鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーション、発達障害について

30年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、発達障害歴&彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

深夜2時以降に妹の気配を感じ、半狂乱状態に陥る⑤(2008年5月・32歳)

皆さんこんにちは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 深夜2時以降に妹の気配を感じ、半狂乱状態に陥る④(2008年5月・32歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、この最中に母親や妹に対する憎悪を考え、それを消化していた、という話でした。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



「トラウマ歩き」を開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。




まずは今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。





ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。「トラウマ歩き」の頃の自分が、両親より妹の方をより憎んでいた、という話になります。加えて、当時の記憶をこのブログに書く事がしんどかった、という話です。



『前回記事からの引用』



このように「トラウマ歩き」の頃の自分は、両親よりも妹の方をより憎んでいていたのです。そしてそれは23年間に及ぶボタンのかけ違いの蓄積の結果起こっていたものだったのでした。



さて、このように現在の自分(2022年9月)はこのブログを書く中で上記のボタンのかけ違いに気付き、かなり驚きました。と同時に、最近の自分はこのブログを書いている最中、かなりの重苦しさを感じてもいました。なんというかブログを書く事から逃げ出したいような、そんな重苦しさです。



その重苦しさの正体は、当時の自分が妹に感じていた憎悪でした。それはトラウマ歩き時代の自分が妹に感じていた病的な憎悪です。当時の病的な憎悪を言語化するのは、今回が生まれて初めてだったのですが、これがまぁしんどかったのです。



なんせ当時の自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じていました。今から14年前のこの憎悪を詳細に思い出し、こうやってブログに書いていく作業はやっていてかなり気が重く、しんどい行為でした。



特に、当時の自分が深夜2時近辺に妹の気配に神経を張り巡らせていた件りは、書いていてホントキツかった。当時の自分が感じていた「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪が、現在の自分(2022年9月)の心の中にも鮮やかに蘇り、ホント重苦しい気持ちになりました。ちなみに以下の2つの表現は同じ意味になります。



妹に対する「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪=妹に対する病的(×27倍)な憎悪



そう、当時の自分は、深夜2時前に妹がトイレに行き、寝る準備を終わらすかどうか、そこに全ての神経を傾けていました、当時の自分は、1時30分頃になると、何をやっていても頭の中に入って来ませんでした。ここから2時になるまでの間、妹が部屋から出て来て、トイレに行くかどうか、その気配に神経を張り巡らせていたのです。



ですから、当時の自分は深夜2時前に妹が部屋から出てきて、トイレに向かう物音が聞こえると、まるで命拾いしたかのような安堵感を覚えました。トイレから戻り次第、妹はこの後就寝するでしょう。そうなると、その後の自分は家族3人が寝静まった状態で、束の間の安息を得る事が出来るのです。



それにしても、この「当時の自分が妹がトイレに行くかどうかに神経を張り巡らせていた」、という件り、これをブログに書くのもかなり気が重かった記憶です。「妹がトイレに行く物音に神経を張り巡らせていた」、なんてどう考えても頭がおかしい奴の話ですからね。なんか大雑把に文を読みますと、変態な話に聞こえますし。しかし、当時の自分にそのような意識は皆無でした。自分が神経を張り巡らせていたのは、「深夜2時前に妹が寝る準備を済ませ、寝るかどうか」にあったのです。



このように深夜2時前に妹が部屋から出て来て、寝る準備を始めると、自分は毎回命拾いしたかのような安堵感を覚えていました。しかし、時には妹が2時を過ぎても部屋から出て来ない事があり、そうなった場合の自分の頭の中はもう憎悪と暴力衝動でコントロール不能になっていました。床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、「クソがっ!!!!」と叫んだり、バットで部屋のモノを殴ったりで、半狂乱状態です。



また、近くにあるモノを部屋の壁や床に思い切り投げたりもしていましたね。そうでもしないと、致命的な暴力衝動によって、自分自身が内部から破壊されそうだったのです。



そして、時には2時を過ぎても全く妹が部屋から出て来ない事もありました。そんな時にはもう自分の頭の中は先程の半狂乱状態が30分以上続き、その憎悪と消耗感は致命的なモノがありました。と同時に自分の心の中は、妹に対して「頼むから出て来てくれ!!!」と命乞いをするかのような気持ちにもなっていた記憶です。



さらに2時半を過ぎても妹が出て来ない事もありました。こうなりますと自分の心身はもう耐えられなくなり、諦めて強い耳栓を付ける事もあった記憶です。これ以上半狂乱状態が続くのは心身が耐えられないという判断です。強い耳栓をすれば、妹の出す物音は聞こえなくなり、妹の動向は分からなくなります。



しかし、この行為は行為で諸刃の剣でもありました。耳栓を付けて妹の物音が聞こえなくなったらなったで、さらに妹の物音が気になってしまうのです。これはまぁ仕方ありません。何せ当時の自分は妹に対して病的(×27倍)な憎悪を感じていたのですから。ですから、耳栓を付けたからと言って、その憎悪が収まる事はありません。耳栓を付けてからも、自分の心の中ではコントロール不能な暴力衝動が暴れまくり、その精神的苦痛は致命的なモノがありました。時にはその苦しさで夏でも冷や汗をかいていた事もあった記憶です。


『引用終わり』


このように「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して、病的(×27倍)な憎悪(=「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪)を感じていました。



また、当時の自分は、社会だけでなく家庭内においても完全孤立状態に陥っていました。そして、それが原因で、これまで妹に対して様々な「致命的な差」を感じてきてきたのです。この妹に感じる「致命的な差」は、以下の事件で発生したものです。



・「尿管結石事件」(2003年10月・27歳)


・ 「引っ越し及び東○荘事件」(2006年6月・30歳)

・「花粉症発症→ぎっくり腰事件」(2007年3月・31歳)

・「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」(2007年10月・31歳)


当時の自分は、これらの事件それぞれで「妹との間の致命的な差」を感じていました。例えば、「妹には当たり前のように同性、異性関係があるのに、自分には高校時代以降そららが全く無い。」、例えば「自分は母親とのコミュニケーションを再開するにあたり、首吊りを覚悟しなければならなかったのに、妹はずっと母親と良好な関係を保っている。」などです。そして、この「致命的な差」の蓄積が妹に対する「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪となっていったのです。



さて、このように「トラウマ歩き」の自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じていました。ですから、当時の自分にとって、深夜2時近辺に妹が寝るかどうかは、まるで「自分の生死」がかかっているくらいの超重大懸案になっていたのです。



どうしてそのような状況になったのか、説明したいと思います。当時の自分は、社会から完全脱落した上に、家庭内においても完全に1vs3の完全孤立状態に陥っていました。この家庭内における圧倒的なマイノリティ感覚は、気が狂いそうな不安感を自分にもたらしていました。故に当時の自分にとって、深夜2時以降の時間帯は、自分以外の家族3人が全員寝静まり時間帯となっており、唯一心が安らげる時間帯になっていたのです、



ですから、深夜2時前に妹がトイレに行き、寝る準備を始めると、自分の心の中はまるで「命拾い」したかのような安心感に包まれました。「これでこの後の時間を心安らかに過ごせる、、」と。



しかし、妹が1時45分を過ぎても部屋から出て来ないと、自分の心の中に凄まじい勢いで憎悪が増大していきました。


「まさか、あいつ今日は出て来ないんじゃねぇだろうな」


そして、そこからは時計と睨めっこです。2時が近付くにつれて自分の中をコントロール不能な暴力衝動が高まっていきました。そして、時刻は2時を過ぎても妹が出て来ない場合は、最悪です。自分は暴力衝動を抑えきれず、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、「クソがっ!!!!」と叫んだり、バットで部屋の中のモノを殴ったり、半狂乱状態です。



そして、その後妹が部屋から出て来ようものなら、上記の行動で威嚇したり、自分の部屋の前を通る妹に対して舌打ちをしたりもしていました。



しかし、時には2時を過ぎても2時半を過ぎても妹が部屋から出て来ない事もありました。こんな時の自分は悪夢の中にいるかのような心理状態です。先程の半狂乱状態が30分以上続すと、その心理的・肉体的負担で自分の身体は冷や汗で汗だくになっていました。



そして、この状態が30分以上続くと、自分は心身の負担に耐えきれなくなり、強い耳栓を付ける事が多かった記憶です。強い耳栓を付けると、もはや妹がどう動こうがその物音はこちらにほぼ聞こえません。



しかし、妹の物音がほぼ聞こえなくなったらなったで、さらに妹の物音が気になってしまっていた記憶です。これはまぁ仕方ありません。何せ当時の自分は妹に対して病的(×27倍)な憎悪を感じていたのですから。ですから、耳栓を付けたからと言って、その憎悪が収まる事はありませんでした。耳栓を付けてからも、自分の心の中ではコントロール不能な暴力衝動が暴れまくり、その精神的苦痛は致命的なモノがありました。



また、もう一つの心理的防御作用として、自分の心の中には「実際には妹はすでに2時前にトイレに行っているのだが、その物音を自分は聞き逃していたのでは??」という疑念も浮かんでいました。「あれ??自分が気付いていなかっただけで、妹はすでに2時前にトイレに行っているのでは???」、と考えたがっていたのです。



この思考は「その物音を聞いてはいないけど、実は妹はトイレに行っていた」と考える事で、「妹が寝付いた」事にして、自分のコントロール不能な憎悪を少しでも沈静化させようとしていた、という感じです。簡単に言いますと、「現実逃避」です。都合の良い妄想世界を自分の頭の中に作り上げて、そこに逃げ込む、的な感じです。



このように妹が2時を過ぎても部屋から出てこないと、自分は憎悪で半狂乱状態になっていました。そして、そこからさらに30分経っても妹が出て来ないと、その心理的負担に耐えきれず、上記の2つの心理的防御作用が働いていた、という感じです。




今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。












PVアクセスランキング にほんブログ村