鬱、引きこもり、家庭問題、コミュニケーションについて

15年間引きこもって鬱と闘病した44歳ニートが、何故社会に適応できなかったのか、どのようにして鬱から回復していったのか、過去を振り返っていきます。skipper1242でツイッターもやってます。

カウンセリング初回で大号泣(過去編・1998年11月・22歳)

皆さんこんばんは、スキッパーです!このブログを見に来て下さりありがとうございます!初めて見に来て頂いた方にも、何度も見に来て頂いた方にも、感謝の気持ちでいっぱいです。もし初めてこのブログに来て頂いた方がいらっしゃいましたら、こちらの自己紹介の記事 人生年表も併せてどうぞ。では、前回の記事「大学でカウンセリングを受け始めるまでの精神履歴②(過去編・1998年11月・22歳)」の続きを書かせて頂きます。




前回の記事は、自分の高校時代を振り返ってみました。自分は周りのクラスメートと全くコミュニケーションが取れず、とても虚しい3年間を過ごす事となったのです。その理由は以下の3つになります。前回の記事をまとめてみます。



①自分は精神年齢の成長が小学校3年生で止まってしまっていた。これが原因で周りの空気が全く読めず、小、中、高と様々な失言、暴言事件が発生。これにより自分は喋る事に対する自信をどんどん失っていった。



② 小学校3年生以降日々の出来事や感情を一切言語化しなくなった。(この場合の「言語化」とは、「喋る事」もしくは「書く事」を指す。)これにより、自分は自分自身がどういう人間なのか全く分からなくなっていった。故に周りに対して自分がどういう人間なのかを表現する事が全く出来ない。また、自分の事を全く分かっていないので、他人に対する興味も皆無。こんな人間が周りとコミュニケーションを取れるはずがない。



③ 自分は高校1年生で鬱を発症し、以下の4つの諸症状を併発していた。


「高校時代の4つの鬱の諸症状」

❶食欲の完全消失

❷日曜夜ごとの激しい喘息

❸慢性的な疲労感と眠気

❹学校生活中の激しいめまい



高校生活を送っている時の自分の意識は、常に上記4つの肉体的苦痛に攻撃され続けていて、辛くて仕方がない状態。特に背中の疲労感が酷く、このせいで自分は常に悲しい気分で高校生活を送っていた。こんな状態で他人と積極的にコミュニケーションを取る気になる訳がない。



良いですね!そして、こうやってまとめてみますと、まぁ酷い状態ですwですから、自分は来るべき大学生活では同じ轍を踏みたくなかったのです。そう、このような虚しい学校生活を2度と繰り返したく無かった。そこで、こう決意したのです。



「大学に入ったら、これまで喘息のせいで避けて来た運動系の部活に入って、自分に自信を付けたい!そして、自分に自信を付けて、コミュニケーション能力を改善させたい!!」



自分はこのような決意を胸に大学入学後、空手部に入部したのです。そして、その後に起きた悲劇については、これまでこのブログで腐る程書いてきています。とりあえず端的に書きますと、空手部のとある練習メニューへの恐怖と自主練習により、自分の鬱は3倍に悪化してしまいました。自分は以下の11の鬱の諸症状を併発するに至ったのです。いつものコピペになります。


「大学空手部時代の11個の鬱の諸症状」


①大学空手部のとある練習メニューが自分には厳し過ぎて、その「殺される」程の恐怖感で夜眠る事が出来ない。(空手部時代の話②)
②食欲の完全消失(大学時代の鬱の諸症状)
③激しいめまい・離人感(〜離人感と冷え性〜)
④酷い冷え性(〜離人感と冷え性〜)
⑤高校時代と比べて3倍酷くなった慢性的な疲労感と眠気。背中の疲労感は余りにも酷く、それは「疲労感」というより「激痛」という方が妥当。例えるなら「背中をドライバーで思い切り刺され続けている感じ」。(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
⑥限定的な難聴(〜慢性的な疲労感と眠気〜)
⑦自殺願望(〜自殺願望と救い〜)
⑧何が理由かは全く分からないのだけれど、大学にいる時の自分が、身体がいつも疲れ切っていて眠くて仕方なく、いつも泣きそうなくらい悲しい
⑨慢性的な口内炎
10空手部の稽古中の喘息
11空手部のとある練習メニューの恐怖を乗り越えようと、自主練を繰り返すも、翌日の体調が滅茶苦茶に崩れるだけで一向に体力が増える実感を得られない。そのうちに自分の中には「孤独感」「脱力感」「無力感」「虚無感」がどんどん増えていき、これが自殺願望へと繋がっていった。これは「無意識の自傷行為」とも言える。
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)



おまけ①:空手部の稽古中の様子

『空手部の稽古中の自分は、喘息は苦しいわ、めまいは酷いわ、背中の慢性的な疲労感は酷いわ、眠気は酷いわ、酷い冷え性で鼻水ズルズルだわ、滅茶苦茶でした。自分の意識はこれらの症状に攻撃され続け、その肉体的苦痛で頭が狂いそうでした。その苦痛量は心の許容量をオーバーしていましたから、稽古中にも「離人感」を発症していたのです』
(大学空手部時代の虚し過ぎる自主練)


おまけ②:大学空手部を辞めれなかった理由についてはこちら



いや〜、高校時代には4個だった鬱の諸症状が、11個に増えてしまいました。見事に鬱が悪化しましたねぇ。自分が上記の「鬱の廃人」状態に陥ったのが、大学2年生の夏頃です。そして、自分は大学3年生の4月にカウンセリングを受け始めました。そこで初回の1時間半と2回目の中盤くらいまでずっと号泣し続けたのです。そう、あの時の自分は上記のように鬱を3倍に悪化させ、「鬱の廃人」状態に陥っていました。そして、人間関係の方もクラスやゼミから脱落し、大学内で完全に孤立していました。また、空手部で副主将に就いたものの、副主将らしく全く振る舞えない、という苦しみも感じていました。ですから、自分がカウンセリングの初回と2回目で流した涙は、上記の辛さが涙となって外に出てきたもの、と言えます。




今回の記事はここで失礼します。最後までお読み頂きありがとうございました!





↑クリックして頂くとランキングアップ&アクセス数アップします。ご協力よろしくお願いします。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ




PVアクセスランキング にほんブログ村