鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

大学空手部への愛着の発生(2008年3月頃・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 大学時代のトラウマへの愛着(2008年3月頃・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。



前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」を続行する事になった、という話でした。「トラウマ歩き」とは、歩きながらトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。ここからはただひたすら歩く日々の始まりです。自分は週に3回のペースで歩く事になりました。 1回の歩き時間は平均4時間で、1回あたりの平均歩行距離は10km。いまから14年前の話になります。



☆ここから先の話は4種類の時系列が存在し、それぞれの時代の自分が存在します。


①今現在のこのブログを書いている自分(2022年8月・45歳)

②トラウマ歩きを始めた頃の自分(2008年6月頃・32歳)←これが今回の記事のメインです。


③記憶のサルベージ(言語化)をしていた頃の自分(2004年〜2005年・28歳〜29歳)


④大学空手部時代の自分(1995年〜1998年・19歳〜21歳)


なるべくこの4種類を分かりやすいように書いていきますが、ややこしくてすみません。




自分は「トラウマ歩き」を本格化させるにあたり、まずは1つ目の大学に向かいました。この場所こそ、自分の鬱を象徴する場所であり、「トラウマ歩き」を本格化させるにはうってつけの場所でした。



自分は1つ目の大学に赴き、大学学内を40〜50分歩き回りました。その後大学の外に出て大学近辺を2時間ほど歩き回りました。そして、大学近辺を2時間ほど歩き回る中で「トラウマ歩き」を行いました。今回の記事では、この「トラウマ歩き」について考えたいと思います。



ここからは前々々回の記事をそのまま引用したいと思います。「トラウマ歩き」の苦しさと、そのポジティブな効用について書いてあります。



『前々々回記事からの引用』



このように自分が「トラウマ歩き」を始めると、まるで過去にタイムスリップしたかのような感覚に襲われました。その没入感は凄まじく、視界の色が一気に黒に限りなく近いグレーに変わりました。そして、思い出されたのは、当時ここをランニングしていた時代の凄まじい苦しみです。




この当時の苦しみですが、まず身体的には喘息を激しく発症しており、単純に呼吸の苦しさがありました。ただでさえランニングをすると呼吸が苦しくなると思いますが、自分の場合それに加えて喘息の苦しさもあったのです。ですから、空気を必死に吸っても吸っても苦しくてたまりませんでした。



一方、精神的には「この後の稽古で殺されるかもしれない恐怖感」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」が発生しており、これが凄まじい精神的苦痛となっていました。



自分はこのような当時の苦しみを思い出しながら、当時のランニングルートを歩き続けました。自分の心の中は漆黒に染まり切っており、身体は鉛のように重くなっていました。



しかし、一方で自分の心の中には「懐かしさ」も発生していた記憶です。自分は当時のランニングルートを歩きながら以下のように感じていました。


「そうそう、当時の自分はまさにこの場所で凄まじい心身の苦痛に耐えていたんだよなぁ、、。頑張っていたよなぁ、、。」


こう考えると、当時の自分が感じていた心身の苦痛が1/500くらいですが、癒される気もしました。



また、もう一つのポジティブな効用として、単純に「歩く事自体の気持ち良さ」もあったように思います。そう、自分が行きたい場所に向かって、気の向くままに歩いていく、そんな行為自体に癒しの効果があったように思います。今回の場合ですと、自分は自らの意志で大学近辺に赴き、自らの意志でそこを歩いていました。その事自体が自分の中に微細な充実感を生んでいた、そんな感覚もあった記憶です。



『引用終わり』



ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。「トラウマ歩き」のポジティブな効用について書いています。



『前回記事からの引用』


このように「トラウマ歩き」は凄まじい精神的苦痛を発生させる行為でしたが、一方でポジティブな効用もありました。前々回の記事に書きましたように、ほんの少しだけ癒される感覚がありましたし、単純に自由気ままに歩きたい場所を歩く事自体に充実感がありました。



また、1つ目の大学近辺を歩いていますと、単純な懐かしさもかなりあったように思います。ここからはこの「かなりの懐かしさ」について考えていきます。この大学は自分が10〜14年前に4年間在籍し、毎日通った大学です。在籍中には空手部に在籍し、そこで「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」にのたうち回りました。これによって当時の自分は鬱を3倍に悪化させる事となったのです。大学中退後の自分はこの空手部に対してかなりの恨みを感じていました。



そして、大学を中退してから5年後(2004)、自分は2つ目の大学も中退し、全ての社会生活、人間関係、家族関係から脱落する事となりました。そこで自分は部屋に引きこもる中で過去のトラウマを全てノートに書いていき、トラウマの因果関係を繋いでいきました。当時の自分はこの行為を「記憶のサルベージ(言語化)」と呼びました。



そして、この記憶のサルベージの中で、大学空手部に対する凄まじい恨みの気持ちが、「愛着」に変化していったのです。



そう、自分は記憶のサルベージ(言語化)の1年間を経て、大学空手部時代をこう総括するようになっていました。


「自分の大学生活は、3年間「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だった。しかし、『必死に必死に頑張っていた』という一点において、あれはあれで自分なりの青春時代だったのだ。」



このように記憶のサルベージによって大学空手部の印象はそれまでとは180度真逆に転換しました。自分は大学空手部にかなりの愛着を感じるようになってきましたし、大学空手部の先輩、同輩、後輩にも愛着を感じるようになっていたのです。




それからさらに3年後(2008)、自分はトラウマ歩きを開始する事になりました。ですから、自分がトラウマ歩きの中で大学内外を歩くとかなりの懐かしさが発生したのです。これは以前にしていた「大学時代の自分の魂を慰霊」している時もそうでしたし、「トラウマ歩き」をしている時も同様でした。



自分が大学内外を歩いていると、そこには当時の自分がまるで見当違いな方向に必死に必死に頑張っている残像が見えました。自分はその残像が愛おしくて仕方ありませんでした。ですから、自分は大学内外を歩くと、かなり懐かしい気持ちにもなったのです。




なるほど。今回の記事を書いてみて分かったのですが、自分が行っていた「トラウマ歩き」には、「大学時代の自分への愛着を呼び起こす」という効用があったんですねぇ。「慰霊」の効用があるのは理解していましたが、「大学時代の自分への愛着を呼び起こす」という効用は考えていませんでした。これは素晴らしい発見が出来ました。


『引用終わり』



なるほど〜。前回の記事の最後に出て来た「大学時代の自分への愛着を呼び起こす」という効用、これは「トラウマ歩き」当時は全く考えてもいなかった効用です。また、「トラウマ歩き」後もこんな効用があった事に全く気付いていませんでした。



しかし、今回改めて「トラウマ歩き」当時を振り返りますと、確かにその効用はありました。当時の自分はトラウマ歩きをしながら、「大学空手部当時の自分」が愛おしくて仕方なかったのです。前回の記事にも書きましたが、それはこういう気持ちです。



「自分の大学生活は、3年間に渡って「殺されるかもしれない恐怖」と「孤独感」と「無力感」と「虚無感」と「絶望感」に晒され続け、鬱を3倍に悪化させただけの大学生活だった。しかし、『必死に必死に生きていた』という一点において、あれはあれで自分の青春時代だったのだ。」



そう、大学空手部時代の自分が「必死に必死に生きていた」事は確かでした。毎日のように「殺されるかもしれない恐怖感」と戦い続け、その恐怖で夜眠れず、さらに鬱が悪化していったのですから。



しかし、結果だけ見ますと、その戦いは全くもって見当違いの戦いでした。だって当時の自分は大学空手部に体力を付ける為に入部したのです。そして、体力を付けて、自分に自信を付けて、コミュニケーション能力をアップさせ、楽しい大学生活を送りたかったのです。しかし、3年間の空手部生活でこれらの目論見が達成される事は何一つありませんでした。それどころか、高校時代よりさらに鬱は悪化し、コミュニケーション能力も高校時代よりさらに劣化してしまったのです。



このように大学空手部時代の自分は全く見当違いの方向に必死に必死に頑張り続けました。当時の自分の周りには信頼できる人間関係が皆無でしたから、この苦しさについて誰にも相談出来ませんでした。ですから、自分の必死の頑張りが全く見当違いな「無意識の自傷行為」だと気付けず、3年間必死に必死に頑張り続けてしまったのです。



当時の自分はこの大学を4年生で中退し、2つ目の大学に移りました。しかし、ここでも挫折を繰り返し、28歳の時に全ての社会生活と人間関係と家族関係から完全脱落し、部屋に引きこもる事となりました。そこで自分はようやく気付いたのです。「大学空手部時代の必死の必死の頑張りはまるで無駄だったし、それどころか全くの逆効果だった」、と。



これは28歳の自分にとってかなりの精神的ショックでした。だって自分の心身の健康まで捧げた空手部の3年間がまるで逆効果だったのですから。しかし、1度それを認めると自分の中で納得が広がっていきました。それはこんな気持ちです。


「よく考えたらこれって大学空手部引退後に薄々は気付いていた事だったよな。」





今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村