鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

トラウマ歩き時代の「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」ⅰ〜ⅶ

「トラウマ歩き時代の自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態ⅰ〜ⅵ」



ⅰトイレで大きいのをするだけでも酷い虚脱状態に襲われてしまい、その度ごとにベッドに入り仮眠を取らねばならない。トイレで大きいのをするたびに日常生活の流れが断絶してしまう。


ⅱ冬のトラウマ歩きの防寒具の脱ぎ着におけるギャンブル感( 「トラウマ歩きの最中のネガティヴな感情❶〜❽」の❽)


ⅲ当時の自分は、「向かいの車のドア音との戦い」を始めとする、数々の致命的なストレスを抱えており、それによる致命的な睡眠不足と慢性的な疲労感が原因で、目の下に漆黒のクマが発生していた。当時の自分はこのクマを初めて見た際、かなりの精神的ショックを受けた。トラウマ歩きの最中にトイレの鏡を見たら、目の周りが一気に50歳くらい老けているのだ。 それはまるで目の周りがおじいさんになったかのようだった。と同時に目の下の漆黒のクマは、明らかに自分の精神が病んでいる事も表していた。自分はそれ以降、鏡を見るのが大嫌いになったのだった。



ⅳ 当時の自分は食事を食べた後にも致命的な眠気と疲労感に襲われてしまう状態だった。ご飯を食べるのは大体夕方頃。この食事によって、日常生活を続けるのは困難となり、毎回ベッドに入って仮眠を取らねばならなかった。


そして、ベッドに入ってからも致命的な苦痛は続いた。ベッドに入ると今度は胃からゲップが次から次に上がってきてしまうのだ。自分はゲップによる胃の圧迫感が辛くて辛くて仕方がなかった。


また、当時の自分は病的(×27倍)に冷え性が酷かったので、常に鼻水がズルズルに出ていた。故に、当時の自分が食事の後にベッドの中に入ると、ゲップの圧迫感が苦しくて堪らなかったし、加えて鼻からは鼻水がダラダラ流れていてそれも苦しい、という状態も頻繁に起こっていた。ベッドで横になっている時に鼻水がダラダラ流れてくると、呼吸はし辛いわ、頭がボーっとするわ、不快だわ、の三重苦。つまりこの時の自分は、「ゲップによる胃の圧迫感」と「鼻水による不快感」にのたうち回っていた、という事になる。


加えて、この時の自分はベッドの中に入って眠ろうとしているので、当然「向かいの車のドア音との戦い」も発生している。つまり、ご飯を食べた後の自分は、毎回ベッドの中で以下の致命的な心身の苦痛にのたうち回っていた、という事になる。


・ゲップが溜まる事による胃への凄まじい圧迫感

・鼻水がダラダラ無限に流れて来る事での苦しみ

・「向かいの車のドア音との戦い」



ⅴ 当時の自分は、寝付こうとすると太ももが異常に火照る症状に苦しんでいた。理由は分からないが、寝付こうとすると太ももが異常に火照り始め、暑くてたまらない。故に、この時の自分の身体は「上半身は病的(×27倍)な冷え性」「下半身は太ももの異常な火照り」という、異常なアンバランス状態に陥っていた。これにより布団をどう掛ければ良いのか分からない。上半身に合わせて布団をかければ、下半身が暑くてたまらないし、下半身に合わせて布団を掛けると寒くて仕方がない。このように布団の掛け方が滅茶苦茶難しくなってしまい、寝付いた後に高確率で寝冷え状態に陥ってしまっていた。



当時の自分は朝6時に眠りに付いて、昼の2時頃起きる生活をしていたのだが、昼の2時に起きると、上記の理由で高確率で身体がキンキンに冷え切っているのだった。そして、鼻水はダラダラ、身体はかなり疲労困憊状態。つまり、8時間寝たにも関わらず、眠る前より疲労感が悪化しているのだ。これは当時の自分にとって本当に理不尽な現象だった。



加えて、当時の自分が朝6時に眠りに付く際には「深夜2時近辺の戦い」と「向かいの車のドア音との戦い」、この2つによる致命的な精神的苦痛を必死に必死に耐えなければ寝付く事が出来なかった。これらの2つの致命的な精神的苦痛と、太ももの火照り、これらを必死に必死に耐えて寝付いたと思ったら、8時間後、身体はキンキンに冷え切っており、鼻水はダラダラで、かなりの疲労困憊状態で起きてしまう。この現象は3日に1回のペースで起きていた印象で、当時の自分にとっては本当に致命的に理不尽な現象だった。これにより当時の自分の自己肯定感はさらに下がる事となった。


ⅵ ⅰ とⅲ とⅳにあるように、自分の体調が予期せぬタイミングで大崩れしてしまうので、それに滅茶苦茶振り回されてしまう。故に当時の自分は先のスケジュールを決めるのが超苦手だった。それは将来の自分の体調が全く予測出来ないから。明日の体調でさえ全く予測が付かなかった。これによって自分の中の自己否定感はさらに増大していった。



ⅶ ⅰとⅲとⅳにあるように、当時の自分は、生きていく上で絶対的に必要な行為をすると、致命的な苦痛が発生してしまう状態にあった。生きて行く上で絶対的な必要な行為とは、「食べる事」「眠る事」「排泄する事」。これらは人間が生きていく上で絶対的に必要な行為だが、当時の自分はこれら全ての行為において致命的な精神的苦痛を感じなければならなかった。これはただ生きているだけでも拷問のような状態。こんな状態で自分で自分を肯定出来るはずが無かった。ⅴのケースと合わせて、自分は自己否定感をさらに増大させていき、鬱はさらに1.25倍悪化する事となった。