。 自分は母親に対して自分のトラウマを3〜4ヶ月に渡って喋り続けたが、母親がそれに感情移入するような様子は最後までほとんど無かった。これはホントに悲しかった。虚無感も半端なかった。そして、現在の自分(2022年7月)も、2007年当時の母親は自分のトラウマに一切感情移入しなかった、という認識。




しかし、当時の母親の無理解は仕方が無い話であった。上記の3つの理由によって自分の話は母親に極めて届き辛い状態だったのだから。




今回の記事はこれで失礼します。ありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村