鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間鬱と闘病した45歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を考察しています。引きこもり歴15年、就職経験無し、彼女いない歴45年。skipper1242でツイッターもやってます。

祖父は教祖の家系に養子縁組で入った(2012年2月・36歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表&鬱悪化のフローチャートも併せてどうぞ。では、前回の記事「 祖父ととある新興宗教(2012年2月・36歳) 」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、35歳の自分が3年間に渡るトラウマ歩きを終え、新たな試み「部屋の中でのトラウマの思い出し」を始める事になった、という話でした。そして、その翌年に父親の人生を聞く事を決意したという話でした。



ここからしばらくは今回の記事の前提となる前フリ部分になります。いつもお読みの方は飛ばして下さい。


『今回記事の前フリ』


. 「トラウマ歩き」とは、歩きながら過去のトラウマを思い出す事で、それを消化する試みを指しています。自分はこの行為を2008年7月頃から始めました。この時の年齢は32歳です。今から14年前の話になります。



トラウマ歩きを開始してからというもの、自分は週に3回のペースで外を歩く事になりました。1回の歩き時間は平均4時間。1回で歩く距離は平均10km。この行為を続けていた期間は3年間です。自分がこの行為の中で感じていたポジティブな感情とネガティヴな感情は以下の通りです。



「トラウマ歩きの前フリ」



次に最近の記事で作った「深夜2時近辺の戦い」のフローチャート(短縮ver)のリンクを貼りたいと思います。


「深夜2時近辺の戦いのフローチャート(短縮ver)




上記のリンクの経緯で「トラウマ歩き」の頃の自分は、妹に対して病的(×27 倍)な憎悪を感じていた、という事になります。(事件の詳細はこちら)そして、その憎悪をトラウマ歩きの中で思い出し、消化する事もありました。




また、トラウマ歩き2年目の2009年3月頃、この頃から自分は「向かいの車のドア音」にも苦しみ始めたのでした。そして、その音によってコントロール不能な暴力衝動が発生し、それを窓際の障子を殴る事で発散していた、という話になります。(この「向かいの車のドア音との戦い」の詳細はこちら)そして、上記の2つを含めた様々な致命的なストレスが重なり、当時の自分は「自分で自分の身体を全くコントロールし切れない状態」に陥ってしまった、という話になります。



『前フリ終わり』


ここからは前回の記事をそのまま引用したいと思います。2011年6月頃、自分が「部屋の中でのトラウマの思い出し」を始めた、という話でした。そして、2012年2月頃、父親の人生を聞き始めた、という話でした。



『前回記事からの引用』



このように自分は2012年3月頃から父親の人生を聴き始めたのでした。その人生を表すキーワードは以下の通りになります。



父親の人生を表すキーワード:「超学歴主義「オカルト(神秘主義)」「大学を6年休学」


父親が育った家庭環境を表すキーワード:「超学歴主義」「新興宗教」「家の中が絶対零度」「小学校中退」


ここからしばらくはこのキーワードに沿って、話を進めて行きたいと思います。これらのキーワードの中で最も象徴的なキーワードは「新興宗教」です。そもそも父親方の祖父と祖母が、「とある新興宗教」と滅茶苦茶縁がある二人なのです。というか、この二人が出会ったきっかけが「とある新興宗教」ですからね。そして、その息子である父親の人生もまた「オカルト(神秘主義)」との因縁に満ちていました。そして、その息子である自分は、父親のそういう姿を見て育ち、昔から「強烈なアンチ宗教、アンチオカルト」だったりもします。



ではまずは、この「とある新興宗教」絡みのエピソードを書いていきたいと思います。自分が父親の人生を聞いていく中で、最初に「父親の家系って闇深いなぁ」と思ったエピソードです。



それは自分が父親に「苗字の由来」を聞いた時の話です。「そもそも我々が名乗っているこの〇〇という苗字はどういう由来があるのか」、と。すると父親は気まずそうな様子でこんな話をし出したのです。



これは父親方の祖父が20代くらいの時の話です。時代的には太平洋戦争直前の時代です。この時代の祖父はとある大学の学生だったそうです。そこで祖父は「結核」にかかってしまったそうです。祖父は大学を休学し、隔離病棟に入院する事になりました。



当時の自分はこの話を聞き、まずこう思いました。結核と言えば当時不治の病と呼ばれていた大病です。それにかかってしまった祖父はかなりの精神的ショックを受けた事でしょう。当時の結核は、現代で言うところのガンみたいなものですからね。運命の理不尽さに耐えきれず、祖父の精神に何らかの闇が発生した可能性がかなりあると思いました。



そして、このタイミングで太平洋戦争が起こったのです。しかし、この時祖父は隔離病棟で入院していましたから、運良く徴兵を免れたそうです。そして、戦争は終わり、祖父は無事退院しました。



この話を聞いた時、当時の自分はこう思いました。「もしかしたら、この徴兵されなかった」という出来事も祖父の精神に影を落とした可能性があるな、と。何故なら当時は世の中の風潮的に「男は戦争に行って国の為に戦う」のが当たり前の時代です。そんな時代に「男が戦争に行けない」という状況は、かなり肩身が狭かったのではないかな、と。ただこれに関しては正確な事は分かりません。祖父が「戦争に行かなくていいんだ。ラッキー」と感じた可能性も全然あるとは思います。



父親が話すには、祖父は若い頃から扱い辛い性格の人間だったようです。祖父の名前は「つねき」と言うのですが、若い頃のあだ名が「ひねき」だったそうですからね。この「ひね」は「ひねくれる」の「ひね」です。つまり性格がひねくれている事を周りから揶揄されていた、と。




どうして祖父がそのような性格になったのかと言いますと、祖父は生育環境においてかなり寂しい思いをした、という話でした。それによって性格がひねくれてしまい、「ひねき」と呼ばれるようになった、と。



よく考えたら、このあだ名ってけっこう酷いあだ名ですよね。性格全般をdisられている感じがします。



このように祖父は周りから性格的に扱い辛い人間だったと思われていたようです。その原因は生育環境に原因があったのかもしれませんし、若い頃の結核体験にも一因があったのかもしれません。そして、祖父は隔離病棟を退院後、色々思うところがあったのでしょう。とある新興宗教に入信したのでした。



『引用終わり』



このように祖父は大学時代に結核にかかり、隔離病棟に長期入院する事になりました。そして、その間に太平洋戦争が終わり、戦争に行かずに済みました。その後祖父は結核が治り、隔離病棟を退院したのですが、色々と思うところがあったのでしょう。とある新興宗教に入信したのでした。



祖父は新興宗教に入信後、大学を卒業し、その宗教で働き始めたそうです。いわゆる「出家信者」ってやつですかね。そして、その教団で働きを認められ、将来の幹部候補になっていったようです。祖父は旧帝国大学を卒業しており、頭は良かったでしょうから、教団内で将来を嘱望される立場になっても不思議ではありません。



ちなみにこの教団は今でも存在しており、それなりに有名な教団です。読者の方も一度は耳にした事がある教団だと思います。




祖父のそんな立場を想像させる一つの大きなエピソードがあります。その教団の教祖の家系には跡取りがいなかったそうなのです。そして教祖はその事に困っていました。そこで祖父に白羽の矢が立ちました。祖父にその家系に養子に入って貰い、その家系を存続させて欲しいとの話が湧き上がったのです。祖父が教祖の家系を継ぎ、教祖の家系の苗字「〇〇」を名乗って欲しい、と。



これは祖父がその教祖の一族の一員になる事を意味しており、祖父が教団内において将来を嘱望されていたと考えるのが、妥当だと思います。そして、祖父は教祖の願いを聞き入れ、その家系に養子として入る事になりました。それによって実家の苗字を捨て、教祖の家系の苗字「〇〇」を名乗る事になったのです。この苗字「〇〇」は現在自分が名乗っている苗字です。



さらに祖父は教団内で知り合った祖母と結婚し、夫婦揃って苗字「〇〇」を名乗る事になりました。確か「養子縁組」という話だったという記憶です。これにより、祖父はさらに教団内での立場を強くした事でしょう。



しかし、ここで事態は急転直下を迎えます。養子縁組に入ってから確か1〜2年後くらいに、祖父はこの教団を辞めてしまったのです。そして、祖母もそれに倣い、教団を辞めてしまいました。祖父は教祖から苗字を貰い、教団内で将来を嘱望されていたでしょうに、どうしてそこを辞めてしまったのでしょう。次回の記事ではここら辺の話を考えてみたいと思います。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。










PVアクセスランキング にほんブログ村