鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーション、発達障害について

30年間鬱と闘病した46歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、発達障害歴&彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

以前住んでた家が取り壊された現実を直視出来ない(2009年3月頃・33歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 トラウマ歩き2年目を迎え、新しいルートを作る②(2009年3月頃・33歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、32歳の自分が「トラウマ歩き」に熱中しており、その最中に病的な冷え性に苦しんでいた、という話でした。また、それと同時に「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」にものたうち回っていた、という話でした。自分がこれらの心身の苦痛に苦しんでいた時期は、トラウマ歩きの2年目になります。


.
「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は少なくとも1年以上です。



では本題に入ります前に、今回の話の前提になる「前フリ」となります。いつもお読みの方はスルーして下さい。


「トラウマ歩きの前フリ」



ここからは最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)を貼りたいと思います。



「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)」


2007年10月に起きた「犬の幻聴→母親と喋り始める事件」において、自分は妹に対して致命的な「差」を感じる事となった。



そもそも自分はこの事件以前から妹に対して様々な「差」を感じていた。自分は「尿管結石事件」、「引っ越し及び東○荘事件」、「ぎっくり腰事件」、の事件においても、そ妹に対して「致命的な差」を感じており、このような致命的な差の蓄積によって、「母親と喋り始める事件」以降の自分は、妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。



このように「母親と喋り始める事件」以降、自分は妹に対して「殺しても殺し足りない」(×2.25倍)程の憎悪を感じるようになっていった。そして、これにより3年前の引きこもりの際に発生していた、「妹が深夜2時に寝るかどうか」問題、が再燃する事となった。



この問題によって自分は深夜2時頃になると毎夜毎夜妹に対する病的な(×27倍)憎悪に襲われる事となった。 時には妹が深夜2時過ぎてから部屋から出てくる事もあり、そうなると自分は半狂乱状態に陥った。自分は部屋の前を通る妹に対して強く舌打ちしたり、床を強く蹴ったり、「あ"〜〜〜〜っっっ!!!!」と奇声をあげたり、モノを思い切り壁に投げたり、おもちゃのバットで部屋の床を殴ったり、半狂乱状態に陥った。



それらの行動は、自分の心の中で暴れ回る暴力衝動を外にぶち撒けていたのだった。それをしないと暴力衝動によって自分の心身が滅茶苦茶に壊されそうだった。そして、これらの半狂乱状態は妹に対する威嚇でもあった。「早く部屋から出て来て、寝る準備をしろ!!!!」と、自分は思い切り怒鳴りたかったのだった。



と同時にこれらの威嚇行動は、自分の内部で暴れ回る暴力衝動の致命的な痛みに耐えかねた断末魔の叫び、でもあった。



このように「トラウマ歩き」をしていた頃の自分は毎夜毎夜「深夜2時近辺の戦い」を繰り広げており、それによってさらに睡眠が取れなくなり、心身は衰弱していった。これによって鬱はさらに1.5倍悪化する事となった。



このような経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。





ここからは前回の記事を引用したいと思います。トラウマ歩き2年目の話になります。トラウマ歩きが2年目に入る頃、自分は新たな地元ルートを開拓する必要があった、という話になります。



『前回記事からの引用』



このようにトラウマ歩きが2年目を迎える頃、自分は東京都心ルートに飽きを感じ始めていました。もはや上智大学周辺を歩いても観光的な楽しさを感じなくなっていたのです。そう、上智大学周辺には、皇居を始めとする東京の名所が色々あるのですが、1年間毎週のように歩き回っていると、大体の名所は行き尽くしてしまいました。東京都心にはまだまだ行った事のない名所が沢山ありましたが、全く何の思い入れもない東京の名所を歩き気にはなれません。そこで自分は週1回歩いていた東京都心ルートを月1回に減らし、新たな地元のルートを作る事にしたのです。



とは言いましても地元の方にはすでに以下の3つのルートがありました。


・鉄道沿線ルート(2種類)

・駄菓子屋ルート


これら3つのルートは全て自分の過去のトラウマと縁のある場所が起点となっており、すでにもう何回もトラウマ歩きに利用していました。そして、自分はこのルートに加えて新たな地元ルートを作る事になりました。



どうして歩くルートが何個も必要だったのかといいますと、それは単純に「飽き」です。何せ自分は週3回トラウマ歩きをしていました。そうしますと、必然的に上記のルートを何度も何度も歩き続ける事になり、風景に飽きてしまうのです。風景はトラウマ歩きにおいてそこまで重要な要素ではありませんでしたが、なるべく新鮮な気分で歩きたい気持ちではありました。



そこで自分は東京都心ルートに代わる新たなルートを地元に作る事にしました。とは言いましてもすでに地元のルートは3つあり、それぞれトラウマに由縁のある場所を起点としていました。そこで当時の自分は地元にトラウマに由縁のある場所が他にないか考えました。すると、一つの場所が思い出されたのです。



それは自分が中学2年生から30歳までを過ごした家でした。つまり、自分が「引っ越し事件」以前に住んでた家です。以前の記事に書きましたように、自分はこの家に対して並々にならぬ愛着を感じていました。ある意味自分が生まれ変わった場所でありましたからね。ですから、単純にこの家をトラウマ歩きの起点とする事には嬉しさがありました。



また、この家に住んでいた頃の自分は、学校生活において様々な挫折やトラウマにのたうち回っていました。ですから、その意味でもこの場所はトラウマ歩きの起点としてぴったりだったのです。



自分はこのルートで試しにトラウマ歩きをしてみる事にしたのでした。



『引用終わり』


このように当時の自分は、新たなトラウマルートの起点として、「引っ越し以前に住んでいた家」を思い付きました。その家の場所は、現在住んでいる家から原付で15分の距離にあり、移動も楽です。自分は早速原付で現地に向かいました。



現地に到着すると、とりあえず原付を近くのスーパーに置きました。そして、目的の「引っ越し以前に住んでいた家」に歩いて向かいました。しかし、自分はその家の直前まで来たところで、その家の場所に顔を背け、その場所を見ないようにして、近くの公園に向かいました。



どうして自分がそのような行動をしたのかと言いますと、それは自分の心の中に引っ越しのトラウマが色濃く残っていたからです。遡る事3年前、自分はその家から現在の家に引っ越しをしたのですが、それによって致命的なトラウマを負う事となりました。当時の自分は家族との精神的な軋轢にのたうち回っており、引っ越しによってその軋轢はさらに2倍悪化したのです。自分は最終的には首吊りを覚悟して、引っ越しに臨まなければなりませんでした。



どうして当時の自分がこのような精神状態陥ったのかと言いますと、その一つの理由として、「その家に対する愛着」がありました。そう、自分はその家で中学2年生から30歳までを過ごし、その家に並々ならぬ愛着を感じていました。そして、引っ越しをするという事は、この愛着ある家から去るという事です。故に当時の自分はこの引っ越しにより、家族との軋轢が2倍に酷くなったのでした。



そして、自分達家族が引っ越しした後、その家は壊され、新たな家が建ったという話でした。ですから、自分はその場所を通る際に顔を背けたのです。自分は並々ならぬ愛着を感じていたその家が壊され、新しい家が建っている光景をホントに見たくありませんでした。当時の自分には現実を直視する勇気が無かったのです。



そこで、自分はその場所を通る際に、目を背けて、見えないようにしたのです。そうする事で、愛着ある家が壊された現実から目を背けました。そして、自分は家のすぐ近くにある公園に着きました。この公園はその家から歩いて30秒の所にありましたから、自分はこの公園にも愛着を感じていました。以前その家に住んでいた頃には、この公園周りをよく散歩したものです。



また、この公園にはトイレがありましたので、トラウマ歩きの補給基地としても優秀でした。ここで着替えも出来ますし、少し休憩も出来ます、よって正確に言いますと、このルートの歩き始めの起点は、「引っ越し以前に住んでいた家」ではなく、「引っ越し以前に住んでいた家のすぐ近くの公園」になったのでした。





今日はここで失礼します。お読み頂きありがとうございました!



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。











PVアクセスランキング にほんブログ村