鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

どうして自己肯定感がマイナスに陥ると、被害妄想を発症するのか②(2021年6月頃・44歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 どうして自己肯定感がマイナスに陥ると、被害妄想を発症するのか(2021年6月頃・44歳) 」の続きを書かせて頂きます。


前回の記事は、1年前の自分(44歳)が小学校時代の記憶をこのブログに書き始めた、という話でした。そして、小学校6年生の時の自分が「被害妄想」を発症していた事に気付きました。発症のきっかけは「A先生怒鳴られ事件」でした。



☆ここから先の話は4種類の時系列があり、それぞれの時代の自分が出て来ます。



①今現在のブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②1年程前にブログを書いている自分(2021年6月頃・44歳)


③33年前の小学校6年生の自分(1988年・12歳)

④36年前の小学校3年生の自分(1985年・9歳)


なるべくこの4種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。



次に自分はどうして小6の自分が被害妄想を発症したのか、考えました。答えは小学校3年生の時に起きた家庭内の変化にありました。この時期に両親が自宅で開業をし、家庭内が戦争状態に陥っていたのです。 今回の記事も、この家庭環境と自己肯定感と被害妄想について考えていきます。



幼い自分は家庭内が戦争状態に陥った時点で「自分に対する自信(自己肯定感)」を大幅に失っていました。両親は新規事業に忙殺され、激しく消耗していきました。さらに新規事業が原因で深刻な親族間のトラブルも発生。これによって両親の関係性も急激に悪化していったのです。両親は全ての時間とエネルギーを仕事と夫婦喧嘩に使い切り、消耗し切っていきました。両親の中に、幼い自分に視線を投げかける余裕などこれっぽっちも残っていません。これにより、幼い自分は家庭内においてかなり不安定な立場に追いやられました。



また、自分の周りには親類縁者は皆無でしたし、学校の先生に可愛がられる事も全くありませんでした。つまり自分は小学校3年生以降、大人の目が全く届かないエアポケットに落ちてしまったのです。ですから幼い自分は自分という存在が立っている「地面」がいつ崩壊してもおかしくないような、そんな不安に日々苛まれる事となりました。



これにより自分のメンタルは大幅に悪化し、持病の喘息が悪化、小学校3年生、4年生の頃の自分は、学校を半分くらい休まねばなりませんでした。



このような状況下で幼い自分が「自分に対する自信」を持てるはずがありません。それどころか小学校3年生の時点で「自分に対する自信(自己肯定感)」をかなり失ったのでした。


ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。



『前回記事からの引用』



このように自分は小学校3年生の時点で「自分に対する自信(自己肯定感)」をかなり失っていました。そして、この事が小学校6年生時の被害妄想発症に繋がったのは間違いありません。この事件で自分はさらに「自分に対する自信(自己肯定感)」を失い、これが被害妄想発症に繋がったのです。



どうして「自分に対する自信(自己肯定感)」を失うと、「被害妄想」を発症するのか、という話をしたいと思います。自分は小学校3年生の時に「自分に対する自信(自己肯定感)」をかなり失いました。自分は元々自己肯定感が全く無い子供でしたが、それをさらに失う事となったのです。つまり、「0」だった自己肯定感が「マイナス」に突入したのです。これは「自己肯定感」が「自己否定感」に変化した事を表しています。では自己否定感が増えていくとどうなるのか、自分は自分という存在を否定するようになっていったのです。



これにより自分は他人の目に怯えるようになっていきました。自分自身が自分を軽視・否定しているのですから、他人が自分の事を無根拠に軽視・否定してきてもおかしくありません。そして、小学校6年生の時に「A先生怒鳴られ事件」が起こりました。この事件で自分は「A先生」に怒鳴られる事となったのです。事件が自分のメンタルに与えたダメージは甚大でした。ただでさえ、自分で自分を否定している上に、「A先生」からも否定されてしまったのですから。



ですから事件後、自分はこのような「被害妄想」に怯える事となりました。


『あの事件で自分は「A先生」を激怒させてしまった。これにより今後「A先生」は、自分の事を根拠なく、激しく敵視してくるのではないか??』


しかも当時の自分はこの事件を誰にも相談する事が出来ませんでした。これにより、被害妄想がそのまま残る事となったのです。


『引用終わり』


このように自分はこのブログにおいて、小学校時代の記憶を「被害妄想」を切り口にして言語化していきました。そして、その中で当時の自分がどうして「被害妄想」を発症したのか、その原因を認識していったのです。それは「自分に対する自信(自己肯定感)」の低下が原因でした。自分はそもそも「自分に対する自信(自己肯定感)」が「0」の子供でしたが、それが小学校3年生の時にマイナス状態に突入。そのマイナスは小学校6年生の時にさらに大きくなっていきました。



この「自己肯定感」がマイナスの状態、これは自分の中に「自己否定感」が発生していた、という事です。これは自分自身を肯定出来ていないどころか、自分自身を軽視・否定している状態です。そして、自分が自分自身の存在を軽視・否定しているのですから、他人も自分の存在を軽視・否定するに違いない、と感じてしまうのです。そこに根拠などありません。これこそが「被害妄想」です。



ですから、「A先生怒鳴られ事件」の後、自分はこのような被害妄想に怯える事となったのです。


『あの事件で自分は「A先生」を激怒させてしまった。これにより今後「A先生」は、自分の事を根拠なく、激しく敵視してくるのではないか??』


また、小6の自分はこの事件を誰にも喋れませんでした。自分の周りには親を始めとした信頼出来る人間関係が皆無だったからです。故にこの被害妄想は全く矯正も消化もされず、そのまま自分の脳内に刻み込まれ、時間が経っても自己否定感は全く回復しませんでした。



そして、中学、高校においても、様々な事件が起こり、さらに自己否定感は悪化。被害妄想も悪化して行く事になったのでした。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村