鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した43歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

前回の記事を書いた後の話

皆さんこんにちはスキッパーです!今日も見に来て下さりありがとうございますm(_ _)m今日も皆さんに自分の話を読んで頂けるかと思うと嬉しい気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事も併せてどうぞ。では、前回の記事「我が家のゴタゴタの歴史⑧」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分が中2の時の引っ越しで我が家がさらなる戦争状態に入ったって話でしたね。今回の記事は、いつもと違いまして前回の記事の振り返りになります。前回の記事を書いた後自分のメンタルがやられた感じがありましたのでそこについて書かせて頂きます。これまで自分はこのブログで80記事程書いてきまして、そのほとんどが鬱的な内容だったのですが、これまではブログに鬱的な内容を書いたからと言って今現在の自分が鬱な気分になる事はほとんどなかったんですよ。(初期に1度あったくらいです。)まぁなんというかこれまで書いてきた話って自分の中で何度も何度も考えてきている話ですし、両親を始めとした色んな人にも散々聞いてきて貰ってきているモノでもありまして、ある種自分の中で「ネタ化」しているんですね。ですから鬱的な内容とは言え表現した後に現在の自分がダメージを受ける事はほぼありませんでした。しかし、前回の記事を書いた後自分のメンタルはやられてしまった感じでして、書いた後ず〜っとなんか物悲しいんですよ。これはちょっと困った事態ですので、なんでメンタルをやられてしまったのか考えてみたいと思います。




まず原因として考えられるのが、前回の記事のラストの部分です。コピペさせて貰います。『自分はこの引っ越しから2年後の高1の時に鬱を発症し、日常生活における食欲が一切無くなってしまったのですが(高1から始まった鬱の諸症状)、これまで書いてきましたようにその直接的な原因は学校生活における様々な失言、暴言の積み重ねによる人間関係の挫折です。しかし、こうやって改めて当時の家庭状況を書いてみますと、食欲がなくなってしまった要因の一つとしてこのような家庭の食卓におけるご飯の虚しさも考えられるな、と今回書いてみて思いました。』これ書いた後なんか無性に悲しくなったんですよね〜。そう、これまで自分は「高1の食欲消失の原因=学校生活における人間関係の挫折の積み重ね」と信じて疑わなかったのですが、前回の記事を書いてみますと、どうも「家庭におけるご飯の虚しさ」にも原因があるような気がしてきたんですね。つまり、「高1の食欲消失の原因=人間関係の挫折の積み重ね+ご飯の虚しさ」という事です。これは自分にとって意外過ぎる展開というか、これまで自分が信じていたストーリーが実は違っていたかもしれないという所でなんかショックを受けるような感じがありました。そう、何年にも渡って考えに考え抜き、色んな人に喋ってきた自分のストーリーが実は違っていた、という衝撃。自分的に綿密に綿密に組み上げたはずの話に穴があったとは。まぁ、今から30年くらい前の話ですから、うろ覚えの部分があるのは当然ですし、後から新しい事実がでてきても仕方が無いとは思いますが、色々考えに考え抜いてきたと自負していただけにショックな感じがありました。




もう一つ考えられる原因は、そうやって新事実が発覚した上で改めて自分の当時の状況を思い出すと悲しくなってきたという事です。これまでは「高1の食欲消失の原因=学校生活における人間関係の挫折の積み重ね」という図式でのみ高1の食欲消失を捉えてきまして、この図式を語る事には慣れっこになっているのですが、これが「高1の食欲消失=人間関係の挫折の積み重ね+家庭の食卓での虚しさ」という事になるとこれまで考えた事のない図式なものですから、なんか無性に悲しくなります。そう、これまで「高1の食欲消失」と「家庭の食卓の虚しさ」の因果関係を考えた事が無いものですから、これを繋げて考えてしまうと当時の「高1の食欲消失時の鬱的しんどさ」及び「家庭の食卓の虚しさ」が改めてリアリティを持って自分の記憶に蘇ってしまう感じで悲しい。そう、間違いなく、当時の食卓の虚しさは食欲消失の原因になっていたと思います。今感覚的にそれぞれの原因が「食欲消失」に及ぼした影響を割合で考えてみると、「人間関係の挫折:食卓の虚しさ」=「1:1」という感じです。こう考えると食卓の虚しさはかなり食欲消失に影響を及ぼしていた事になります。また、「高1時の食欲消失=人間関係の挫折+食卓の虚しさ(それぞれ1:1)」となると、これまで自分が考えてきた「高1時の食欲消失=人間関係の挫折」という図式とはかなり違うものになりますから、その意味でもショック。




まぁでもね、「人間関係の挫折」も「食卓の虚しさ」も元を辿れば原因は「我が家のゴタゴタ」にある訳で、そう考えると納得できるものがあります。ホント闇が深い家ですよ、この家は。これは後々の話になりますが、自分はこの家に2回殺されたと思っていますからね。




さらにもう一つメンタルをやられた原因として考えられるのは、ブログの内容は全く関係なく、自分ここん所連日ブログを更新してきたのですが、それに疲れてしまった説wそう、ここん所アクセス数が調子良くてテンション上がって連日アップしてきたのですが、どうもそれに疲れてきた感じもあります。まぁホント自分エネルギーが無いですから、何をするにしてもすぐ疲れてしまうんですよ。普通に元気な方達の1/5くらいしかエネルギーが無い感じですからね。自分はここ3年程ネットでのお小遣い稼ぎを生活の軸にしているのですが、Twitterや様々なコミュニティで出会う界隈の方達は皆エネルギッシュに動かれていて、「あぁ俺ってエネルギーねぇなぁ」と引け目を感じる場面が多々あります。ま、仕方ないんですけどね。まだ鬱の病み上がり状態みたいなものですから。




という訳で色々原因を探ってきましたが、探っているうちにメンタルが回復してきた感じがあります。ここまで読んで下さった皆様ありがとうございます。これからも書いてる中で新事実が発覚し、ショックを受けたり悲しくなる事があるかもしれませんし、疲れてしまう事もあるかもしれませんが、そういう時はまた書かせて頂きますf^_^;)




今日はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!m(_ _)m





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ



https://room.rakuten.co.jp/room_49366c0830?scid=we_rom_iphoneapp_mr_others




PVアクセスランキング にほんブログ村