鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

我が家のゴタゴタの歴史⑨

皆さんこんにちはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「我が家のゴタゴタの歴史⑧」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、前々回の記事を書いた後自分がメンタルをやられたって話でしたね。おかげさまで回復しましたので続きを書かせて頂きます。前々回の記事は自分が中2の時の引っ越しで我が家がさらなる戦争状態に入ったって話でした。そうそう、それで当時の自分が延々と続く両親の喧嘩をどう見ていたのかという話なのですが、まずは前々回書いていた通り「ただただその場にいたたまれない」気持ちが強かったです。目の前で両親がお互いの事を否定し合っている訳ですから、子供としてはもうただただ悲しかった。ただね、いつ頃かは覚えていないのですが、だんだんと自分は母親の方にムカつき始めたんですよ。そう、これまでに書いています通り、うちの両親の喧嘩はどんな喧嘩をしていも最終的には「あの2人をどう扱うのか」といういうテーマに行き着いていました。そして、このテーマに関して何年喧嘩を続けても父親と母親の間では全く妥協点を見出せず、延々とこれが喧嘩の火種であり続けていました。それを食卓で何年もの間聞かされている自分もいい加減うんざりしてきたのですが、だんだんと父親の言う「あの2人の事はほっとけばいい!」という言い分の方が正しく思えてきたのです。




そう、2人の喧嘩の内容を聞いていますと、最初からうちの父親はあの2人の事をほっとこうとしていた訳ではなく、仕事で忙しい中何度となくあの2人と接触し、なんとか上手くやっていけないか、話し合いを重ねたらしいのですね。しかし、父親と祖母の関係は祖母が勝手にこちらに引っ越してきた時点で拗れていましたし、さらにニートの叔父の今後の人生についても、仕事で消耗しきっている父親にはとても扱いきれない案件となっていました。そう、とにかくうちの父親は祖母と叔父が父親に「依存」しようとしてきている事が耐えられなかったのです。祖母や叔父が父親に求めていたのは経済的な依存ではなく、精神的な依存だったのですが、彼らは今後の人生の進路的なものを自分達で全く考えようとせず、父親に丸投げしようとしていたらしいのです。そして仕事で心身が消耗しまくってる父親にはそれがキツくて仕方なかった。当時よく父親は「あの人(祖母)は新興宗教にハマって神様にお祈りしてるばかりだから、現実を何も見ず、何も考えようとしていない。だから話が何も進まない」と嘆いていました。(祖父、祖母、父親と新興宗教の深い関係性についてはいづれまた書かせて頂きます。)




そう、そもそも論として、この勝手な引っ越し以前から父親と祖母の関係は上手く行ってなかったのです。後年自分は父親から祖母との間の思い出を色々聞いてみたのですが、そこには「母子の情愛」を感じさせるようなエピソードは一つも出てきませんでした。それどころか、祖母のエピソード自体がほとんど出て来なかった記憶です。(対して祖父のネガティブエピソードは腐る程聞けました。)そう、それはまるで父親の人生には「母親」という存在がまるで透明人間だったかのようでした。これって自分が父親の事を透明人間のように感じていた事と似てますね。そんな感じでそもそも引っ越し前から父親と祖母は親子関係が冷え切っていまして、そこに勝手な引っ越しがあり、父親の仕事での酷い消耗があり、ニートの叔父の問題があり、ただでさえ冷え切っていた親子関係は拗れに拗れた、と。図式にしますと、
冷え切った親子関係+勝手な引っ越し+父親の酷い消耗+ニートの叔父の問題=拗れに拗れた親子関係、です。




そんな感じで父親は父親なりに一生懸命あの2人と良い関係を築こうとしたものの、上手くいかず、結果無視する事を決めたという話でして、それを聞くと当時の自分も「あぁそれはどうしようもないな」という気がしました。しかし、母親は父親のそういう態度が納得できなかったんですね。この前も書かせて貰いましたが、母親の育った家庭は親兄弟皆仲が良く、明るく賑やかで暖かい家庭でしたから、近所に住んでいる親兄弟の存在を無視するなどという態度には到底納得が行かなかった。(正確に言うと母親にとってあの2人は義理の母親と義理の弟です。)そして、母親は父親に対する追及の手をいつまで経っても緩めず、段々と自分はそんな母親の態度にムカついてきてしまったのです。ホント自分は何年にも渡る2人の喧嘩に辟易していましたから、母親が父親の事を責めなければ、父親はキレず、食卓に平穏が訪れるような気がしたのです。




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村